早実、黄金時代への道〜「早実、甲子園への道」第3章〜

ALYの高校野球観戦記。このblogは、 新・早実を応援するページの一コンテンツです

3回戦の相手は今大会シード校の佼成学園。
大会2戦目にしていきなりの難敵。

まずはスタメン、早実は思い切ったメンバー起用。
先発は初戦に引き続き2年生の石島君。
エース田和君をリリーフに回すという、かつての吉村君がエースの代や小野田・鈴木健介の代と同じパターンか?
キャッチャーに1年生の江崎君を起用し、辻村君はライトへ。
打撃好調の選手を一人でも多く起用する攻撃的布陣のように思えた。

果たして、このスタメンが大成功。
石島君は立ち上がりこそ悪かったけれど、2回以降は低めに力強いボールをビシビシと投げ込む。
江崎君も初めてのスタメンとは思えないくらい大胆な相手打者のタイミングを外す好リード。
このバッテリーがどハマりして、佼成学園打線を7回2/3まで2安打に封じ込める。

このバッテリーに刺激されたのか、他の下級生も活躍。
江崎君自身も2安打したほか、特に、今日はショート争いをしている山本君と深谷君の1年生2人。
山本君はエラーをして途中で下がってしまったけれど、持ち味の脚を魅せる。
方や守備が巧い深谷君は、今日はセンターオーバーのランニングツーランを放ち、脚とバッティングで魅せる。
箭原君もいて、野手の1年生4人カルテットの相乗効果が止まない。

今年のチームでこれだけ1年生が活躍できている背景には、コミュニケーションの豊富さがあるように感じた。
例年以上に選手同士、ベンチからの声かけが豊富。しかも良いタイミングで的確な声がけ。
特に内野は國光君しか3年生がいない中で、去年からレギュラーの壽田君がマメに声を掛けている。
江崎君も気になることがあれば頻繁にタイムを取ってピッチャーとコミュニケーション。
外野からも清宮君が大きな声で指示を出す。
漠然と大きな声を出すのではなく、コミュニケーションができるようになったのが秋春からの大きな進化のように感じる。

コミュニケーションは守備だけではなく攻撃時にも見られた。
ネクストのバッターに情報を伝えるのはもちろん、ランナー同士、コーチャーやベンチも含めて、次に何をやるべきかを伝えあう。
その結果、ベンチ全員で佼成学園先発の前野投手を攻略。
秋春に見られたような一人ひとりが順番に打席に立っているだけというのとは違った印象を受けた。
惜しむらくは、7回裏、2アウト満塁、あと一本でればコールドできた場面での清宮君の三振・・・次は頼むよ。

とはいえ、反省点はなくはない。
佼成学園の2番手で登板したサイドスロー小林君のシンカーには翻弄されて、その後は無得点。
先発が小林投手じゃなくてよかった。


疑問に思ったのは、8回裏、申告敬遠が2人続いて1アウト満塁からのスクイズ失敗。
裏をかいたのかもしれないけれど、これでコールド勝ちしても後味悪いなという。
(ちなみに申告敬遠はバッターがボックスにたってインプレイにならないと敬遠にならないので、ややこしいけれどボックスに入る必要があります。他の県でも申告敬遠のやり方で戸惑って球審が指導してました)

次の相手は福生。
この記事を読む限り、エース伊藤君はかなりの素材のよう。
186センチの長身から140キロ超え。
持ち球はストレートとカーブ、スライダー、ツーシーム、スプリットと豊富。
コントロールは良くなさそうなので見極めが大事になりそうです。
https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202107200000074.html

「和泉監督、甲子園に行きたいです」

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット