宮崎鹿児島旅行に関する記事もこれで何個目でしょうか?多くて数え切れなくなってきました(5個目です)。
前回の記事→西郷公園

今回は、鹿児島県が誇る氷菓である「白くま」についての記事です。
白くまを製造している会社はいくつかあるみたいですが、その中でも「むじゃき」の白くまはかなり知名度が高いです。ましてや我々水曜どうでしょう好きにとっては言わずもがなの知名度ですね。
そんな「むじゃき」は鹿児島市の中心部にある天文館商店街にあります。

IMG_9178_R
鹿児島市は、私の住む高知市のように路面電車が通っています。ホテルへのチェックインを済ませたら路面電車で天文館まで向かいましょう。いつもの感覚で、車両に乗り込むなり乗車券を取ろうとしたのですが、無い
それもそのはず、鹿児島市の路面電車は全区間一律の料金でした。そこで改めて思い知るのが、高知の路面電車の運行距離の長さ。西は「いの」、東は「後免」、その距離は20kmを超えています。おっと、話がそれましたね。

IMG_9183a_R
電車から降りて天文館商店街を進んでいきます。

天文館むじゃき
IMG_9229_Ra
こちらが天文館むじゃきです。
通行人が多く、「ぼかし」がかなり雑ですがご了承を。

水曜どうでしょうでは「対決列島」に登場し、最終決戦用の白くまを調達するために大泉さんが走りました。その最終決戦は前回の記事に登場した「西郷公園」で行われました。


IMG_9187_R
持ち帰りの白くまには割と長い行列が出来ていました。

こちらのむじゃきは、建物の各階がそれぞれテイストの違う飲食店となっており、各階で白くまをいただくことができます。私はお好み焼きが食べたかったので、地下1階にある鉄板焼屋に入りました。

IMG_9223_R
ゴールデンウィークセットというお得なメニューがあったので頼みました。
付いてくる白くまはベビーサイズなのですが、ベビーとは何なのか?という問いを投げかけたくなるくらいのボリュームはあります。

IMG_9199_R
お好み焼きは自分で焼くスタイル。美味い。

IMG_9204a_R
食後の白くま(ベビーサイズ)。デカい。

IMG_9210_R
上から見た時に、レーズンがシロクマの目と口に見え、さくらんぼが鼻に見えるということから白くまと命名されたという説は良く聴きます。確かにシロクマっぽい。
美味しかった~。

IMG_9230_R
外に出て、しろくまちゃんを撮影しておきました。

IMG_9233_R
余談ですが、天文館むじゃきのすぐ近くにあるこの交番。
ファミ通の900回記念号の付録DVDで、ナッツ氏がゲームショップの場所を訪ねた交番でした。
ファミ通900号記念企画のDVD、結構好きで何回も見ました。内容としては、900号を記念して東京の編集部から900km離れた地まで行って900円でゲームを買うという馬鹿らしくて素晴らしい企画です。
興味のある方は、中古市場で出回っていたら迷わず購入して下さい。


桜島

せっかく鹿児島まで来たので桜島にも行ってみたかったものの、そんな時間もなく、対岸のウォーターフロントパーク(公園)から桜島を眺めました。

IMGP9552_R
こちらはフェリー乗り場です。奥には桜島が見えていますね。
早起きして歩いていきました。ゴールデンウィークの鉄則、早朝から行動して混雑を回避すべし。

IMGP9558_R
それにしても全然人が居ない。

IMGP9555_R
道中、NHKの鹿児島放送局がありました。
ブラタモリ鹿児島ロケの時にはタモリさんも立ち寄ったのでしょうか?

そして目的地に到着。
IMGP9603a_R
想像以上に大きい。そして、噴火しています!
うっすらと朝靄がかかっているようで、桜島はほとんどシルエットしか見えませんでした。けど逆にこれはこれで良いかも。

IMGP9572_R
早朝ということもあり、ウォーキングやジョギングをする地元の方々くらいしか居ませんでした。

桜島を見ながら朝のゆっくりとした時間を過ごせたのは良かったです。
以上、天文館むじゃきと桜島の記事でした。
次回は指宿です。