早実、黄金時代への道〜「早実、甲子園への道」第3章〜

ALYの高校野球観戦記。このblogは、 新・早実を応援するページの一コンテンツです

伝統校帝京との一戦。
東東京時代から剛対柔の対象的なチームカラーで、不思議と清々しく戦える相手。

結果は3対1の僅差ながら早実が勝利。
勝因は、メンバーの「攻めの気持ち」にあったかのように思う。

まず、攻めの気持ちを示したのは生沼君。
初回、ランナーを二人おいて生沼君がセンターのフェンスを超えたスリーラン!!!…と思えるほどのツーベースで先制。

生沼君は調子がいいときは、センター方向中心に打球が良く飛ぶ印象(レフト方向にホームランが出るときもセンター方向のヒットが一緒に出てるようなイメージ)。

生沼君はこの一本が出たこともあって二打席目以降は警戒されてしまったけど、それでも、デッドボールやフォアボールでも1塁まで全力疾走。

守備でもファールボールに頭から突っ込んだり、フェンス際の当たりも恐れず追いかける。

キャプテンとして全力プレーを見せていけば、その姿勢はチームに徐々に浸透していくと思うよ。

同じように攻めの気持ちを見せたのは、伊藤君・長谷川君のバッテリー。

特に長谷川君の内角にガンガン構える強気のリードと、打ち気にはやる相手バッターの裏をかくようにチェンジアップを投げさせるリード。
去年から練習試合でも良いリードするなと思っていたけれど、この試合では最後まで集中してリードが冴えまくっていた。
そんな長谷川君のリードに応えるように、伊藤君は、正確、かつ、気迫を全面に出して投げ込む。

伊藤君の空振りをとれる真っ直ぐと相まって、バッテリーと帝京打線との駆け引きを見ていて久しぶりにワクワクした。野球楽しい。

二度の満塁のピンチを空振りの三振で凌いだときには、往年の斎藤君や内田君のピッチングが脳裏に重なった。
ちなみに、斎藤君のときには、さらに、必殺の三塁牽制という武器もあった。

とはいえ、試合展開は、早実の度重なる走塁ミスもあり、なかなか追加点を奪えず1点差のまま進む。

中でも走塁ミスは、本大会初戦の明学東村山戦、2回戦の拓大一戦、この帝京戦と、毎試合のように繰り返している、1アウト13塁からの内野ゴロでのランナー挟殺ゲッツーというプレー。

3塁ランナーが挟まれる間にバッターランナーを2塁に進めたい意図はわかるけど、こう毎試合失敗を繰り返しているなら(失敗要因のひとつは3塁ランナーのゴロゴーの一歩目が遅いのでホームのかなり手前から挟まれて簡単に3塁に戻ってしまえるから)、それがダメなときの次善のプレーもチームのルールとして決めておいた方がいいのではないかと思う。
ゲッツーになるくらいなら、欲張らずに、2アウト13塁でもいいと思うくらいの割り切りをしておいたほうがいい。

もう一つの走塁ミスは、1塁牽制悪送球がライトまで転がった場面での、1塁ランナーが3塁を狙ってオーバーランになった場面。
3塁まで狙うのはタイミング的にあり。
ただ、アウトになったのは、2塁ベースを回ったところで一度止まったから。
3塁コーチャーは回してたから、自分の判断よりも3塁コーチャーをもう少し信頼してもいいんじゃないかな。

さて、そんな走塁ミスでなかなか追加点が奪えなかったときに出たのが、茅野君の復活弾。待ってました。
本大会に入ってからなかなか打撃の調子がよくなかったけど、この試合は第一打席では落ち着いた様子でボールを余裕をもって見送り、次の打席以降もアウトにはなったけどセンター、サードへの良い当たり。
「たぶん復調してる。そろそろ出るでしょ。」と言いながら見ていたら、期待以上の価値ある一発。
これも先週代打を出されたところに奮発しての攻めの気持ちの現れかなと。

打線はまだ繋がりきってないけど、だんだん良いチームになってきたように思う。
来週、さらなる成長を期待。

「和泉監督、甲子園に行きたいです」

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット