早実、黄金時代への道〜「早実、甲子園への道」第3章〜

ALYの高校野球観戦記。このblogは、 新・早実を応援するページの一コンテンツです

本大会2試合目は駿台学園が相手。
1回戦で駒大高、2回戦で最近力をつけてきた錦城学園を倒し、打力があるような印象をもったチーム。

そんな駿台学園に対峙する先発投手は菊池君。
ひと冬超えて真っ直ぐに力が出てきて練習試合では好投しているので期待はできるが、一方で公式戦初先発のプレッシャーでどれくらいうまく行くかなとの不安も。

1回裏、駿台学園のトップバッター斎藤君は1回戦、2回戦とも長打があるので要警戒の選手。
しかし、いきなり左中間にツーベースを許してしまう。
これでプレッシャーが余計増してしまったのかな。
コントロールを乱し、らしくないピッチングで1点を失う。
ただ、その後は飛び出した1塁ランナーを挟殺するなどバックが盛り立てて最少失点で切り抜けた。

逆転して迎えた2回裏。
ちょっと気持ちが落ち着いているように見える瞬間もあったけど、イニングを通じると、ちょっとバタバタ。
あと1イニングくらいいけるかなと思いきや、ここで交代。
あとは経験値を積んでいくだけかな。

その後は、早実が集中打で圧倒。
3回は2アウトランナーなしから千葉君のライト前、舘君のスリーベースで加点。
代打西口君も、前回の反省からかしっかり走ってショート内野安打で加点。
2アウトからでもしっかりと得点していく集中力、執着心は見事。

4回は、生沼君、舘君、伊藤君、梅村君の長打もあって、11得点。

打撃だけではなく走塁も見事だった。
3回の舘君のスリーベースは相手外野が目測を誤ったフライ性の当たり。きっちりと走っていたおかげでのスリーベース。
4回の舘君のツーベースによる2得点は、1塁ランナーに出ていた生沼君が千葉君のヒットで一気に3塁を狙い、かつ送球の間に千葉君が2塁をきっちりと陥れたことがきっかけ。
梅村君のライト前タイムリー&トンネルでの走者一掃は、梅村君の脚の速さはもちろんのこと、ただのヒットでもきちんと次の塁を狙おうと走っていたからこそのもの。
走塁の意識が高いと得点力がアップするお手本のような試合ぶり。
レベル高くなった。

最終回は、高橋君が登板。
今大会、左は高橋君しか登録していない中で1イニングを落ち着いて抑える。
登板早々には制球を乱していたけれど、すぐに1塁を守っていた生沼君が声を掛けにいって落ち着かせたのは、キャプテンとして、同級生として良い姿勢。
これで堂々としたピッチングができた。

安心して見ていられる試合だった。

前回の試合後、今大会では19番、20番は空けておくことが明らかに。
報道では1年生は一線に並べて考えることが理由として報じられていたけれど、あえて2年生、3年生を入れなかったということは、今回ベンチに入れなかった2年生、3年生にも「ベンチには入れるチャンスは夏まであるぞ」という最後の切磋琢磨を狙った監督からのメッセージではないかと思う。

過去にも、春大会までベンチに入っていなかったのに、夏になったら4番を打っていた3年生もいたことがあった。
事実上の引退試合となる夏のB戦に出てた選手が、ベンチに入れたこともあった。
退部しない限りはチャンスがあるから、夏のメンバー登録まで頑張って欲しい。

「和泉監督、春の関東大会行きたいです」

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット