早実、黄金時代への道〜「早実、甲子園への道」第3章〜

ALYの高校野球観戦記。このblogは、 新・早実を応援するページの一コンテンツです

センバツが目の前まで迫ってきた準決勝。
相手は、またもや東海大菅生。

試合は0-3と僅差ながらも完敗でした。

先制したのは菅生。
早実先発の伊藤君は、立ち上がりから真っ直ぐも変化球もコントロールが安定しないながらも2イニング凌いでいた。
しかし、3回表、ストライクが全く入らなくなり連続フォアボールで満塁のピンチを招いてから、ショートゲッツーになりそうな当たりがイレギュラーで2点タイムリーとなり先制を許す。

不思議だったのは4回までインコースにまったく投げさせることなく、何か意図があったのか、アウトコースばっかりに構えていたリード。
伊藤君の真っ直ぐが走っていなかったからか、甘く入って大きいのを打たれるのを警戒したのか、長谷川君のリードがいつもより消極的に見えた。

かえって、伊藤君の攻めのピッチング姿勢が消え、かわすピッチングになっていたのかもしれない。

先制を許してからはリードが若干かわってインコースに構えたり、真っ直ぐで押したり、8回まで菅生をノーヒットに抑えていたので、立ち上がりが悔やまれる。

ただ、この試合を通じて、伊藤君が思い切り投げれば菅生打線でも球威や伸びに押されることも理解できたと思うので、春夏ではこの経験を生かして欲しい。

同じように経験を生かして欲しいのは、長谷川君のスローイング。
セカンドが捕球するまでは2秒切りの速さでも捕球位置が高いと、その分ランナーにタッチするまでのタイムラグがありセーフになってしまう。
夏にはスローイングの速さだけではなく低さも身につけて欲しい。長谷川キャノンと呼ばれるように。

片や、早実打線。
前回の日体大荏原戦だけは爆発したものの、この試合は菅生先発の中村晃君の右バッター膝元スライダーに全員がクルクルと。外目のシュートは手を出さなかったけれど、スライダーは伊藤君と千葉君以外は手も足も出ず。
本大会通じて中村晃君はほとんど打たれていないので(二松学舎も1点のみ)、秋の段階では攻略難しいのかな。

特に1年生からレギュラーで出ている生沼君は完全に対策を講じられていた。3打席ともスライダーで空ぶらせておいて、最後は同じようなやや外目のボールを引っ掛けさせられてショートゴロに。
拓大一戦でも左ピッチャーから同じように攻められていたものの、最後にセンター返しに切り替えてヒットしていたので、この試合でも同じような切り替えが欲しかった…。

守備も、イレギュラーも本当にイレギュラーだったのか(前に出たらとれたん?)、だめ押しの3点目のレフトオーバーも守備位置あれで良かったのか(定位置ならとれた?)など、まだまだ課題は多い。

ここまでたくさん実践を積んだことで課題も多くわかった大会だったと思う。

ベンチ入りしていた選手も、試合後に球場の外で涙ぐんでいた控え部員も含め、この試合の悔しさを冬の間ずっと抱えて欲しい(にやけていた部員は問題外)
いったんレギュラーは白紙になったつもりで、全員で甲子園目指して、冬の間に厳しい練習を通じて切磋琢磨してくれることに期待。

「和泉監督、甲子園に行きたいです。」

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 06OB
    • 2018年11月04日 19:29
    • 思うのですが、キャプテンは、一番プレーヤーとして有望な子から選ぶのでしょうか。清宮くん、野村くんしかり。チームをまとめ、ライバルには対策をとられ。高校生が、多重なプレッシャーのなか、自分らしく立ち向かえるのでしょうか。

      プレーヤーとマネージャーは違う能力が必要とされる、、とは大人の世界でも常識ですし、、、まあキャプテン選考ルール知らないのでなんとも言えませんが
    • 2. たけちやん
    • 2018年11月05日 01:35
    • 1 決勝がわずか1点差だった事を思えば準決勝をなんとかしたかったと思います。
      春夏に期待したい。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット