早実、黄金時代への道〜「早実、甲子園への道」第3章〜

ALYの高校野球観戦記。このblogは、 新・早実を応援するページの一コンテンツです

打ちも打ったり5ホーマー。
春のホームラン祭りとなった、法政戦。
予想以上の打撃爆発ではありつつも、不安要素もチラホラと。

試合は、1裏、北村君の先頭打者ホームランでいきなり動き出す。
甘い球を見逃さずに仕留めるバッティングは、切り込み隊長として十分な役割。

その後もフォアボール3つで2アウト満塁のチャンスと、初回から大量得点のチャンスを迎えるも、結果は無得点。
ちょっと嫌な感じがした。

しかし、2裏には、佐渡君のレフト前ヒットを皮切りに足でキャッチャーを揺さぶりパスボールを得、チャンスを広げる。今までこうした足での揺さぶりが見られなかったので、新しい攻撃パターン。
再び2アウト満塁を迎えると、生沼君が値千金以上の価値あるグランドスラム。今度はチャンスをきっちり得点に繋げ、試合の主導権を早実のものに。

さらに息つく間もなく、今度は千葉君もツーランで追加点。5回コールドも見えてくる7点差に。

ところが、そう簡単にはいかなかった。
ここから法政は打者一巡ごとにピッチャーを矢継ぎ早に交代させる継投策に。
早実打線が2番手以降のピッチャーを攻略できずにいると、法政が息を吹き返し、じわじわと追い上げ。

初回から伊藤君のまっすぐを狙い撃っていたと思ったら、3表にはエンドランをきっかけに反撃開始。4表にも先頭打者にホームラン。あっという間に3点を返され点差は4点となり、5回コールドは難しい感じになった。

しかも、この時点でも1裏、2裏の余韻からちょっと緩んでるなという空気が漂う、よろしくない雰囲気に。

そんな空気を変えたのが、この回から代わった長谷川君のリードと、それに応える伊藤君のピッチング。
まっすぐを狙われていたのを察したのか、チェンジアップ主体のリードに切り替え。いきなり3奪三振。
続く5回以降もチェンジアップ主体で、気がつけば、あっという間の10奪三振。

打線もそれに呼応するように、4裏に生沼君が高校通算30号となる二打席連続ホームラン、5裏には満塁で生沼君が敬遠され押し出しでの追加点を上げる。
キューバ遠征で木のバットを使ったのが良い影響をもたらしているのかも。

ちなみに満塁からの敬遠は、早実が東東京時代の夏準々決勝、日大豊山戦で当時4番の米田君がはっきりと敬遠されたのを見た以来のような気がする。

最後は梅村君の今大会2本目のホームランとなるサヨナラツーランで試合を決めて7回コールド。

飛び道具だけで勝ってしまった。見ていて気持ちがいい、おもしろい試合ではあるけれど、反面、初回、3裏、5裏とチャンスで1本が出なかったのは気がかりになってしまう展開でもあった。
特に、3裏、5裏は、なんとなく俺も俺もの気持ちが前面に出て、ホームラン狙いで大振りになっているように見えた。
気持ちよくバットを振るのはいいけれど、いつものスイングで打たないなら、何のために日頃の打撃練習をしてるのか?って話になる。
1週間で今日のホームラン祭りは忘れて、原点に戻った打撃を期待したい。

あとは、先週の脚へのデッドボールの影響なのか今日はボールボーイをやっていた舘君も戻ってこられるのかどうか。

次の対戦相手となる小山台、エース安居院君、3番の笠原君(左打ち、今日は5打数5安打)を中心としたチーム。
今一度気を引き締めて、向かってほしいです。

「和泉監督、関東大会行きたいです」




コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット