早実、黄金時代への道〜「早実、甲子園への道」第3章〜

ALYの高校野球観戦記。このblogは、 新・早実を応援するページの一コンテンツです

雨天順延も心配された早実対拓大一。
早実の控え部員によるグラウンド整備の甲斐あって1時間遅れでのスタート。

試合は、伊藤君のピッチングが光った。
序盤はまっすぐ中心に、中盤以降はスライダー、チェンジアップも交えて、拓大一打線を手玉にとる。
今日の球審が外角が広いと理解して、そこをうまく使った長谷川君のリードと、要求どおりのところにビシビシ投げ込む伊藤君のコントロール。
今日は3回4回あたりの中弛みもなく、圧巻だった。

プロのスカウトが2球団来ていた前回の明学東村山戦でこのピッチングをしていたら、目をひいたかもしれないのに…。
ちなみに拓大一戦には来てなかった。

片や、打線は拓大一のサウスポーを打ちあぐねる。
緩いボールを外目の球でも強引にひっかけて内野ゴロの山。
6回以降センター返し中心になって、ようやく打線がつながり始めた。

とはいえ、本大会が始まってから調子を落としている選手も目立つので(むしろ舘君と北村君以外は全体的に不調?)、1週間焦らず、自分なりのチェックポイントを今一度見直して、来週の帝京戦は打線爆発してくれたらな、と。

打線が不調の中、エラーがなく守備から乱れないのが救い。
この試合、結果的にセーフにはなったけれど、ファーストゴロでの伊藤君のベースカバーもしっかりできていたし、梅村君はセンスの塊を見せつける守備範囲の広さを発揮。
長谷川君も(中盤までは)全力でカバーリングをしていた。
強いていうなら、ランナーなしのサードゴロでセカンドがファーストのカバーに入らないのが気になる。
コンバートの多い特性上、動きが身についてないのはやむを得ないけど、ひとつひとつ勝ち進むごとにクリアしておきたい。

時間があったので土曜に北信越大会に行って星稜の試合を見てきたけど、この秋の新チームとは思えないほど仕上がって走攻守のレベルが高かったので、それに比べると、早実は、まだまだやることはたくさんある。

しっかりやれば伸びるチームだと信じているので、大いに期待してます。

「和泉監督、甲子園に行きたいです」

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット