早実、黄金時代への道〜「早実、甲子園への道」第3章〜

ALYの高校野球観戦記。このblogは、 新・早実を応援するページの一コンテンツです

一冬超えた春の初戦。
いきなり佼成学園が対戦相手。
ここ数年は上位進出することも多く、1回戦は好投手渡辺君を擁する工学院を破っているので、そこそこ接戦になるかなと予想していた。

序盤は予想どおり一進一退。試合が動き出したのは4回裏。

先発を任された宇野君は、3回裏まではランナーを背負うもなんとか凌いでいたものの、4回裏先頭バッターにホームランを許す。このホームランも出会い頭ではなく、ホームラン性の大きなファールを打たれた後、2球続けて同じようなコースに投げてのもの。ちょっと無用心過ぎた。
ただ、この1失点に留め、後続をキチンと断ち大崩れしなかったのが、成長したところ。

この失点で試合が動くと睨んだのか、早実も攻撃的な選手交代。
5回表に西口君があわやセンターに入るか?という大きな当たりのツーベースで出塁(ただ、センターが弾いたときにまだ1塁ベース手前にいたのはダメ。きちんと走っとけ)。
ここで代走にスピードスター佐渡君を起用し、宇野君に代打で松尾君で1本のヒットで1点を狙いにいく。
これが効を奏して、松尾君、梅村君の連打で同点に。
舘君がフォアボールで出塁して満塁にすると、3番に入った茅野君が勝ち越しタイムリー。
生沼君は相手に警戒され甘い球が来ず、最終的にデッドボール気味のフォアボールで押し出し。
2点勝ち越して試合の主導権を握る。

続く5回裏からはエース伊藤君に継投。
気合いが入りすぎたのかちょっと制球が乱れていたものの、MAX143キロ(目の前に座っていたスカウトのガン)の真っ直ぐを主体に佼成学園打線を寄せつけず。
6回裏にソロホームランを打たれただけでピンチらしいピンチもない安定した投球。

エースが試合を締めると打線も心の余裕が出来きた様子。
6回表には、佐渡君が脚を活かした内野安打で出塁し、続く網野君もキチンと走ってサードゴロの悪送球を誘いチャンスを広げたところで、梅村君がスリーランで試合の流れをほぼ決める。
8回表も、佐渡君の振り逃げからチャンスを作ると、北村君のレフトオーバーツーベースや千葉君の左中間ツーベースなど連打連打で一気呵成の7得点。
7回がちょっとまったりとした空気感が球場や選手たちに流れていたので、気持ちを切替えての攻撃は見事だった。

試合全体を通じても、ネクストサークルでの伝言や1塁への全力疾走など、秋に比べるとチーム全員がなんとかして出塁して次に繋いで得点しようという意識や姿勢がよく見られたゲームだったように思う。
その結果が佼成学園相手に17安打13得点という予想以上の結果に。

まだまだメンバーが固定できてないことでチーム内の競争も激しいと思う。
緊張感をもって切磋琢磨すれば、もう2ランクくらいはあげられるはず。
頑張れ。

「和泉監督、関東大会(今年は埼玉開催)行きたいです」

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット