夏目漱石

【文豪】夏目漱石のはがきを100年ぶり発見。英国留学中に「独リボツチデ淋イヨ」

51or-usexIL



1: 記憶たどり。 ★ 2018/05/23(水) 10:56:28.88 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000032-jij-soci

福井県は23日、文豪夏目漱石が英国留学中、ドイツに留学している友人2人に送った自筆のはがき3通を発見したと発表した。いずれも内容は1917年刊行の「漱石全集」で紹介されているが、現物の確認は約100年ぶりという。

見つかったのは独文学者で京都帝国大の初代文学部長を務めた藤代禎輔宛て絵はがき2通と福井県出身の国文学者、芳賀矢一宛てはがき1通。ロンドンに到着して約1カ月後の絵はがきには「僕ハ独リボツチデ淋(さびし)イヨ」と記され、漱石の孤独感がうかがわれる。

3人は東京帝国大時代の学友で1900年9月、国費留学生として同じ船で横浜港から出発。漱石は英国で約2年間の留学生活を送った。早稲田大名誉教授の中島国彦氏(日本近代文学)は「ロンドン生活の様子や感想を小さな字で丹念に込めていたことが分かる」と再発見の意義を話した。

今回のはがき3通は、福井県立こども歴史文化館(福井市)の担当者らが昨年9月、同市内の古書店で発見した
計194点の資料中に含まれていた。漱石自筆の絵はがきなどは26日から6月24日まで同館で公開する。

続きを読む

【東京】夏目漱石の記念館が完成 新宿

51jsTL5zjNL



1: みつを ★ 2017/09/21(木) 22:19:02.62 ID:CAP_USER9
文豪、夏目漱石が生まれ育ち、晩年を過ごした東京・新宿区に漱石の記念館が完成しました。

この「漱石山房記念館」は、漱石の生誕150年に合わせて、晩年を過ごした「漱石山房」と呼ばれた家の跡地にファンから寄付された資金も使って新宿区が建設したもので、21日、報道関係者に公開されました。

記念館には、山房を忠実に再現したスペースが設けられていて、このうち10畳の書斎には2000冊を超える書物や、小さな「ふ机」があり、執筆活動に励む漱石の姿が目に浮かぶようです。

さらに、毎週木曜日に、芥川龍之介といった門下生などと語り合った「木曜会」と呼ばれる会合が開かれていた客間のほか、洋風の回廊も忠実に再現されています。

このほか、直筆の書簡や、自宅で羽織っていた長じゅばんなど漱石ゆかりの品々を見ることができるほか、併設されているカフェでは、漱石が好きだったいちごジャムなどを味わうことができるということです。 
以下略


全文は
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170921/k10011150991000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_015 
続きを読む

【社会】夏目漱石作の英語入試問題発見 リスニング実施「画期的」 熊本・旧制五高

1: rain ★ 2016/12/20(火) 21:31:25.33 ID:CAP_USER9
no title


 没後100年を迎えた明治の文豪夏目漱石が、明治29(1896)年に英語教師として赴任した熊本の旧制第五高等学校(現・熊本大)で作ったとみられる英語の入試問題が、熊本市で見つかった。
当時としては珍しいリスニング問題で、専門家は「画期的だ」と評価している。

 熊本大五高記念館(同市)の村田由美客員准教授らが、保管中の資料を整理していて発見した。
B5判の紙1枚で、英文でナポレオンのロシア遠征などについて書かれ、受験生に文章を読み聞かせ、和訳させる旨の日本語の記述があった。
明治33(1900)年の英語科入試問題と一緒にとじてあった。

全文は
http://www.sankei.com/west/news/161220/wst1612200080-n1.html
2016.12.20 21:01

続きを読む

【東京】夏目漱石のアンドロイド完成…孫の声で人工音声 二松学舎大など

1: のっぺらー ★ \(^o^)/ 2016/12/08(木) 20:34:52.17 ID:CAP_USER
二松学舎大(東京都千代田区)などが製作していた文豪、夏目漱石のアンドロイドが完成し、
完成披露の記者会見が8日行われた。

大阪大の石黒浩教授と共同で研究を行った。
高さは、座った状態で1メートル30。
45歳の頃の漱石の写真や、死の際に取られた「デスマスク」などをもとにした。
学習院大教授で孫の夏目房之介さん(66)の声を収録し、人工音声も作った。

 
写真:夏目漱石の外見や声を再現した「漱石アンドロイド」
no title


以下ソース:YOMIURI ONLINE 2016年12月08日 20時11分
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20161208-OYT1T50131.html

続きを読む

【横浜】「吾輩」発表後、漱石に猫の絵はがき 「猫は我輩である」捨てられず保管か 神奈川近代文学館

51nEnnMaWNL



1: リサとギャスパール ★ 投稿日:2016/05/07(土) 21:15:23.13 ID:CAP
夏目漱石「吾輩は猫である」では主人に猫の絵はがきが送られる。
横浜市の神奈川近代文学館で22日まで開かれている「100年目に出会う 夏目漱石」展(同館、神奈川文学振興会、朝日新聞社主催)では、会期中に新たに見つかった漱石宛ての猫の絵はがきを、追加して展示している。

これは夏目家関係者のもとに保管されていたもの。
「猫」第二章冒頭には、主人に猫の年賀状が来た話が登場する。実際に「猫」発表後、知人らから続々と猫の絵はがきが届いたことを漱石は書簡に書き残しており、一部は漱石の没後、門下生で娘婿の松岡譲が「漱石山房の絵端書」(『漱石先生』昭和9年刊)に写真とともに紹介したが、その後、所在がわからないものもあった。

明治38年4月、漱石は門下生の松根東洋城に「先日は猫の絵端書をありがとう」と書き送ったが、今回、松根からの猫の絵はがきが2通見つかった。
同年4月消印のものは「猫は我輩である(二)」という一種のパロディーで、漱石が「僕と友達の様に話」すと可愛がった距離の近さがうかがえる〈1〉。
同年2月には、門下生の野村伝四は、お招きを断ったことを後悔し、「僕の様な馬鹿でなくちゃあんな失礼な事を自分の先生には出来ない」というわび状に猫の絵はがきを使っている〈2〉。

AS20160425004188_comm
 
〈1〉門下生・松根東洋城から。パロディー「猫は我輩である」が書かれている

AS20160425004191_comm

〈2〉門下生・野村伝四から。先生へのおわびが切々と書かれている

AS20160425004189_comm
 
「猫」出版後に届いた英国製「Merry New Year」カードを使った年賀状
AS20160425004180_comm
 
「猫」出版後に来た年賀状。江田島海軍兵学校官舎の内田雄太郎から

http://www.asahi.com/articles/ASJ4T4R1PJ4TUCVL011.html
2016年5月7日19時11分

続きを読む
 当ブログについて
当ブログについて にほんブログ村 ニュースブログ 2chまとめニュースへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログは勝つーる.dat様の編集ツールでまとめております





     Twitter
こっそりTwitter始めました。
   最新コメント
記事検索
  スポンサードリンク
    無料アプリ
NEWSch

大手ニュースサイトから、 2chまとめブログまで、 情報収集に最適 antenna 無料アプリ
10個のカスタムチャンネルがすごく便利。
テレビのチャンネルを変えるかのようにニュースの各ジャンルを変更する快適機能 リーダー

逆アクセスランキング
  • ライブドアブログ