文化財

【岡山】日本刀「山鳥毛」“里帰り”特別展始まる 予約制

1: WATeR ★ 2020/09/10(木) 21:40:24.23 ID:krexwx3m9
https://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/20200910/4020006552.html

瀬戸内市が、ことし5億円で購入した国宝の日本刀「山鳥毛」の特別公開が、10日から地元の博物館で始まりました。

「山鳥毛」は、鎌倉時代に今の瀬戸内市長船町でつくられた「備前刀」の最高傑作と言われ、戦国時代には上杉謙信が愛用したと伝えられています。
長い間、岡山県内の個人が所有していましたが、売却したいという意向を受けて、瀬戸内市がふるさと納税の仕組みを使って全国から寄付を募り、この春、5億円で購入しました。
10日から始まった特別展示では、ガラス張りの専用ケースに入った「山鳥毛」を、さまざまな角度から見ることができます。
新型コロナウイルス対策で、入場できるのは1時間に40人程度に制限されていて、訪れた人たちは、山鳥毛と呼ばれるゆえんとなった、山鳥の羽毛のような刃文をじっくりと鑑賞していました。

(略)
 
この特別展示は、備前長船刀剣博物館で来月4日まで開かれていますが、ホームページのサイトを通じた完全予約制で、現在、期間中の9割ほどが予約で埋まっ
ているということです。


no title

続きを読む

【名器発見!】17世紀のストラディバリウス ロシアのアパートで発見

1: ブギー ★ 2020/09/08(火) 09:37:33.27 ID:V08anGZc9
ロシアで、亡くなった叔母のアパートを掃除していた男性が遺品の中から偶然、17世紀にストラディバリウスの製作したヴァイオリンを発見した。ストラディバリウスといえば、世界に20挺ほどしか存在しない希少な名器。このセンセーショナルなニュースをロシアのマスコミがこぞって報じている。

男性の話ではヴァイオリンは元々叔父の持ち物で、叔父は生前、ボリショイ劇場に出向いて、楽器が本物かどうか、鑑定してもらおうとしたことがあった。

鑑定した専門家らは当時、この楽器はストラディバリの工房で彼の弟子によって1690年頃に製作されたものだと断定した。その際に同じような楽器は世界に20~30挺しか存在していないと言われていた。

https://jp.sputniknews.com/culture/202009087754733/

続きを読む

【J】日本刀の手入れ【実況】

316UgcZsFGL._SL500_



1: 名無しさん@おーぷん 20/09/05(土)17:27:56 ID:FsR
no title

続きを読む

伝説の妖刀 漆が塗られた村正と漆を取られた村正 並べて特別公開

1: 靄々 ★ 2020/08/14(金) 12:59:04.25 ID:umTtIoYk9
伝説の妖刀 漆が塗られた村正と漆を取られた村正 並べて特別公開

数ある日本刀の中でも名刀として知られる村正。三重県にある桑名宗社では期間限定で、村正の特別公開が始まりました。

村正はかつて桑名を拠点としていた刀鍛冶の集団で、桑名宗社には村正が奉納した二振りの刀と、村正の流れをくむ正重などが所蔵されています。



これらの刀は第二次世界大戦の際、戦火から守るためサビ止めの漆を塗って保管されていましたが、去年の即位礼正殿の儀に合わせて、村正と正重の一振りずつの漆を取り、本来の姿を取り戻しました。

今回の特別公開では初めて、漆を塗ったままの刀と元の姿を取り戻した刀が並べて展示され、訪れた人たちは熱心に見比べていました。


※以下略、全文はソースからご覧ください。
※ソースにその他画像あります。

村正が奉納した二振りの刀とや正重など所蔵=桑名宗社(三重テレビ放送)
https://amd.c.yimg.jp/im_siggXMdQTl.4eFYYzpKglqwwDw---x640-y360-q90-exp3h-pril/amd/20200814-00010002-mietvv-000-1-view.jpg
サビ止めの漆が塗られた刀
https://amd.c.yimg.jp/im_siggx_jNr6GM3C2Bpu2N49jxgw---x640-y371-q90-exp3h-pril/amd/20200814-00010002-mietvv-002-1-view.jpg

https://news.yahoo.co.jp/articles/1e578552e0dbf894b0770cf18441a2c64fd6639b
8/14(金) 12:52配信 三重テレビ放送

続きを読む

ゴッホ最後の絵、場所特定 「木の根と幹」パリ近郊

1: ブギー ★ 2020/07/29(水) 11:32:18.03 ID:yW8DWyQI9
フランスの「バン・ゴッホ研究所」は28日、オランダ出身の画家ビンセント・バン・ゴッホ(1853~90年)の最後の作品とされる「木の根と幹」で描かれた場所を特定したと発表した。パリ近郊オーベールシュルオワーズにあり、古い絵はがきの写真が手掛かりとなった偶然の発見だった。
 
(略)
 
新型コロナウイルス対策で外出が制限されていた今春、自宅で資料を整理した際に、20世紀初めの絵はがきの写真にゴッホの作品に似た木の根と幹が写っていることに気付いた。場所はゴッホが滞在していた宿からわずか約100メートルの道沿いと分かり、現在も木の根と幹が残っているのが見つかった。

https://www.sankei.com/world/amp/200729/wor2007290009-a.html

続きを読む
 当ブログについて
当ブログについて にほんブログ村 ニュースブログ 2chまとめニュースへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログは勝つーる.dat様の編集ツールでまとめております





     Twitter
こっそりTwitter始めました。
   最新コメント
記事検索
  スポンサードリンク
    無料アプリ
NEWSch

大手ニュースサイトから、 2chまとめブログまで、 情報収集に最適 antenna 無料アプリ
10個のカスタムチャンネルがすごく便利。
テレビのチャンネルを変えるかのようにニュースの各ジャンルを変更する快適機能 リーダー

  • ライブドアブログ