早実、黄金時代への道〜「早実、甲子園への道」第3章〜

ALYの高校野球観戦記。このblogは、 新・早実を応援するページの一コンテンツです

5回戦の相手は、変則フォームの好投手内野君を擁する東村山西との対戦。
動画を見る限り、リズムが取りにくそうなフォームだったので、打ちあぐねるかなと不安が少々。

さて、そんな試合ですが、早実は先攻。
1回表、さっそく内野君と対決。
2アウトランナー無しで生沼君はサードのグラブを弾く鋭い当たり。ファールゾーンを打球が転々としている間に一気に2塁に到達する好走塁でチャンスを作る。
ここで迎えたのは、梅村君。
今大会2試合ノーヒットだったものの、ようやく、待望のタイムリー!

結構浅めの打球だったけれど、生沼君は初めからホームを狙うスピードで3塁を回り、コーチャーの藤君もちゃんと打球・送球・ランナーが見やすいポジション取りをして腕を回した。
積極走塁とコーチャーのナイス判断での攻撃的な1点だった。

ただ、残念だったのは、その後の追加点のチャンスを生かせなかったこと。
これが、この試合をドキドキさせる展開に導く。

早実打線は、2回以降、東村山西のピッチャー内野君から散発。
審判の可変式ストライクゾーンに翻弄されたのもあるかもしれないけれど、3回表にチャンスらしいチャンスを作っただけで、なかなか追加点が奪えず。

むしろ、その間は、早実は守備が踏ん張った。

1回裏に先発した伊藤君が東村山西打線に直球を続けて狙われると、そこから茅野君が頭を駆使して変化球を交えたリードをするも、伊藤君も中盤までなかなか制球が安定せず、ボールが先行してなかなかピリッとしない展開。
我慢比べの展開が続いた。

そんな中、6回。
梅村君が今日2本目となるヒットからチャンスを広げて茅野君がタイムリーで追加点。
待ちに待った追加点とはいえ、まだ2点。
一発撃たれてしまえば同点、逆転も見える点差なので、なかなか安心できず。

とはいえ、そんな状況を救ったのは、これも守備陣。
北村君の再三にわたる好守備と、途中出場した佐渡君の脚を生かした守備で、ランナーを許さない。

9回表の攻撃もノーアウトのランナーを出したものの、この時に限って、キャッチャーがウエストして盗塁した代走の藤君を刺し、結局追加点ならず。

なかなかの緊張感が漂ったまま最終回9回裏へ。
伊藤君は6回あたりからようやく真っ直ぐの制球が安定し始めていたものの、9回裏は突如ボール先行。
茅野君、梅村君、生沼君あたりが交互にタイムを取って間を取るものの、結局ランナーを2人許してピンチを広げる。

ここで、頼れるサウスポー東海林君へ継投。
東海林君が普通に投げれば打たれない。
今大会初めてちゃんと変化球を投げて、続くバッターを三振に。
ところが、変化球の切れがよすぎて捕球できなかったこともあり、ランナーが2塁・3塁に進塁。
そのうえ、東海林君がフォアボールを出して、2アウト満塁と一気に大ピンチに。
ただ、それでも最後は落ち着いていた。
決め球をキチンと決めて最後のバッターを打ちとりゲームセット。
ヒヤヒヤしたものの、緊張感のある試合を締めた。

この大会に入って、初めて公式戦らしい苦しいゲームだった。
それを打破したのは、ここまで鍛えてきた走攻守すべて。
中でも、不振だった梅村君が復活したことと、走塁の積極性が大きい。
試合中披露する機会はなかったけれど、試合前のノックを見ていても、外野からの返球がタッチしやすいところにライナーで来るなど精度が上がってきた。

次からは、いよいよシード校との対戦。
まずは、國學院久我山。
長身の高下君、左の問矢君をどう攻略するか。

24日は見に行けない(ネットでチェックする余裕もない)ので、心の中で応援しています。

「和泉監督、甲子園に行きたいです」






コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット