西郷隆盛

【歴史】西郷隆盛の新肖像画を発見か。縁者「祖先から聞いていた特徴そろっている」

1: 記憶たどり。 ★ 2018/01/16(火) 09:06:12.77 ID:CAP_USER9

西郷隆盛を描いた可能性がある新しい肖像画が、鹿児島県枕崎市で見つかった。
作者や制作年は不明で、西郷の遺品などを管理している鹿児島市の西郷南洲顕彰館が今月から一般公開して情報を求めている。西郷ゆかりの縁者は「祖先から聞いていた西郷さんの特徴がそろっている」と期待している。


(以下略)

全文は
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000005-asahi-soci 
 

新たに見つかった西郷隆盛と見られる肖像画
no title

続きを読む

【古文書】西郷隆盛の直筆の書 見つかる

K10011284571_1801102251_1801102254_01_02



1: みつを ★ 2018/01/10(水) 23:21:28.53 ID:CAP_USER9
1月10日 22時54分
西郷隆盛がみずから書き、西南戦争で西郷軍に加わって功績を挙げた宮崎県都城市の士族に渡していた書が見つかり、専門家は「西南戦争に参加した鹿児島以外の士族と西郷の直接のつながりを示す貴重な資料だ」と評価しています。

宮崎県都城市の博物館「都城島津邸」によりますと、この書は明治10年の西南戦争で西郷軍に加わった都城市出身の士族の子孫が保管していました。

縦1メートル20センチ、横50センチほどの和紙に、平安時代の「前九年の役」の故事をひいて、「源氏の勇敢で落ち着いた姿に感服した」という内容が力強い文字で書かれ、西郷が当時名乗っていた「南洲」の文字が記されています。


(略)


書は12日に博物館に寄贈され、修復を行ったうえで公開される予定です。 

全文は
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180110/k10011284571000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180110/K10011284571_1801102251_1801102254_01_02.jpg

続きを読む

【鹿児島】旧家で保管されていた書、西南戦争で政府軍に敗れた西郷隆盛の直筆と判明

1: プティフランスパン ★ 2017/12/11(月) 19:42:19.59 ID:CAP_USER9
鹿児島の旧家に西郷隆盛の書 西南戦争前の気持ち記す?
2017/12/11 19:23
https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201712/sp/0010809282.shtml

鹿児島県薩摩川内市の旧家で保管されていた書が、明治維新で活躍後に西南戦争で政府軍に敗れた西郷隆盛の直筆と判明したことが11日、分かった。
西南戦争の約2年前に記されたとされ、「世間を渡る道は曲がりくねっている」などと自身の人生とも重なるような内容。
当時の気持ちを表したのではないかと、関係者の注目を集めている。

市は近く、旧家付近の資料館で展示を始める予定。来年は明治維新150年の節目で、今回の発見が話題づくりの追い風になると期待している。
市文化課によると、書は縦約2メートルの掛け軸。裏側の記述から西南戦争2年前の1875(明治8)年作とみられる。

no title

 鹿児島県薩摩川内市の旧家で保管され、西郷隆盛の直筆と判明した書

続きを読む

西郷隆盛とは何だったのか

41HP4CY36YL




1: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/04/07(土) 22:17:14.77 ID:7RYx2AxF0
謎の多い西郷さん
ラストサムライだったのか、ただのデブだったのか

続きを読む

【鹿児島】「西郷さんが最期に立てこもった洞窟が印象に残りました」…西郷隆盛ゆかりの史跡巡る、鹿児島で「西郷どんの遠行」

1dc4ea78



1: 諸星カーくんφ ★ 2013/09/23(月) 16:06:07.45 ID:???0
明治維新の立役者の1人、西郷隆盛ゆかりの史跡を訪ねる催しが鹿児島市で開かれ、大勢の子どもたちが参加しました。

鹿児島弁で「西郷さんの遠足」という意味で、「西郷どんの遠行(せごどんのえんこ)」と名付けられたこの催しは、毎年、西郷隆盛の命日の前日、9月23日に行われています。

42回目となることしは、子どもを中心におよそ2000人が参加し、西郷が生まれた鹿児島市加治屋町の屋敷の跡を出発して、およそ9キロのコースを歩き、ゆかりの史跡を訪ねました。

このうち、西郷が若いころに座禅を組んだ石が置かれている小さな公園では子どもたちが石に触れたり座ったりしていました。

それぞれの史跡にはボランティアの案内係がいて、西南戦争の激戦地で西郷軍が立てこもった城山の洞窟の前では、戦争が起きた
経緯や西郷の人柄について話していました。

参加者たちは最後に西郷の墓がある南洲神社を訪ねて墓の前で静かに手を合わせていました。

参加した小学生の男の子は「歩くのはきつかったけれど西郷さんが最期に立てこもった洞窟が印象に残りました」と話していました。

ソース(NHKニュース) ※ソース元に動画あり
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130923/k10014737461000.html
写真 no title

続きを読む
 当ブログについて
当ブログについて にほんブログ村 ニュースブログ 2chまとめニュースへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログは勝つーる.dat様の編集ツールでまとめております





     Twitter
こっそりTwitter始めました。
   最新コメント
記事検索
  スポンサードリンク
    無料アプリ
NEWSch

大手ニュースサイトから、 2chまとめブログまで、 情報収集に最適 antenna 無料アプリ
10個のカスタムチャンネルがすごく便利。
テレビのチャンネルを変えるかのようにニュースの各ジャンルを変更する快適機能 リーダー

逆アクセスランキング
  • ライブドアブログ