どもども、ワクイヨです!
普段はブログの管理・運営を担当していますが、今回はちょっと自分も記事を書いてみようかなと思います! 人に自分の記事がみられるって結構ドキドキしますが(笑)

さて、僕は1月20日に早稲田大学所沢キャンパスB地区にて毎月行われている、湿地保全活動に参加してきました。馴染みがない人もいるとは思いますが、所沢キャンパスは3ha(甲子園球場ほぼ1個分)の湿地や雑木林を所有しています。そんな広大な土地を所沢キャンパスの学生を中心に、他キャンパスの学生や地域の方々と協力して調査、作業、散策していく、これが湿地保全活動です。

今回の活動テーマは「落ち葉掃きと堆肥作り」でした。今冬の農楽塾はこれでもかと言わんばかりに落ち葉掃きをしていますね(笑) しかし、いつも行っていた落ち葉掃きとは一味違い、平面地ではなく勾配のあるエリアの落ち葉を集めていきました。最近あまり運動が出来ていなかったのですが、急勾配での落ち葉掃きはイイ感じに下半身トレーニングにもなり、とても気持ち良かったです。
S__12337173

落ち葉をたくさん集めた後は堆肥作りです。竹で作られた囲いの中に落ち葉を敷き、その上に土と鶏糞、水を加えていきます。その層を囲いの中で何個も生成し堆肥を作っていきます。しかし、大量に集まったと思われた落ち葉も実際に囲いに敷いてみると全然足りず。改めて堆肥作りの大変さを知ると共に、約20年生きていて初めて「もっと落ち葉が欲しい、集めたい」という欲求に駆られましたね(笑)

S__12337174S__12337175


農楽塾も春に向けて自分たちで堆肥作りの勉強をして実際に堆肥を作っていきます。今回の湿地保全活動で学んだことも参考にしてより良い堆肥を作っていけたらなと思っております!


Writer:ワクイヨ