2020年01月03日

教会とお寺と神社に初詣のハシゴ その3

碑文谷八幡宮の参道入り口。
DSCF4559

この神社はお祭りや桜のシーズンに何度か訪れている。円融寺からは5分とかからない距離。それにしても都合よくキリスト教、仏教、神道が近くに集まっていたものだ。


参道を少し進むと行列で動かなくなった。
DSCF4560


ここが境内への入り口。
DSCF4562


中に入っても延々と続く参拝待ちの列。
DSCF4568

DSCF4566


行列に並ぶのは諦めて別の入り口から境内に入った。だから社殿ではなく少し離れた位置から心の中で「マンマンチャン・アン」。これは関西弁で子供が使うお参り言葉。
DSCF4569

幼い頃は祖母が近くの神社によく連れて行ってくれて「はい、マンマンチャン・アンしなさい」と言われてお参りしていた。ずっとずっと後になって祖母も他界してから「マンマン」は南無阿弥陀仏=ナンマイダ〜の幼児語で、つまりそれは仏教用語だと知る(^^ゞ




碑文谷八幡宮を裏側から出ると道路を挟んで「すずめのお宿緑地公園」がある。江戸時代中期から昭和の初めまで目黒区は竹林が多くタケノコの名産地だったらしい。スズメが竹林を好むのかはよくわからないが。
DSCF4574

DSCF4585


雑木林と広場と竹林のある約0.7ヘクタールの公園。
DSCF4573

DSCF4581

竹林が普通の公園とは違う特徴で、少し風情を感じることができる。なお現在の目黒区に竹林が多いということはまったくない。
DSCF4587


♫サザンカ、サザンカ咲いた道〜
DSCF4579

サザンカとツバキは品種的にも近く見た目はとても似ている。これは花が平べったいから、また時期的にもサザンカだと思う。自信はあまりない(^^ゞ



元旦の昼過ぎに思いついたキリスト教、仏教、神道の3宗教初詣。所要時間は2時間半ほどで、おせち料理の腹ごなしにはちょうどいい散歩だった。

碑文谷八幡宮は立ち寄った程度だったけれど、サレジオ教会では久しぶりに教会に中に入ることができたし、円融寺は自宅からすぐ近くに、古刹の雰囲気を漂わせるお寺があることを発見できたのが大きな収穫。それになんたって、3宗教をハシゴで初詣なんてした人はそうはいないだろうという無駄に誇らしげな気持ち(^^ゞ

きっとトリプルご加護で今年はいい年になるに違いない。
最後になってしまったけれど、新年あけましておめでとうございます。
2020






wassho at 08:40│Comments(0) イベント、旅行 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔