早実、黄金時代への道〜「早実、甲子園への道」第3章〜

ALYの高校野球観戦記。このblogは、 新・早実を応援するページの一コンテンツです

準々決勝、この日の相手は日体大荏原。雪谷で監督をしていた相原氏が監督に就任してから着実に力をつけてきた古豪。
どんな試合展開になるか、まったく予想がつかなかった。

ふたを開けてみれば、早実打線が初回から爆発。
右ピッチャー用かなと思われるほど組み替えた打線が大当たり。
茅野君、舘君でチャンスを作ると、北村君、生沼君が連続タイムリー。
さらにランナーを溜めたところで、伊藤君の大きなホーーーームラン。
初回から一気に6点を奪い、試合をほぼ決めた。

片や、バッテリー。
日体大荏原打線が全員バットを短めに持ち、バスターで打ってくるのを確認して、長谷川君も外角中心のリード。
考えてるね。

ただ、今日は伊藤君のピッチングが今ひとつ。
まっすぐが走ってないのか、コントロールが安定しないのか、いつもの全力投球がほとんどなく、変化球主体。
それでも、フォアボール以外ではほとんどランナーを出すこともなく、安定したピッチングで、試合の流れを日体大荏原に渡さない。

投打が噛み合えば、あっという間の5回コールドコースかと思いきや、そうは簡単に行かず。
2回からリリーフした日体大荏原の左の軟投派を打ちあぐねる。
3ボール-0ストライクから追い込まれ、変なボールに手を出してアウトという悪循環。
ちょっと嫌な雰囲気が漂う。

それでも試合の主導権を早実が握れていたのは、再三の好守のおかげ。
北村君、千葉君の二遊間の活躍が特に目立った。
センターに抜けそうな当たりにも追いつきアウトにする千葉君の華麗な守備や、乱れないゲッツー。
バックがしっかりしていると、安心して見ていられる。

そんな中、6回表、北村君、千葉君の連続ツーベースでようやく日体大荏原の左を捉える。

6回裏には1点失い、早実守備の乱れもあり、一転してピンチを招くも、それも千葉君の守備でしのぐ。

しかも、直後の7回には、代打松尾君にタイムリーツーベースが出てだめ押し。
松尾君なかなか試合にでる機会に恵まれないけど、与えられたチャンスを生かすのは、良い集中力。
今大会、代打の切り札になれるかな。

次は、またも東海大菅生戦。
エースは左の中村君。
岩倉戦を見ていると、ボールが速いわけではないけれど、右バッター外角低めにシュートしながら落ちるボールに、岩倉打線はハマってた。
キャッチャーのリードも打たれたコースには二度と投げてこなかった(インコースで大きなファールを打ったバッターにはその後3打席外角だけ)。
まったく同じリードをしてくるとは思わないけど、ほかのバッターの打席も頭を使って観察してたら攻略法は見えてきそう。

「和泉監督、甲子園に行きたいです」

コメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. SKMCH
    • 2018年10月29日 13:53
    • 菅生のPの球はスライダーではなくてシュートなんだね。横から見てると分からなかった。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット