球場に向かう足取りが重くなるくらい、家を出た瞬間からモワッとするサウナのような暑さ。
選手たちも命がけだけれど、見てるほうも命がけ。
そんな天気の中で行われた早実対日野戦。

秋大会後に行われた練習試合では早実が圧勝しているとはいえ、一冬越せば別チームのように伸びるのが日野の怖さ。

日野打線に対峙するのは2年生の荒川君。
初回こそ高いボールがあったけれど、低め・外角に丁寧に、かつ力感を抜いたピッチングで、バッタバッタと日野の選手を打ちとっていく。
7イニングを投げて1安打に抑える危なげない快投。

リリーフした齋藤君も相変わらずのスピードボールと低めを意識したボールで好リリーフ。
ランナーを出してセットポジションになってからも制球がどうなるかと思ったけれど、はじめは高く浮いて外れたけれど、その後はよかった。

そんな2人の快投を引き出したのが江崎君の強気かつ余裕のあるリード。
5回の3人目のバッターには外角低めのくさいボールを審判にボールとコールされると、その後の2球も同じコース、少しうちのコースと構えて、審判に「このゾーンは本当にボールなの?」と問いかけているようにも見えるリード。
だいぶ余裕があったように見えた。
3年生になってだいぶ視野が広がったのかな。

とはいえ、試合は簡単には勝たせてもらえなかった。

初回は、日野先発の平林君の牽制のうまさもあったけれど、牽制死、牽制死、盗塁刺殺・・。
2回も簡単に打ちとられ、危うく日野に試合の流れがいきかけるところだった。

それでも3回に日野が送りバントの処理をミスして早実が先制すると、宇野君、山本君と連打で追加点。

その後は、ランナーを貯めたチャンスの場面で、今大会で調子がまだ出ていない選手に回ってきてしまう不運。せっかく深谷君の打撃が調子良さそうなのに、前後で途切れて、あまり生きていないのが残念。

さらに、早実は走塁ミスによる自滅でなかなか得点できず。

特に、6回ノーアウト2・3塁でファーストぼてぼてゴロから、2塁ランナーが飛び出して帰塁する間に3塁ランナーがホームを狙い、ホームでタッチアウトになった場面。

3塁ランナーはゴロゴーして追加点を奪い、2塁ランナーが3塁に進塁にして欲しかった。
とはいえ、ノーアウト・ファースト正面だったのでホームでゲッツーになることを避けて3塁ランナーが進塁しないのもわからなくはない。そうすると2塁ランナーが飛び出したのが判断ミスっていうことになる。
ベンチのサインはゴロゴーと安全策とどっちだったのだろう(何も決まっていなかったりして)。

辛うじて、日野の守備にミスが出たので助けられた感じは否めない。

今日は、途中から出てきた選手も活躍したのが、今後に向けて期待を持たせてくれた。

代打高木君は相変わらずの打撃の良さ。
なんで出てこないのかなと思っていたけれど、今大会は代打の切り札なのだろうか。

代打からショートのポジションに入った前橋君には4連続でショートゴロの守備機会という珍しい展開。緊張感からか送球が浮いたりしていたけれど、逆に、これで緊張感はなくなったかもしれない。

1年生の山中君の調子があがってくるまではファーストは小西君とも併用と思われるので、小西君にも早く1本出ると楽しみが増える。

次の試合は杉並。
2006年夏に早実対昭和の昭和を率いた田北監督が今の杉並の基礎を作って(2021年から小山台へ。杉並は小林監督)、昭和の外池部長が今も杉並の指導に関わっているので、昭和みたいなチームだと思った方がよいかもしれない。

「和泉監督、甲子園に行きたいです」