原爆

【米国機密文書】戦争中に原爆を開発しようとした京大 終戦時にウラン105キロ 原爆製造には不足

51BlR8q6xnL



1: ばーど ★ 2017/12/22(金) 10:15:50.94 ID:CAP_USER9
戦争中に原爆を開発しようとした京都帝国大で、終戦時に確保していたウランの量が21日、米国が最高機密指定を解除した文書から明らかになった。京大の物理学教室に計約105キロの天然の酸化ウランなどがあり、大阪造幣局に米軍が移送した。京都新聞の取材で先月、ノーベル賞受賞者の湯川秀樹博士の終戦前後の日記に京大の原爆研究「F研究」への関与を自ら記していたことが明らかになったが、原爆製造に十分な資源を確保できず実現性は乏しかったことが改めて確認された。

機密文書は米国立公文書館所蔵で、終戦翌年の1946年3月1日付。物理学者でもある米軍フィッシャー少佐が作成した。

米軍が京大の荒勝文策教授(原子核物理学)の研究室で建設中の円形加速器サイクロトロンを破壊、撤去した際に押収し大阪造幣局に移送した核物質の目録。段ボール16箱に入った淡黄色の酸化ウランが計約86キロ、黒い酸化ウラン1キロ、硝酸ウランの小瓶2本計400グラムなどと、種別や容器別に報告している。純度99%のラベルを貼った重水を収めたガラス管36本も記されている。

元京大講師で核物理に詳しい荻野晃也・電磁波研究所長は「天然ウランには0・7%程度しか核分裂性のウラン235が含まれておらず、核兵器で使うには高濃度に濃縮が必要だ。戦争中の京大が、原爆製造にほど遠い、わずかな原料しか確保できなかったことが分かる。海軍から供給された点を含め、京大の原爆研究の実態を知る上で貴重な資料だ」と話している。


(以下略)


全文は
oto-np.co.jp/politics/article/20171221000178

続きを読む

【戦後72年】 広島原爆死、今なお5万人が名前不明 

51ltcjdQppL



1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/08/05(土) 17:56:10.90 ID:CAP_USER9
1945年8月6日に投下され、同年末までに約14万人が死亡したとされる広島原爆。広島市が現在も続ける「原爆被爆者動態調査事業」で、名前を確認できた同時期の死者数(直接被爆者)は約8万8千人にとどまり、戦後72年がたった今も約5万人は名前も分かっていない。一方、45年に本格化した神戸空襲でも正確な死者数は不明で、市民団体が遺族や友人らから亡くなった人の名前を集めている。戦争は一人一人の“生きた証し”さえ奪う。(長谷部崇、斉藤正志)

広島原爆の死者数「14万人(誤差プラスマイナス1万人)」は76年、広島市と長崎市が国連に提出した要請書「核兵器の廃絶と全面軍縮のために」で、地元学者の調査データなどを基に「大体において正しいと思われる」数字として示された。広島市も公式の推計値としている。

正確な数字が不明なのは、行政機関と公文書の大半が原爆で壊滅した上、身元が判別しないまま焼かれたり、海に流れたりした遺体も多数あったためだ。同市原爆被害対策部調査課によると、軍隊への召集や疎開、学徒動員など流動の激しかった当時の人口を把握するのは困難で、特に市内に数万人いたとみられる軍人の数が分からないという。


以下略


全文は
https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201708/sp/0010436470.shtml
2017/8/5 12:15 神戸新聞

http://i.imgur.com/a2sRZ5j.jpg
1945年末までの推計死者数と同じ14万枚のタイルで表現した被爆後の町並み=広島市中区中島町、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館

続きを読む

【歴史】長崎原爆投下から71年、“黒焦げの少年”は13歳中学生か

51B786RoXUL




1: 筑前鐵太郎 ★\(^o^)/ 2016/06/11(土) 01:11:16.35 ID:CAP_USER9
長崎に原爆が落とされてから71年。資料館に展示され、原爆の恐ろしさを伝えてきた象徴的な写真があります。黒焦げの少年の遺体。これまで少年は、誰かわかっていませんでしたが、71年の時を経て、少年が13歳の中学生とみられることがJNNの取材でわかりました。

なお、映像には、原爆の実相を伝えるため、遺体が映っています。ストレスになる方は、ご覧になるのをお控えください。

長崎に原爆が投下された翌日、1枚の写真が撮影されました。熱線に焼かれ、黒焦げになった少年。その姿は、「物言わぬ証人」として、原爆とは何かを訴え続けてきました。

「焼死した少年の黒焦げの死体です。この子どもたちに何の罪があるのでしょうか」(伊藤一長 長崎市長【当時】)

写真の少年は誰なのか。71年が経ったいま、その疑問が解けようとしています。きっかけは、去年の夏に開かれた写真展でした。長崎市で原爆の写真を調べている被爆者の深堀好敏さん(87)らが開いたものです。そこを訪れた1人の女性が「写真の少年は自分の兄ではないか」と名乗りでたのです。

 「『自分の兄ではないか』と名乗り出られて・・・びっくりした」(写真展を開いた深堀好敏さん)

 名乗り出たのは、長崎市に住む西川美代子さん(79)です。

 「(写真展で)パッと目に入って『治ちゃん!』って」(西川美代子さん)

西川さんの兄、谷崎昭治さん(当時13)。旧制中学の1年生でした。あの日、昭治さんは学校を終え、爆心地に近い下宿の周辺にいたとみられています。

写真の少年は、昭治さんなのか?深堀さんは、法医学の専門家に鑑定を依頼。その結果は「観察できる範囲において、2人が別人である矛盾点は見られず、同一人物である可能性がある」というものでした。

「おおむね輪郭が一致しているとか、距離も矛盾しないとか、お兄様と言われる方と写真の少年は同一人物である可能性がある」(日本法医学会 池田典昭 理事長)

さらに、別の専門家の鑑定でも・・・

 「目の細長さは、よく一致しますね」(人類学ミュージアム松下孝幸 名誉館長)

 「同一人物である可能性がある」との結論が出ました。

10日、深堀さんは西川さんのもとを訪ね、その結果を報告しました。西川さんは少年が兄だと信じるといいます。

「感謝感激です。かわいそうなことしたね。でも、これが核がなくなる非核や非戦のきっかけになったらいい」(西川美代子さん)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160611-00000003-jnn-soci

続きを読む

【原爆の日】「僕は自分のしたことが許せないんだ」 マンハッタン計画に関わった患者さんの最期

51fxx4IKbwL




1: ぬーぼー ★ 投稿日:2015/08/06(木) 01:27:43.95
アメリカのホスピスで音楽療法士として働くあいだ、戦争を経験した多くの人々に出会った。
沖縄戦を生きのび、戦後アメリカに移住した日本人女性は、自らの死を目の前にしたとき、過去の記憶にとらわれてしまった。

フィリピン戦で親友を失い、戦後焼け野原になった広島を見た退役軍人は、「戦争があったことを忘れないでくれ」と涙で訴えた。

サイパン戦で日本兵を殺した男性は、死ぬ前にその罪悪感を打ち明けた。
私にはもう一人、忘れられない人がいる。

サムという93歳の患者さんだ。彼は末期の大腸がんでホスピス病棟に入院していた。小柄でフレンドリーな彼は、いつも笑顔にあふれていた。ビックバンドの曲が大好きで、特に"Blue Moon" や
"My Way"などの名曲がお気に入りだ。
ある日サムは、イタリアの民謡が聞きたいと言った。彼はイタリア系アメリカ人だったのだ。
唯一知っていた「サンタ・ルチア」というナポリの民謡を唄うと、サムは満足そうな笑顔を浮かべた。
「いい曲だ。僕はイタリア系であることを誇りに思っているんだ。ところで、君はどこから来たの?」
日本人であることを告げると、サムは驚いた顔で私を見た。そして、突然泣きだしたのだ。しばらくの沈黙のあと、彼は言った。

「原爆開発に関わってしまったんだ......。犠牲になった子どもたちや、罪のない人たちのことを想うと......」
サムは目をそらし、首を左右に振った。
「誇りには思ってない」

彼は声をあげて泣いた。

第2次世界大戦中、アメリカはイギリスとカナダとともに原爆を開発し製造した。いわゆる「マンハッタン計画」である。1939年にはじまったこの計画には、13万人以上が関わったと言われる。
サムもそのひとりだったのだ。
「知らなかったんだ。あんなことになるとは......、知らなかった」
サムは枕から頭を持ち上げ、訴えるような目で私を見た。泣きながら、彼の貧弱な体が震えた。



続き
http://www.huffingtonpost.jp/yumiko-sato/manhattan-project_b_7929558.html

佐藤由美子の音楽療法日記
「自分のしたことが許せない」原爆開発に関わった患者さんの最期

続きを読む

【歴史】長崎の悲劇「避けられた」 原爆投下、技術者も反対 [H27/6/10]

51fxx4IKbwL



1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/10(水)15:03:21 ID:???
米国が原爆を開発した「マンハッタン計画」に技術者として参加した
ジェームズ・ショーキ氏(91)は9日までに米フロリダ州の自宅で共同通信の取材に応じ、
市民を巻き込む原爆の実戦使用には反対だったと証言、
少なくとも「長崎への投下は避けられたはずだ」と述べた。

マンハッタン計画には、科学者のほか技術者、兵士などピーク時には
約12万5千人が参加したといわれる。原爆の破壊力を熟知した科学者の間では
実戦使用をためらう声があったことが知られているが、ショーキ氏の発言は
現場の技術者の間でも消極的な意見が広がっていた実態を裏付けるものだ。

続き 産経ニュース/共同通信
http://www.sankei.com/world/news/150610/wor1506100022-n1.html

続きを読む
 当ブログについて
当ブログについて にほんブログ村 ニュースブログ 2chまとめニュースへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログは勝つーる.dat様の編集ツールでまとめております





     Twitter
こっそりTwitter始めました。
   最新コメント
記事検索
  スポンサードリンク
    無料アプリ
NEWSch

大手ニュースサイトから、 2chまとめブログまで、 情報収集に最適 antenna 無料アプリ
10個のカスタムチャンネルがすごく便利。
テレビのチャンネルを変えるかのようにニュースの各ジャンルを変更する快適機能 リーダー

逆アクセスランキング
  • ライブドアブログ