大和

【歴史】戦艦「大和」に設計図にない連装機銃…資材不足で?




1: 泥ン ★ 2017/12/07(木) 19:19:44.19 ID:CAP_USER9
潜水調査の画像解析で確認された25ミリ連装機銃。これまで搭載された記録はなかった=大和ミュージアム提供
no title

戦艦「大和」の図
no title

1941年10月、全速力で試験運転する戦艦大和=大和ミュージアム提供
no title


太平洋戦争末期、米軍の攻撃で鹿児島県沖に沈んだ戦艦「大和」に、従来知られていなかった砲身2本の25ミリ連装機銃が搭載されていたことが、広島県呉市の潜水調査でわかった。

当時は対空戦に備え、砲身3本の25ミリ3連装機銃増設が進められたが、戦争末期の混乱で計画通りに設置できなかった可能性があるという。

潜水調査は昨年5月に実施。水深約350メートルの海底に沈む大和をとらえた約50時間分の映像と約7000枚の写真を調べたところ、連装機銃1基が確認された。設置場所や全体の搭載数は不明という。

呉市の「大和ミュージアム」によると、大和の装備に関する資料は終戦前後、軍の命令で多くが焼却されたため、現存するのは1944年に旧海軍が作製した設計図が最も新しい。米軍が45年4月の攻撃時に撮影した写真などと合わせた解析の結果、12・7センチの連装高角砲12基、13ミリ連装機銃2基などの存在に加え、44年以降に増設された3連装の25ミリ機銃は、艦中央部を中心に計約50基あったと考えられていた。

大和の建造時は戦艦同士の戦闘を想定して巨砲が装備されたが、やがて海戦の主力が航空機となり、44年以降の改修で、機銃や高角砲などの対空装備が増設されていた。今回見つかった連装機銃は、機銃の前に写っていた波よけのための覆いが3連装用の大きさだったため、増設時に何らかの事情で急きょ機材を差し替えたとみられるという。

同館の戸高一成館長は「戦争末期は空襲で国内の流通が破壊されており、資材の供給がうまくいかなかった可能性がある。大和の装備についてはまだ謎が多く、今後も調査を続けたい」と話している。

同館では、今回撮影した写真パネルなどを展示した企画展「海底の戦艦大和」を開催している。来年3月25日までで、問い合わせは同館。(松田祐哉、山本慶史)

読売新聞 2017年12月07日 09時13分
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20171207-OYT1T50020.html

続きを読む

【広島】戦艦大和 菊の紋章直径1メートル、他船より小さく 測量で判明 呉市・大和ミュージアム


41UwrfEeMzL



1: のっぺらー ★ \(^o^)/ 2017/04/25(火) 12:20:38.64 ID:CAP_USER
太平洋戦争末期に鹿児島県沖で沈んだ日本海軍の戦艦「大和」の艦首に付けられた菊の紋章が、約1メートルだったことが、広島県呉市が昨年行った潜水調査で分かった。
紋章に関する資料は残されておらず、正確な大きさが分かったのは初めて。

同市海事歴史科学館(大和ミュージアム)の戸高一成館長は「重装備かつコンパクトな大和の設計理念が紋章の大きさに表れている」と分析している。これらの潜水調査での成果は、26日から同館1階大和ホールで開かれる企画展で紹介される。
【山田尚弘】

呉市は昨年5月、鹿児島県枕崎市沖の水深約350メートル付近で無人潜水探査機で調査し、約7000枚の写真と約50時間分の映像を撮影。菊の紋章について同館は、1999年にテレビ局の潜水調査での映像から紋章の直径を約1.5メートルと結論づけていたが、メジャーを当てるなどの測量を行った結果、直径約1メートルと判明した。当時の大型艦は軍の規格で直径1.2メートルとされていたが、戦艦大和はそれよりも小さかった。

戸高館長は、呉海軍工廠(こうしょう)造船部で大和の設計を担当した故・牧野茂さんを取材した際、「大和は巨艦と言われるが、あれだけの装備を小さくまとめた点を評価してほしい」と言われたという。
大和は、世界最大の46センチ主砲が9門あるなど高い戦闘能力を備える一方、全長263メートルと他国の主力戦艦より短かった。


全文は
http://mainichi.jp/articles/20170425/k00/00e/040/189000c

続きを読む

【広島】戦艦大和の主砲塔、すべての所在を確認…呉市・大和ミュージアム[04/21]

1: のっぺらー ★ \(^o^)/t 2017/04/21(金) 12:40:06.87 ID:CAP_USER
太平洋戦争末期、米軍の攻撃で鹿児島沖に沈んだ戦艦「大和」の潜水調査を実施した広島県呉市の大和ミュージアムは、第2主砲塔の一部や、サーチライト「探照灯」、レーダー「電波探信儀」のアンテナなどを発見したと発表した。

これで計3か所のすべての主砲塔の所在が確認された。26日からの企画展で解説展示する。

第2主砲塔の一部は、船体から離れた状態で、砲室、旋回盤、上部給弾室が一体で見つかった。
砲身は海底の土に埋まっているとみられる。
砲室右側のカバーが外れ、目標物までの距離を測定する光学機器「測距儀」が露出していた。

探照灯は、船体中央部の煙突の左右の側面に複数設置されており、数千メートル先まで光が届く。
直径1・5メートルで、当時では最大。
今回の調査では船体から外れた状態で見つかった。

電波探信儀は、艦橋の上部に2基のアンテナが設置され、今回一部が見つかった。
電波で対象物までの距離や方向を測定する。
格子状のアンテナの上に、三角すいの陶器製の絶縁体が並んでいる。

同ミュージアムの戸高一成館長は
「主砲塔がすべて確認できたほか、今回、多くのパーツが良い状態で見つかった。 これらを整備して、調査の意味をみていただける企画展になると思う」と話した。

写真:第2主砲塔の砲室に残っていた測距儀
no title

写真:初めて確認された大和の探照灯
no title


以下ソース:YOMIURI ONLINE 2017年04月21日 08時29分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170420-OYT1T50136.html

続きを読む

【社会】戦艦「大和」の新映像 “菊の紋章”もはっきりと

41drceXlIFL



1: ちゃとら ★ \(^o^)/ 2016/07/16(土) 22:09:33.71 ID:CAP_USER9
 来月の終戦の日を前に、沈没した戦艦「大和」の新たな映像が入ってきました。艦首にある菊の紋章もはっきりと確認できます。






http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_society/articles/000079338.html

続きを読む

【社会】戦艦大和の「いま」、呉市が新映像公開 菊の紋章も鮮明




1: リサとギャスパール ★\(^o^)/ 2016/06/22(水) 17:56:42.69 ID:CAP_USER9
太平洋戦争末期、東シナ海の海底約350メートルに沈んだ戦艦「大和(やまと)」の潜水調査に、広島県呉市が行政機関として初めて成功した。
22日、そのデジタル映像や写真を報道機関に公開。艦首にある菊の紋章も鮮明に浮かび上がった。

呉市は先月、鹿児島県枕崎市沖約200キロの海域で調査。71年前、米軍の攻撃を受けて沈み、海底に横たわる大和の船体を無人の潜水探査機で10日間撮影した。
公開されたのは、波の抵抗を減らす球状艦首(バルバスバウ)や3枚翼で直径5メートルのスクリューなどが映る約3分半の映像だ。

1985年と99年の民間調査はアナログ映像で撮影。デジタルの今回は、より鮮明にとらえた。
呉市は映像の解析を進めて大和の構造や沈没時の状況を詳しく調べ、呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)の展示の充実をはかる。

この映像は7月23日から大和ミュージアムで一般公開する。解説を加えた新たな映像も9月に公開予定。
調査船で現地へ行った大和ミュージアムの新谷博・学芸課長は「海に沈む大和の鮮明な姿を多くの人に見てもらい、平和を考えるきっかけになれば」と話す。


戦艦大和の菊の紋章
AS20160622003591_comm


戦艦大和の球状艦首(バルバスバウ)
AS20160622003614_comm


戦艦大和のプロペラ
  AS20160622003606_comm


http://www.asahi.com/articles/ASJ6J4K6XJ6JPITB009.html
(2016年6月22日17時00分)

続きを読む
 当ブログについて
当ブログについて にほんブログ村 ニュースブログ 2chまとめニュースへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログは勝つーる.dat様の編集ツールでまとめております





     Twitter
こっそりTwitter始めました。
   最新コメント
記事検索
  スポンサードリンク
    無料アプリ
NEWSch

大手ニュースサイトから、 2chまとめブログまで、 情報収集に最適 antenna 無料アプリ
10個のカスタムチャンネルがすごく便利。
テレビのチャンネルを変えるかのようにニュースの各ジャンルを変更する快適機能 リーダー

逆アクセスランキング
  • ライブドアブログ