文化財

マニ教始祖(古代の世界宗教) 独尊像 世界で初確認 衣服の特徴などから判明 大阪の藤田美術館蔵 /奈良博特別展で公開中[04/14]

1: しじみ ★ 2019/04/16(火) 09:31:15.50 ID:CAP_USER
大阪市の藤田美術館(一時休館中)が所蔵し、地蔵菩薩(ぼさつ)像とされていた絹絵が、マニ教の始祖マニを描いたものだったことが、京都大の吉田豊教授(文献言語学)らの調査で分かった。独りだけを描く独尊像としてのマニ像が確認されたのは世界で初めてという。マニ像は13日から奈良国立博物館での特別展「国宝の殿堂 藤田美術館展」で公開されている。

 奈良国立博物館や吉田教授によると、マニ像は縦183・3センチ、横67・5センチ。中国で元~明に当たる14世紀に制作されたとみられ、絹地に鮮やかな色彩で描かれている。地蔵菩薩像とされていたが、衣服の特徴などからマニ像と分かった。

(略)

特別展は6月9日までだが、マニ像が展示されるのは5月12日まで。休館日は毎週月曜日(4月29日と5月6日を除く)のほか、5月7日。

全文は
https://www.nara-np.co.jp/news/20190414094444.html

続きを読む

【芸術】史上最高額の500億円で落札された油絵「サルバトール・ムンディ」ダビンチ作に疑義


85269


1: Hikaru ★ 2019/04/13(土) 11:42:15.04 ID:wtiNXceu9

【ロンドン共同】
レオナルド・ダビンチがキリストを描いたとされ、2017年に美術品としての史上最高額で落札された油絵を巡り、ダビンチ1人による単独作品なのか疑義があると13日付英紙タイムズが伝えた。

(略) 

タイムズによると、5人の専門家に鑑定を依頼したところ、2人がダビンチ作だと判断した一方、1人は否定、2人は評価を避けた。

全文は
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190413-00000048-kyodonews-cul続きを読む

【絵画】ボッティチェリの「模倣作」、実は本物だった 英文化機関

1: みつを ★ 2019/03/30(土) 03:41:40.21 ID:MR7UVps09

巨匠ボッティチェリによる15世紀の傑作「柘榴(ざくろ)の聖母」の模倣作と考えられていた絵画について、画家本人の工房で描かれた作品であることが分かった。英国の文化財保護機関「イングリッシュ・ヘリテージ」が明らかにした。

修復作業を行ったところ、厚いニスの下に隠れていた本当の色彩が明らかになり、ボッティチェリ本人の作品と判明したという。

「柘榴の聖母」は1487年前後の制作とされ、柘榴を手にした聖母マリアと幼いキリストや、それを囲む4人の天使を描いている。柘榴はキリストの将来の受難を象徴している。

オリジナルの絵画はイタリア・フィレンツェのウフィツィ美術館が展示。イングリッシュ・ヘリテージ所有の絵画については、細部の違いや上塗りされた黄色のニスから、専門家の間で模倣作とみられていた。

しかし顔料分析やX線試験、赤外線による調査の結果、フィレンツェにあったボッティチェリの工房で制作された作品との見方に至った。

(略) 

ただ、絵全体がボッティチェリの筆とは限らない。ボッティチェリは注文に対応するため何人も助手を雇っていて、低予算の顧客向けに人気作の縮小版を描かせていた。

全文は
https://www.cnn.co.jp/style/arts/35134969.html

修復作業を行うイングリッシュ・ヘリテージのレイチェル・ターンブル氏/Christopher Ison/English Heritage
https://www.cnn.co.jp/storage/2019/03/29/b500e5e6bec60ce953eb44c70e82fee2/botticelli-madonna-of-the-pomegranate-turnbull.jpg

続きを読む

【カラクリ】日本最古の和時計の可能性 「月齢表示式掛け時計」戦国時代末期作製か

1: 次郎丸 ★ 2019/03/14(木) 18:22:47.66 ID:DWeaHcdS9

400年あまり前の戦国時代末期の慶長年間に作られた可能性がある「和時計」が見つかり、松本市の民間の研究者が詳しい分析を行っています。
これまで確認されていたものよりも60年あまりさかのぼり、日本最古の和時計の可能性があるということです。

見つかったのは、愛知県犬山市の男性が所有する、「月齢表示式掛け時計」と呼ばれる種類の和時計です。
一番上の鐘とその下の歯車などの部分までの高さがおよそ50センチあり、さらにその下に歯車を回すための重りがつけられています。
30分ごとに鐘が鳴り、時刻を知らせる仕組みです。

松本市の民間の和時計研究者、関喬さん(83)などが、所有者の男性の依頼を受けて去年6月から修復に取り組んでいます。

関さんによりますと、現在、愛知県の工場で修復中の歯車などを覆う銅板の裏側に、慶長元年・西暦1596年を示すとみられる文字が刻まれていたほか、現在の滋賀県の地名や作った人物とみられる名前もありました。

関さんによりますと、国内で作られて現存する最古の和時計は、江戸時代の1659年に作られたものだとされていて、銅板の記述が正しければ、これより60年あまりさかのぼる可能性があるということです。

関さんは「当時、オランダからすぐれた技術が伝わったが、歯車などの細かい部品をどうやって作ったのかなど謎が多い。調査と分析を進めたい」と話していました。

日本最古の和時計発見か (動画あり)
https://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/20190314/1010007976.html

続きを読む

【奈良】奈良大、所蔵する木造四天王像から「行基大菩薩御作 菅原寺」と墨で記された銘文が見つかったと発表

1: 茗荷 ★ 2019/01/28(月) 21:01:21.63 ID:JBLO4Pay9
奈良市にある奈良大は28日、所蔵する木造四天王像から「行基大菩薩御作 菅原寺」と墨で記された銘文が見つかったと発表した。銘文は江戸時代に書かれた可能性があるが、奈良時代の僧行基が創建したとされる菅原寺(奈良市、喜光寺)で安置されていたという伝承を裏付ける銘文という。

(続きはリンク先でお願いします)

2019/1/28 20:48 (画像あり)
https://this.kiji.is/462583341087294561?c=39546741839462401

続きを読む
 当ブログについて
当ブログについて にほんブログ村 ニュースブログ 2chまとめニュースへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログは勝つーる.dat様の編集ツールでまとめております





     Twitter
こっそりTwitter始めました。
   最新コメント
記事検索
  スポンサードリンク
    無料アプリ
NEWSch

大手ニュースサイトから、 2chまとめブログまで、 情報収集に最適 antenna 無料アプリ
10個のカスタムチャンネルがすごく便利。
テレビのチャンネルを変えるかのようにニュースの各ジャンルを変更する快適機能 リーダー

逆アクセスランキング
  • ライブドアブログ