シグのSLG奮戦記

このブログは大戦略等のターン制シミュレーションゲーム(SLG)のプレイ記録がメインです。最近は昔の大戦略作品のプレイが多くなっています。


「うーん、ここの文章はもう少しどうにかならないかな・・・(ブログの更新中)」


「おお参謀長、ここにいたか。少しいいかね?」


「あ、はい提督。何かご用でしょうか?」


「実は少し頼みごとがあってな。・・・これを買ってきてほしいのだ」


「・・・ゲートウォッチの誓い?これは何ですか?」


「マジックの最新カードセットで、今度の週末に発売される予定だ」


「できればエントリーセットを希望する。参謀長も欲しくなったら買ってもかまわんぞ」


「いえ、私は別にいいですが・・・・・というか、艦隊の指揮は執らなくてもいいんですか!?」


「領収書はきってもらうのだ。艦隊からの経費で落ちるから心配は要らんぞ。ハッハッハ」


(人の話聞いてないし・・・)

こうして参謀長はパシられることになりました。

22日の金曜日にマジック・ザ・ギャザリングの最新セットが発売になります。週末に買いにいこうと考えていたら、このネタが思いついてしまいました。特に深い意味はありません(笑)もし興味をもたれた方がいたら下にリンクを貼りますのでご覧ください。
マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト


「参謀長、突然だがこのシリーズがまた再開されることになった。
 正月休みももう終わっただろうから、すぐ旗艦の艦橋まで来るように。」


「ええ! 何でまた突然なんですか。い、今すぐ行きます。」



「またこのように続けていければと思いますので、お付き合いください。
と作者が言ってました。」

前回の記事を見るとターン3(9/13 12:00)まで終わっているようです。一応スクリーンショットも残っていますが、内容についてはメモも取っておらず、すっかり記憶から欠落してしまいました。5ターン目からはメモを取っているのでそこまで繋げてみます。

ターン4
9-13-T4 (2)ミューゼル艦隊の影に隠れているミッターマイヤー艦隊からの攻撃を受けています。士気を示すゲージはお互い黄色レベルにまで落ち込んではいますが、まだ戦闘は続行できます。こちらも反撃をしたいのですが、ミューゼル艦隊とぴったり重なっているらしく、攻撃対象として選択できない状態です。なんだかインチキ(?)な感じがします。どうしたものか。
9-13-T4 (4)こちらはフォーゲル艦隊を攻撃。同盟側の戦艦はウランフ艦隊の旗艦「バン・グウ」です。このターンの攻撃でフォーゲル艦隊の士気はゼロになりました。

ターン5
9-14-T5 (2)このターンの移動終了後、すでに距離がかなり接近していた帝国第9艦隊に加え、新たに第1艦隊が突入してきます。パエッタ艦隊の部隊とすれ違う状態となり、どこが前線なのかさえ分からなくなってきました。両軍艦隊のほとんどが士気レベルも黄色に落ち込み、いつ終わるか分からない戦いになりつつあります。


「ふぅ。なんとかここまでつなげることができました。」



「うむ、参謀長ご苦労だった。では私はヘクスゲームをするので、次回からの記事もよろしく頼むぞ。」


「・・・・・」


(第15回に続きます)

↑このページのトップヘ