2020年03月25日

しだれ桜を眺めに小石川後楽園 その4

シャクナゲの咲いている道があったので登ってみる。
134DSCF6309


シャクナゲはツツジと同じくゴールデンウィーク頃に咲く花のはず。これは早咲きの品種なのかもしれない。もっともこの日は最高気温21度と5月並みの気温だったけれど。まあとにかくサクラと一緒に見られて得した気分。
135DSCF6312

136DSCF6313


花菖蒲やカキツバタの畑、藤棚のあったあたりを見下ろす。
137DSCF6316


いったん下に降りて道を進むと円月橋という石橋があった。
説明を読むと江戸時代には高度な土木技術だったみたい。
138DSCF6327

139DSCF6328

しかし石をアーチ状に積む技術なんてローマ時代からあった。ピラミッドですら整然と積まれているのに、日本の城の石垣はどうしてガタガタなのだといつも憤慨しているが、もともと石を扱う文化がないから相当遅れていたんだろうなあ。


円月橋の脇から伸びる道を登る。
140DSCF6336


今度はピンクのシャクナゲ。
白よりは開花が遅いようで、また高い場所にあったので間近で見られず。
141DSCF6337


シャクナゲ多いなと思いながら歩いていると先ほどの白いシャクナゲのところに出た。同じ道だったみたい。


このあたりは道が入り組んでいて、この後も同じところをグルグル回ることが何度かあった。小石川後楽園で遭難したらシャレにならない(^^ゞ
142DSCF6345


しかし、こんな風に木を見上げながら歩くのは楽しくて大好き。
もっとも上ばかり見ているから道に迷うのかも知れないけど。
143DSCF6344

144DSCF6346


2本目に見たしだれ桜が見えた。
私が通った時よりかなり人の列が伸びている。
147DSCF6356


川縁に出る。
149DSCF6361


清水寺の音羽の滝になぞらえたとある。
それにしても、どれだけ京都ラブやねん。
150DSCF6364


もっとも説明にあるように滝はなく水が流れているだけ。
151DSCF6367

小石川後楽園には、もうひとつ白糸の滝もあるのだが修復工事中で近づけず。
そちらは高さ1メートルほどの滝があるみたいだ。


下流に見えるのは最初に渡った渡月橋。
ということはこれは大堰川だから、清水寺の音羽の滝にはかなり無理のある設定(^^ゞ
152DSCF6372


川沿いを歩いて渡月橋を渡り、4本目に見た一番ピンク色の濃いしだれ桜をもう一度。
153DSCF6378


2本目のしだれ桜を写真に撮ろうとする人々。
154DSCF6380


馬場桜の近くに戻ってきて、立派なマツを眺める。
昔はやった「命!」というギャグのポーズに似ているかも。
156DSCF6401


この説明によると池は琵琶湖を模していて、このマツも唐崎の一本松に見立てているらしい。唐崎は近江八景のひとつでマツが有名なところ。京都をはじめ各地の景勝地になぞらえた造園が大名庭園の特徴のひとつ。
155DSCF6402


これはソメイヨシノ。内庭のと違ってこの周りのはすべてまだ3分咲き程度。
DSCF6389

ソメイヨシノはソメイヨシノ同士で交配できず、接ぎ木でしか増やすことができない。だからすべてのソメイヨシノは同じ遺伝子を持っているので、同じ条件のエリアなら同じ時期に咲くというのが通説。もちろん多少の個体差はあるとしても3分咲きと満開では違いすぎる。内庭のはソメイヨシノと何かの混合品種じゃないかというのが私の推測。それが正しいという自信はまったくないが。


メインの池から張り出している小さな池が蓮池と呼ばれていて、そこにもしだれ桜がある。これはまだ若木でかなり小さい。
DSCF6394


本日5本目で、これが最後のしだれ桜。
DSCF6395


他のしだれ桜と較べてかなり色が白い。
DSCF6400


最近よくやる逆光での花の撮影。もっともカメラの設定で何か工夫をしているわけではなく、キレイに撮れますようにと願いながらシャッターを押しているだけだけれど。
DSCF6408

DSCF6412


というわけでしだれ桜花見は終了。思っていたより花数が少なく、有名どころのしだれ桜のように豪華絢爛という感じではなかったが、それなりに楽しめた1日だった。


西門に向かうと売店は行列でふさがれて、何を売っているのかも分からず。
DSCF6433


午後1時頃に来た時は入場券を買うのに10人ほどが並んでいる程度だったが、帰りの3時過ぎには敷地の外までの行列。
DSCF6435

DSCF6436


これなら最後尾のプラカードも活躍。
DSCF6438

コロナの影響でお花見を取りやめた人が多く、でもあまりのいい天気に我慢できなくなり、この時間になってやってくる人が増えたのだろうか。

今年はほとんどのところでお花見宴会が禁止らしい。
静かに楽しみましょう。



おしまい




wassho at 09:18│Comments(0) お花畑探訪 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔