2020年03月24日

しだれ桜を眺めに小石川後楽園 その3

小石川後楽園は築山泉水回遊式の日本庭園。もっとも昨年の秋から今年にかけて訪れた六義園浜離宮庭園など、大名家の屋敷に造られた大名庭園は基本的に築山泉水回遊式である。

m3

その築山・泉水・回遊式だが、まず築山(つきやま)とは、土を盛ったり岩を積み上げたりして造った山に見立てた場所。

泉水(せんすい)は池のこと。日本庭園では池をお上品に泉水と呼ぶみたい。別に泉が湧いて池になっているという意味ではない。大きさを誇って大泉水という名前になっていることも多い。泉水ではなく池泉(ちせん)という言葉が使われる場合もある。

造園において土木工事レベルが必要になるのが築山と泉水。だからそれが2つ揃っていれば、それなりのスケールの庭園ということになる。

回遊式はその名前の通り庭を歩いて鑑賞すること。反対語は(言葉がヘンだけれど)鑑賞式で、室内やある定められた場所から眺める庭。大きな庭園は必然的に回遊式になる。お寺の枯山水なんかは特定の位置から眺めることが多い。

以上が言葉の説明だが、築山泉水回遊式なんて一言で定義できるくらいで、どの庭園も似たり寄ったりなのが難点。もっとも西洋式庭園にもいろいろと様式はあるけれど。



園内マップでシダレザクラと書いてあるところから、
右下の内庭というところへ向かって池沿いに進む。
101DSCF6191


少し離れたところから望む馬場桜。
102DSCF6195


池から離れて木立の間をつかの間の森林浴。回遊式の場合は、こういうエリアを設けるのがお約束。限られた敷地の中で、シーンの切り替え効果を狙ってのことと思う。
103DSCF6213


私の好きな「緑のモミジ日の光透け」。
104DSCF6217


内庭に到着。
105DSCF6219


カメ発見。
106DSCF6220


庭園を反時計回りに進んだのは、
この内庭のソメイヨシノが満開だとホームページに載っていたから。
107DSCF6223


まさに満開。
どうしてこの場所のソメイヨシノだけが先に咲くのかが不思議。
108DSCF6230

109DSCF6233

キレイだけれど、やはりソメイヨシノはほとんど真っ白だからツマラナイ。昨年はピンク色のサクラを見たくて、国立劇場にジンダイアケボノやコマツオトメを見に出かけた。しかし、たくさんサクラが咲いている圧巻の風景を眺めたいとなると、必然的にソメイヨシノになるのが悩ましいところ。



サクラを背景に入れながら、花より団子のバエる写真を撮ろうとする人(^^ゞ
110DSCF6236


これは東門。出入り口としては使われていない。江戸時代はこの門の向こうに藩邸が並んでいて、それに近い庭だからここが内庭と呼ばれていたらしい。
111DSCF6241


サムライが向こうから歩いてきそうだ。
112DSCF6245




内庭からメインの池に戻って。正面が馬場桜。
113DSCF6258


マツがたくさん植えられている広場に出る。
114DSCF6263

115DSCF6264


そこに1つだけ咲いていた白い花。
116DSCF6267


形だけ見ると八重咲きのウメのようにも見えるーーー。しかし今から咲き始めるのは季節的に合わないし、花の直径も5〜6センチあった。玉牡丹というウメに似ている気もするが、正体はよく分からず。
117DSCF6269



マツの広場を抜けたところにあったのは、水戸光圀が息子の嫁に農民の苦労を分からせようと作ったとされる田んぼ。美談のように聞こえるが、こんなわずかの面積で体験できることなんて、農民の苦労とはかけ離れていると思うけれど。
118DSCF6273

119DSCF6274

なお田んぼは手前の茶色い部分だけね。刈り取った稲を残しているのは、ここが田んぼだとわかりやすくするためなのかな。

名前の分からない木が2本。
122DSCF6280

123DSCF6281


これはアセビ(馬酔木)。
124DSCF6282


風景を楽しみながら進む。
125DSCF6279

125DSCF6287


シャガが咲いていた。アヤメの仲間のきれいな花。
126DSCF6293

127DSCF6297


これは藤棚だけれど低すぎないか? 特に手前のやつ。
128DSCF6298


低い藤棚のおかげで、フジの木を初めてマジマジと眺めることができた。
129DSCF6299

それにしても、まだまったく芽吹いていないが、これがあと1ヶ月ほどであのフジの花になるのか? それともこれは枯れているの?


遅咲きのウメが残っていた。ただしアップには耐えられない状態。八重咲きでかなり大きな花。サクラも八重桜は咲くのが遅いから。八重咲きは遅咲きと思っているけれど、その解釈で正しいのかな?
130DSCF6300


わずかに残っていた白いウメ。
白いソメイヨシノが好きじゃなくても白梅は美しいと感じる矛盾(^^ゞ
131DSCF6302


このあたりは花菖蒲やカキツバタの畑。
132DSCF6303


久しぶりに見た気がするタンポポ。
133DSCF6306


ーーー続く





wassho at 08:58│Comments(0) お花畑探訪 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔