早実、黄金時代への道〜「早実、甲子園への道」第3章〜

ALYの高校野球観戦記。このblogは、 新・早実を応援するページの一コンテンツです

待ちに待った夏初戦。
東京の全出場校のラストにようやく早実の試合順がやってきた。

初戦の相手は小平西。
小平が夏ベスト4まで進出した時の監督で、前回、早実が小平と延長まで苦しんだ時の監督が異動してきた小平西。
昨秋は日大鶴ヶ丘を、今春は東海大高輪台を倒し、関東一にも接戦して、さっそく力をつけてきた。
初戦で戦うには、ちょっと嫌な、勢いに乗ってる相手。

早実先発は、エース伊藤君。
今日は、右バッターのアウトローにズバズバと真っ直ぐが決まり、チェンジアップも冴えていた。
左バッターのアウトコースだけがシュート回転して大きく外れることがあったけれど、右バッターには良い感じにインハイに入ってきて、空振りも取れた。

立ち上がりに制球に苦しみはしたものの、投げ急ぐこともなく、キャッチャー茅野君やファースト生沼君も適宜タイムを取って間を取ったりして、伊藤君に良い間を与えて冷静さを保たたせていた。
ここら辺は、夏に向けての課題だっただけに、今日は良かった。
結果、相手打線を完全に封じ込めて、相手の勢いを止めることができた。

2番手に登板したのは、東海林君。
ゴールデンウィークにBチームでピッチャーに復帰したと思ったら、あれよあれよという間に、伊藤君とダブルエース格に。
今日は夏の公式戦初登板ではあったわりには落ち着いて、夏の雰囲気を感じるには十分余裕がある試運転投球に見えた。今後も期待できそう。

3番手は、1年生の田和君。
1イニングだけの限定登板だったけれど、いいデビュー。

茅野君も、今日の伊藤君の出来というか、今日の特徴を結構活かすようなリードしているように見えた。伊藤君、東海林君、田和君の3人のいずれにも、今後を意識した球種の使い方だったので、またトーナメントを勝ちあがっていった時に、まだ余裕がありそう。

攻撃陣は、1巡目こそ、小平西の先発した右投手林田君を打ちあぐねていたけれど、2巡目には引っ張り始めて、生沼君のチーム初ヒットを皮切りに、ジワジワと打ち出した。
公式戦デビューとなった清宮君にはいきなりタイムリーが飛び出し、8番に入った舘君にもタイムリーで、先発した林田君を攻略。

その後登板した左の野崎君にも攻撃が一気呵成。
制球が乱れていたこともあって、毎回のようにチャンスを作って、コツコツと点を積み重ねた。
惜しむらくは、7回裏のチャンスに生沼君、梅村君、茅野君、清宮君の主軸でコールドまで決めたかったところ。打てなかったのはしょうがないので、また明日の試合に期待です。
何はともあれ、これからの2週間だけ絶不調にならない程度に全員が振れていたのがよかったところ。
今日ヒットが出なかった選手も、明日打てると波に乗れるはず。

今日は、右の代打陣の松尾君、西口君も打席に立ち、雰囲気を掴んだ。
この夏の代打の神様になれるのが誰なのか。
今日出なかった網野君や長谷川君、永木君も残ってるし、これからの2週間、調子のピークが来ているバッターが誰なのかを早く見極めたい。

走塁も、今日は盗塁を含めて積極的だった。
強いていえば、ランナー1塁でのレフト前ヒットを小平西のレフトが掴み損ねて内野に返球するでもなくボーッとしていた時に、1塁ランナーが3塁を回ってホームを狙えるタイミングだったにもかかわらず初めから3塁で止まろうとスピードを緩めて、コーチャーもレフト捕球損ねで回すこともなく初めから止めてしまっていたのが、残念なところ。
結果的に3塁で止まることになったかもしれないけれど、それでも、ホーム狙う意識が先にあるような走塁とコーチャーの判断にしてほしかった(ベース回ってホーム無理になってから止めるとか)。

久しぶりの実戦で勘も鈍っていたと思うので、また、明日に期待してます。

「和泉監督、甲子園に行きたいです」

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット