お正月休みに種崎の某造船所跡を対岸から見て来ました。やることがなくてピンクナンバーで高知をぶらぶらしていたわけです。

まず、お話は去年の夏にさかのぼります。
前からこの造船所跡が気になっており、 去年の夏、T氏の車に乗せてもらって訪れたのでした。もちろんinko氏も一緒。このメンバー以外でこういうことを一緒にしてくれる人は居ませんね…。


2014年夏

P8165577_R

種崎の某廃墟を訪れる。
inko氏は後日きちんと中を探索したそうなので詳しいことはinko氏のブログをチェックしてください→ちみもうりょう

そしてそのまま近くにある造船所跡へ。

P8165614_R
高知の廃墟としては有名な部類だと思います。立派な建物です。

P8165619_R


そして今回はこの造船所跡を対岸から見てみた次第です。

2015年1月

P1030594_R
御畳瀬にある厳島神社にやってきました。長浜から御畳瀬へと続く一本道を最深部まで進むと行き止まりになっておりそこにある階段を上ると辿り着けます。
土台のコンクリ部分の造りはゼルダの伝説とかで出てきそうな感じだと個人的に感じました。

P1030597_R
正月の雪蹊寺、潮江天満宮に続いて3回目の初詣。鳥居をくぐります。

P1030598_R
床下のバケツが気になります。
この他にも敷地内に廃材?のようなものが多数置かれていました。
お参りを済ませ浦戸湾を眺めます。

P1030599_R

P1030601_R

対岸からの撮影に成功。
フェンスに遮られることなく見ることができました。惜しむらくは建物の壁面が日陰になっていることか。冬は太陽が南に傾いているので北西向きの建物を撮るのには適さないのかもしれない。理科やカメラに関しては詳しくないので間違ってたら申し訳ないです。

正月休みに高知成分を補給したので現在大放出中です。
それではまた。