2017年09月19日

今回は写真が少ない 2017Olympia に 行ってきました

09年を最後に 遠ざかっていた Olympia に 行ってきました

結論から言うと

ただ 1ファンとして コンテスト観戦を楽しみたいなら Olympia です

アマチュア選手 としての勉強 あるいは トータルで色々 見たいので あれば アーノルド クラシックですね

私事ですが 07と09にOlympiaに行ったのですが

09年に Olympiaに 行った時は その年は 色々な事が 重なり

Olympia観戦は さらに その上に 濃厚な 重ね塗りを私の 脳裏に感情に存在に してくれました

本当 言うと 指導中心の仕事から 色々なツールの 開発に自分の情熱の かなりの割合をシフトしようと 考えていたんです

その考えを 一新させたのが 09年の 色々な出来事と Olympiaだったのです

その年は まだ ビキニ と メンズフィジィーク 女子フィジィーク クラシックフィジィーク は ありませんでした

ビキニは 今の モデルサーチの 前身のような物しか無かったです(ビキニも普通の水着でしたよ)

その時に 私が確信し予測したのは

◎女子のボディビルは無くなり フィギュア選手がポージングするようなカテゴリーが出来るだろう

◎男子は行き過ぎた筋肉肥大とは別に サージ ヌブレやフランク ゼーン 須藤孝三のような体が評価されるカテゴリーが別に出来るだろう

◎フィギュアは ますます人気が出ると 並行して フィギュアとは別に アメコミみたいなのを 競うカテゴリーが 出て来るだろう

って 事なんです

全て 現実になりました

女子はボディビルが事実上無くなり フィジィークへ

メンズフィジィークの出現から さらには クラシックフィジィークの誕生

フィギュアは それまでの ソフトボディビル的な要素から ビューティーアンドロイド路線へ

そして ビキニコンテスト

自分でも 気味の悪いくらい 予想が的中しました

09年 特にフィギュア

これこそが 本当の鍛えた女性像だと 思いました

それまで 海外のモンスター女性ボディビル

日本の 女の干物 栄養失調のオッさんがビキニ着たの 干し首にカツラ乗せた 路線から

女子のボディビルって 観戦を真面目にしてなかったんですよ

そんな 私に 衝撃を与えてくれたのが

image

こちらの Meriza Deguzman でした
image
※写真はどちらも09Olympia※

今は フィギュアやビキニの指導者として 有名ですが

彼女はアジア系のアメリカ人で 彼女こそ

アジア人のお手本であり 日本人女性の目指す姿だ と 思いました

その辺の事は 過去にも随分と書きましたので 省きますけど

とにかく この年が 私の 競技に対する考え方を変える事になり そのとどめが Olympiaの観戦でした

でっ 今年ですね

まあ 観戦 エキスポに関しての 感想は 他の方と大差は無いので 他の方の手記を見ていただくとして※今年は日本人の観戦者が多かった IFBB最高峰のコンテストなのに JBBFからは…まっ いいか※


http://www.ifbbpro.com/results/2017-olympia-scorecards/
※審査表※

私が 見てて とても 面白かったのが

クラシックフィジィークですね
image
まだ 日本では 馴染みの無いカテゴリーですが どの 選手もカッコいいです なんと言いますか 自然にカッコいいんです

モンスター化した 普通のボディビル は もうなんだか 解らないくらいなんですけど

クラシックフィジィークは パンツを改良したら これは メンズフィジィークくらい 人気が出ると思います

このクラスもっと 認知されたら 日本人選手もっと 世界で活躍出来ると思います

次にフィギュアですね

本当にカッコいい クラシックフィジィークは 目新しさもあって 今回 興味が出てきましたけど

全カテゴリーの中で フィギュア=ボディフィットネス が 1番面白くて カッコいいです
image

image

超かっこいい です

日本では ビキニの選手が急に増えたので そちらの対応の影響か? ちょっと開催が少ない ボディフィットネスですが

今のビキニ選手から フィギュアに転身組が 絶対に増えますので

もっとボディフィットネスの大会を開催する事を見越して 主催者 審査委員の方には

もっと もっと もっと

フィギュア=ボディフィットネスを観戦 研究して欲しいと 思います

image

※現実に今年の東日本ボディフィットネスでは ビキニから転身の佐々木うさこ(お菓子ファイター)が優勝してます これからどんどん転身組が増えます※

先日のアマチュア アーノルドクラシックでも
秋山 照井 ベッツ の 3人の日本人が フィギュアで トップ5に 入っています

もっと 日本は フィギュア=ボディフィットネスに 力を入れるべきです

世界に向けて 女子の活躍が 1番期待出来るのが フィギュア=ボディフィットネス です

さて

Olympiaも アーノルドクラシック同様に

メインホールとエキスポ会場の両方で試合が行われます

image
エキスポ会場のステージはこんなで
image
審査委員席からは こんな感じです

メインホールは
image
ステージから審査委員席まで かなりの距離があります※小人博士が手をあげてるのか 審査委員席の列※

何回も書いてますが 世界で通用する日本人選手を出したかったら

審査委員席の位置を 変えないとダメです

どのカテゴリーもそうですが

アウトライン プロポーション セパレーションの トータルバランスを 正当に評価するには 距離が重要です

そこ いい大人が 何人も集まっても 改善出来ないようだと 本当に駄目です

IFBBのパウエル氏の発言 アーノルド発言が 追い風に なって ここ数年 再び日本人が世界で活躍するようになってきました

審査委員席が近いと アウトライン プロポーションの評価が おろそかになり

カット中心 あるいは 元々の体の大きさの評価に 傾くのは

ほんの少しの 美術(いや小学校の図工レベルでもいいや)的な知識があれば 誰でもわかるはずです

これから 日本は世界で通用する 評価される選手を 出す事に 今まで以上に 力を入れる時期に来ています

とにかく 関係者には アーノルドクラシック Olympia を 観戦して欲しいと 思います

そうそう 今年 はじめて アマチュア(一般公募のモデルサーチとは違う)Olympiaをビキニだけだけど観戦したんですよ

こちらも 優勝者には プロカードが出るんですけど

会場は小さかったけど 審査委員席は 最前列でしたが ステージの奥行きを タップリ使い 選手を後方に位置していました

審査委員から選手までの距離というのは 国際的には 当たり前の事なんですよ

それから 選手のゼッケン番号

身長順 いい加減やめた方がいいです

当然 アーノルドクラシックも Olympiaも アマ・プロ 共にそんな事やってませんよ

選手の新陳代謝が 激しい ブロック大会なら まだ 良いですけど

日本選手権 日本クラス別 ジャパンオープン オールジャパンは ゼッケン番号は ランダムにするべきです

日本選手権の名簿が出ましたけど
image
image
毎年毎年 同じ選手が隣り合わせです

これでは 選手も観客も新鮮味がありませんし

審査委員も 先入観を払拭しにくいと 思います

これも いい加減 考えないと いけませんし

ただでさえ 高校選手権 Jr.選手権 と 同日開催で 後半の審査が雑になっている ここ数年 マンネリが先入観を払拭する事を邪魔している事に拍車をかけています

今年の日本選手権では ゼッケン番号をランダムにして さらに 比較審査にタップリ時間をかけて欲しいですね

昨年だと 女子はフロントWバイセップスとサイドチェスト 男子はフロントWバイセップスだけで 評価をしたような 雑な審査でしたからね

現実には無いでしょうけど 比較審査の時にポーズの順番変えたとするじゃないですか

例えば バックのWバイセップスからやるとかね

そしたら ここ数年の日本選手権の審査なら 大きく順位が変わると思います

本来はどんな順番でやっても 変わらないのが審査なんですけど

あの進行なら 無理ですね

でっ なんだっけ?

そうそう 審査委員席の位置ね アマチュアOlympia アマチュアアーノルドクラシック も 審査が凄く早いんですけど

審査はかなり的確なんです

それって 審査委員席の距離が 凄く重要なんだと思います

だって 近いと 審査委員は 右に左に 頭を クルクル向けないと 審査出来ないですよね

距離が あると すぐに比較出来ますよ

ですから 造形的な判断 左右の判断を 正確に行う事を考えたら 時間短縮も含めて

審査委員席から 選手までの距離って 物凄く大事なんです

そんな事 私が言わなくなって 解りそうなんですけどね?

でっ Olympia 凄く楽しかったですよ

でも 09年のような 大影響は無かったですかね

そうそう エキスポ会場が アーノルドクラシック程は 混んで無かったので いろんなブースを 回りました

でっ 試供品のサプリメントが 山のようにあります

当然 海外サプリメントですから 国産とは いろんな意味で違います

欲しい人はあげますけど 何があっても私は責任を持てません

欲しい人は 明日以降 ジムで声をかけてください

繰り返しますが 私は何も責任は持ちません

日本に帰ってくると 日本食の美味しさに感動しますね

image
アメリカでは こんなでしたけど あんまり美味しくは無いですけ

やはり
image
これです

帰国しての最優先事項です
image
メチャクチャ美味しかったですよ

明日から また 頑張ります



watanabe_dojo at 14:05|この記事のURLComments(4)

2017年09月18日

ちゃんと名乗り出てみたら

さてと モヤモヤ と 波紋が 治りませんが

こんなのとか


image


5.誰も分かっていない!

ご参照下さい。

【精神論は】安井友梨さん擁護スレ 擇断り】
https://mao.2ch.net/test/read.cgi/muscle/1505370892/l50
2017年09月16日 23:10
6.誰も分かっていない!

ご参照下さい。
本件の『問題の本質』が分かると思います。

【精神論は】安井友梨さん擁護スレ 擇断り】
https://mao.2ch.net/test/read.cgi/muscle/1505370892/
2017年09月16日 23:14

こんなコメントが来てますけど

image


コメント1

1.誰も分かっていない!

勘違いしてはならないのは

”JBBF競技規程>ジャッジメンツミーティングが最終的に下した判定”

だということです。

今回の判定に批判的な者の中には、”なんで審査員の判断がルールよりも上なんだ?”会場で関係者が遅刻は失格といっただろ!
だから安井は失格だろ!”というものもいますが、これは全くの”錯覚”で、JBBF競技規程では、
本件のように”退場”とすべきかどうかの協議が必要になるような事態が発生した場合、
審査の最終判断はジャッジメンツミーティングでの結論によることが規程されています(28条)。

本件でも、審査員のどなたかが安井さんを退場にすべきとの動議を緊急的に提出したのでしょう。動画でも
確認できますが、そのために競技、審査を中断してジャッジメンツミーティングが実施されました。
これは規程上審査員会の正当な業務行為です。

その”結果”、安井さんを即退場にすべきとの動議は却下され、あのような判定になったのです。それでも
一部の選手やその他のものにモヤモヤ感が残るのは審査競技の特徴ですが、このような感情論はJBBF競技規程
の前では”無力”としか言いようがありません。

いちいちこのような感情論を事後的に競技主催者側が聞いていては、競技団体として秩序を維持できませんので
この点も規程には”あえて”規定されています。つまり

”審査委員会以外のいかなる立場の者も、 審査委員の判定に抗議したり再審査を要求することは”できない”(27条)

現在抗議サイトで署名を集めているようですが、その宛先はJBBFではなくIOCやJOCですから、いわば
”上から”圧力をかけてもらおうということでしょう。しかしながら、IOCやJOCがJBBFなどの下部組織の競技ルールにまで
手続き上いちいち干渉する権限も義務もないので、おそらくこのような抗議サイトは奏功しないと思われます。
2017年09月17日 14:09

前の署名活動も ここに書いた人も

『自分が誰か!』を 明かしてません

大層な御託を並べても これではね

なんなら どこの誰か 調べますかね?

大儀があるのなら 自らを明かすべきです!

これじゃ 公衆便所の落書きです

さらに もともと 便所の落書きのサイトあたりを 無記名で 書いて来ても なんの効果も 無いです

発言するなら 己を明らかにしろ!

です

帰国早々 気分悪いな


watanabe_dojo at 16:11|この記事のURLComments(0)

2017年09月15日

ひよ娘 世界に?

image

image
いつも いつも 過激な発言の
image


『ひよ娘』ですが

image
本家の

『DJ-ひよこ』よりも先に 世界に進出です

今 ラスベガスに 来てるのですが

あっ

Olympia 観戦の為です

その Olympiaの 前夜祭イベントである

『Meet The Olympia』で 事は起きました

このイベントは 出場プロに 直接 会えるという スペシャルイベントなんです

様々なプロのブースに 行き 一緒に写真を撮ったり グッズを購入したりと

楽しい イベントです

image
サディックと

image
ジェレミーと
※凄い人気でした※

我々は とても楽しいですが 会場にいる選手は このイベントの 翌日 あるいは 翌翌日に 試合を控えています

その中で 人気選手 強い選手は

立ちっぱなし ファンと写真を撮りっぱなし サインを休みなく書きます

image
王者 フィル ヒース 行列が凄かったです

プロっていうのは

強くなれば 成る程

人気が出れば 出る程

時間との闘いが シビアに成り

その中で 自分を高めて 勝たなくては成りません

そして 試合の直前であっても ファンにサービスが 出来なくてはいけません

物凄く大変な事だと 思います

他にも 沢山写真を撮ったのですが それは また 別の機会に

でっ 『ひよ娘』です

image
こちらの選手

『ダニー』の 相性で 大人気なんですけど
※楽斗愛洲ではない※

何をしているかというと
image
長蛇の列は 人気選手なので当然として

サインも写真撮影もするんですが

なんと ファンの1人1人に 自分のウェアに サインを貰ってるんです

一緒に写真を撮る時も ファンキーで

image
小人博士とマスキュラー

image
私とは こんなです

でっ
image
私も書かせていただきました

これです
image
下書き無しの一発勝負ですけど まあまあ ですね

なんと この選手 ファンのカメラだけで無く 御主人も こういった様子を 1枚1枚 撮影してるんです

そしたら『ひよ娘』の事を 凄く気に入ってくれたようで 色々聞かれました

スマホの『DJ-ひよこ』の 数々の記録を見せたら 大笑いしていました

主役の DJ-ひよこ より先に ひよ娘 が さきに 世界に出ましたね

さて 明日から エキスポとコンテストが 始まります

2009年以来 久しぶりですね

今回は 『ボディビルディング誌』の 皆さんと 一緒なので とても楽しいです

頑張って 収穫のある 旅にしたいですね


watanabe_dojo at 14:17|この記事のURLComments(0)

2017年09月12日

2017 いろいろ コンテストを見て思った事

http://chn.ge/2wPbSxe
こちらの署名活動については 読んでみるとわかるけど 今回の件をかなり詳しく調べて書いてあります
ただ 発起人が自らの氏名を明かしていないので 活動としてどこまで有効なのかは わかりません どう対応するかも 皆さんの判断です

さて

オールジャパンからの モヤモヤから 開放されることなく 今日に至ります

さて この オールジャパン 男子の部も引っくるめて ちょっと ? な 決まりがあります

まず 女子ボディフィットネス

オーバーオール優勝者なら 解るのですが

クラス優勝者 も ジャパンオープンに 今後 出場出来なくなります

男子ボディビル も 女子フィジーク も

日本選手権優勝者以外は 日本クラス別優勝者でも 出場出来ます

男子フィジーク ビキニ は 過去に オールジャパンで 各クラストップ3に 入ると

東京 メンズフィジーク ビキニには出場出来ません

日本クラス別 オールジャパン の 各クラス 優勝者が 他の国内大会の クラス別に 出場出来ないのは 理解出来ます

しかし どうして 男子ボディビル 女子フィジークの 日本クラス別 各クラス優勝者は ジャパンオープンに 出場出来るのに

オールジャパン 各クラスの ボディフィットネスの 優勝者は ジャパンオープンに 出場出来ないのですかね?

オーバーオール は オーバーオール

クラス別 は クラス別 で

出場規定 が それぞれ 違うのが 本当では ないですかね?

そこんとこ 規定を統一 すべきですよ

いや 統一されても 日本クラス別の優勝者が ジャパンオープンや 他のオーバーオールの大会に 出場出来なくなるのは 駄目ですよ

私が 言いたいのは オーバーオールである

ジャパンオープン で どうして クラス別の 過去の成績が 出場資格に影響するのか?

って 事です

各クラスの トップ選手が オーバーオールで 激突するから

ジャパンオープンは 面白いんですよ

上にも書きましたが

今年の 東京選手権 ビキニも メンズフィジィークも オールジャパンで過去に3位以内に 入賞すると 出場出来ないという決まりがありました

オールジャパンの新しいカテゴリーは 出れば 入賞 という時も あったので この 決まりは かなり 乱暴というか 強引に感じました

でっ もうすぐ 開催の東日本選手権ですが

この試合 誰がルールを決めてるのか解らないんですが 過去に優勝しても また 出られるし

オールジャパンのオーバーオールの優勝者が 出場しても 良いんですよ なんか変ですよね

オーバーオールとクラス別 は 切り離して考えるべきですし

地方大会と 全国大会 それぞれの 役割を はっきりさせるべきだと 思います

それから

今までは 良かったですが オールジャパン 各カテゴリー かなりレベルアップしてるので

いい加減 出場資格を決めた方が 良いですね

最後に繰り返しますが

オーバーオール優勝者なら わかりますが

クラス優勝なら ジャパンオープンの出場が出来るようにしないと変です

日本クラス別の優勝者は出場出来るのですから

なんか すっきりしません
watanabe_dojo at 15:13|この記事のURLComments(1)

2017年09月10日

2017 9/3オールジャパンの波紋は 続く

前の ブログに こんな コメントを いただきました

以下コメント

こんな署名活動が起こっているようです

公益社団法人日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)へ正当な大会運営、審査を行ってもらうための抗議
http://chn.ge/2wPbSxe

image

まあ こうなるだろうな

他にも かなり 正論と思える コメントが 入ってます

この日に限って 全国大会にも関わらず 他の競技にもパイプ・繋がりのある 理事の姿が見え無かったのが 悔やまれます


watanabe_dojo at 15:48|この記事のURLComments(6)

2017年09月06日

お知らせ

みなさん よろしくお願いします
image

セミナーを 行います
image

今回は また いつもと違った 実践的な 内容にしようかと 思ってます

スペシャルアシスタントに
image

秋山選手が 登場します

新種目
image

『swing shoulder squeeze』が 炸裂します
watanabe_dojo at 12:09|この記事のURLComments(0)

2017年09月05日

2017 9/3 オールジャパンジャパン後のモヤモヤは続く

昨日まで大阪にいたので 本日より仕事再開です

でっ 今朝 ジムに到着すると

パワーリフターの T選手が 開口一番!

「実さぁーん 集合時間に 来なくても失格にならずに 順位が付いちゃう 競技知ってるぅ〜?」

… っと

すんげぇ〜〜 皮肉です

その後 大真面目に

「パワーリフティングで 試技の時間に いなかったら 速攻 失格ですよ
なんで そういうの わからないのかな?」



言いました

彼の この 一言が 全てを ものがっていると思います

image
一昨日のコメントから
image
昨日のコメントから こんな 意見も 頂いています

事の起こりは 皆さん もう 御存知だと思いますので ここで グチャグチャ おさらいするのは 控えます

要点だけ

まず 散々 呼びかけて 来なかった 選手を かなりの長い時間 待っていました

でっ 来たと思ったら そのまま 試合に参加させます

選手は ゼッケンも付けていません

審査が終わると

image
審査員 役員 会長 までが このような状態のまま 30分以上 協議を 続けます

ただでさえ 進行が押せ押せで

試合中も 選手を急かしまくっていたにも 関わらずです

この後は オーバーオール審査と表彰式なので 舞台裏で 選手はコスチュームのまま待機です

出た 結論は

『問題の選手のクラス優勝は認めるが オーバーオール審査には 参加させずに そのカテゴリー2位の選手を オーバーオール審査に参加させる』でした

会場からは 物凄い ブーイングでした

これは かなりの 無茶苦茶な 結論です

何人かの選手に 聞いたところ

今回 舞台裏では 試合開始前に

「集合時間になってもいなかったら即失格」

「パフォーマンスが長引いたら 減点」

と 厳重注意が あったにも 関わらずにです

本来なら 最初の呼び出しで いなかった時点で失格にすべきです

今回の試合は 世界大会の選考会を兼ねているのか ネックなのでしょう

と いうのは その選手 誰が見ても断トツ優勝で

私から見ても 現段階の 日本のビキニ選手で 世界に通用しそうなのは

今回の参加選手の中で この選手だけだからです

ここで JBBFの視野の狭さが 浮き彫りになりましたね

他のスポーツでは 選考を考えた 試合でも 優勝者が 必ず 代表になるのか? と 言うと そうでもありません

試合の結果は結果で 代表選考は 試合の結果・順位は 選考対象の一部で 決定権では 無い 場合があります

なんらかのアクシデントで 途中欠場とかになっても 今までの 実力が選考対象になったり

同じ理由で 2位 3位の 選手が 代表になるという事 が あります

ですので ここで 失格にして その選手には なんらかの 警告ないし ペナルティーを与え

代表選考会議では この日の実力を認めて ペナルティーとして 派遣では無くて 自費参加なら 代表となれる とかに してしまえは 良かったんですよ

ただでさえ 押せ押せでの進行なのに ルールを捻じ曲げて 選手を待ち

ブーイングが あったら 30分以上も 協議する

そんなの 聞いた事ありません

コメントにも あったように

こんなだから 他の競技から 馬鹿にされるんですよ

この日の試合は ライブ中継で 全国配信されていて

この 大失態の時間も 中継されてしまったそうです

以前にも こんな問題がありました

http://blog.livedoor.jp/watanabe_dojo/archives/52058733.html
試合で使う楽曲の『著作権問題』について 書いたのですが

捉え方によっては

ドーピングは駄目だけど かっぱらい(楽曲の無断使用)は 良い

と 言っているようなもんです

こんな事 ばかりやってたら 本当に 後発団体に

『IFBB JAPAN』取られちゃいますよ
※現にアジア ヨーロッパでは あったからね※

それから 今回の その選手ですけど 私は その選手の事を 個人的にも面識もありますし

実力も人柄も 素晴らしい方です

でもね それとこれは別にしないと 駄目でしょ?

当日 何人かの選手と観戦してたけど

その選手達には
「君らが やむおえず ああいう場面に直面したら 速攻 謝罪と試合を辞退してください」と 言いました

ただ 並みの選手だと 待ってはくれなかったでしょうね 呼び出して いなかった時点で 並みの選手は 失格&なんらかの処分 だったと思います

本当に 試合の最後の最後で モヤモヤしました

まだ モヤモヤしてますけどね

肝心の 試合のレポートは 気が向いたら書きます
watanabe_dojo at 11:09|この記事のURLComments(14)

2017年09月04日

2017 9/3 オールジャパン 終わってモヤモヤしてます

アパッチパンツ軍としては

1位 2人
5位 2人
7位 1人
10位 1人

と 選手の皆さん 検討してくれました

ただ 明らかに ポージングで 順位を落とした 選手 も いたのと

計画性・理解力 に 改善が必要な 選手もいたので

喜んではいられません

私自身が もっと しっかりしないと いけませんね

JOYさん
image
3度目のクラス優勝

秋山さん
image
念願の初優勝

ですが

JOYさん 秋山さん 共に 反省点 新たな課題 が 出て来ました

ここは 気合い入れて 次に向かって 進まないといけません

2人に限らず 全員に言えるのは

試合なんてのは 終わってしまえば

次の為の資料にすぎません

悔しいだの なんだの 言ってないで

何を 改善して 何をするのか

今 何をするのか?

3日後は 1週間後は 1ヶ月後は 3ヶ月後は 半年後は?

何をして どうなってるか?

そこ 出来ないと 大した進歩は期待出来ませんからね

早速 今日から始動です

ここで 次に向かった ビジョンがあるか無いか? 大きな差になります

ここ 頭の回転『気づき』が 重要です

ただ 人の話を フンフン と 聞いてるだけでは 駄目です

気づける ための 材料は そこら中に バラまかれて いますからね

どんどん 気づいて チャンス・運気を 引き寄せてもらいたいですね

「さあ やるぜぇ〜」と 息巻きたいとこなんですが

昨日から モヤモヤしてて なんか

喜べないし バリバリ 行けてません

それって 昨日の もう皆さん御存知の あの件 が 原因です

えっ! わからない

では 後ほど 書きますね





watanabe_dojo at 17:20|この記事のURLComments(2)

2017年09月03日

2017オールジャパン結果です

http://www.jbbf.jp/Taikai/2017_Taikai/170903_Ms.Fitness/2017_AllJapan_Fitness_Result.pdf

小人博士とJOYさんが それぞれ 優勝

アパッチパンツ軍 の 他のメンバーも 大健闘なので

万々歳のはずが

茶番のおかげで 気分が悪い!
watanabe_dojo at 20:53|この記事のURLComments(2)

2017年09月01日

2017 ジャパンオープンを見て その2

前回も書きましたけど

ジャパンオープン 男子ボディビルの部

エントリー 68人を まず 20人に 絞り

そこから ピックアップ審査で 12人を決めます

最初の一回で 一気に 48人を 落とす事になります

前回書いたように 私はここだけ 見られなかったんですよ

会場に向かう電車の中で 途中経過が LINEに入ってきます

『赤澤 木村 浅野 仲泊 選手が目立っている』と ありました

やきもきしながら 会場に 到着

クラシック部門のピックアップ審査が 始まっていました

クラシック部門の予選が 終わり

いよいよ ジャパンオープンの予選です

ボディフィットネスの ピックアップ
女子フィジィークのピックアップ

と 続きます

男子のピックアップ審査となり 68人から選ばれた 20人の顔ぶれを見ると

かなりの強豪でも 20人に残れなかったのが 解ります

さらに ここから 12人に絞り込むのだから大変だな と 思いました

男女ボディビル 女子フィジィーク 共に

今回は 規定ポーズに難ありの選手と 仕上がりが甘い選手には かなり 辛口な審査のようです

ボディフィットネスは 前にも書きましたけど

┃ЛΝキき↓



´↓きキΝЛ┃

と 並び替えるだけで

男子ボディビル 女子フィジィークのような

キき↓´┃Л

と いう 並び替えがありません

これは どうにかして欲しいと 思ってるのは 私だけではないと思います

端の選手はずっと端 これは 公平とは言えません

さて

審査結果は 皆さん もうご存知 と 思います
image
女子フィジィーク

トップ3は 解りやすかったですね

4位以下は かなり審査が難しかったのでは無いでしょうか?

ボディビルからフィジィークに 変わり

審査する側 選手 見る側も やっと慣れて来たのかな?

と 見える部分と

認識がまるで 変わってない

と 見える部分が

まだ 交差している 感じですね

パンフレットにも 競技説明が ありましたけど

審査の前に 説明と言うか 確認があった方が

見ている側 も 審査する側も 気持ちが整理出来て 良いのでは?

と 思います

続いて
image
男子ボディビルです

レベルも高く 人数も凄かったですね

赤澤選手 かなり辛口の 評価でしたね

確かに 昨年今年の 日本クラス別の時よりも ソフトな感じが ありましたけども

それでも もっと 上位かと思いました

優勝した 木村選手と並んでも それ程 見劣りしなかったので この順位は 意外でした

仲泊選手 クラシックとWエントリーでしたけど 仕上がりが 凄かったのと 仕上がりだけで無く 全体的なバランス ポーズも かなりの進化を 見せていました

今回 試合全体の審査の流れを 大きく変える程の インパクトでした

クラシックは オーバーオールも優勝でした

ジャパンオープンも もっと上位かと思いました


昨年の日本選手権 ファイナリストでもある

辻田選手 昨年程の インパクト がありませんでしたね

なんだか 体のハリも無かったように 見受けられました


浅野選手

物凄く 良いんですけど

欲を言うと 「きゃ〜」とか言ってしまいそうな

一時の 千両役者ぶりが無いですね

かつての『燻し銀の伊達男』ぷりを 見せて欲しいです

この 選手は もっともっと 凄い力と魅力を持ってると 思います


木村選手

久しぶりの登場です とにかく凄い!

『浪速の斉天大聖 岩石男』健在

モリモリ ゴツゴツです

普通の選手に ブロック肉を乗っけたみたいでした

日本選手権が 楽しみです


しかし このジャパンオープン 男子ボディビル

他の試合と 全然違います とにかく 見てて 面白いです

一回 上位に行っても 次は そうとは限らない シビアな試合です

予期せぬ選手が いきなり 現れる 楽しさも あります

ただ 見てて 気になったのが

昨年より 規定ポーズが 変更になったのですが

変更前の ポーズのままの選手が 結構いました

審査員からの 注意も あったような 無かったような 感じでしたね

こういうの しっかりと 選手 も 審査員 も 観客にも わかるように して欲しいですね

続いて
image
ボディフィットネス
今回の 長丁場の 影響を1番受けてしまったのが この カテゴリーだと 思います

そもそも 10:00〜19:30までの 長時間

審査員の交代無しなんてのは 無理ですよ

採点表を見ると 凄く良く解ります

ずっと ボディビルの 審査をしてるから

『ボディフィットネスの審査しないで』

『ボディビルの基準で 見てる』

審査員が 何人かいます

先程も 書きましたけど

カテゴリーの説明は パンフレットに書いてありますが

カテゴリーが 変わる毎に 説明 確認 が 全体的に必要ですよ

image
書いてあるのと 審査が違う と 思うのは 私だけでは無いはずです

と 言うか 繰り返しますが 審査員の交代無しは無理です

でっ ボディフィットネスですね

まず 北野選手

久しぶりの登場です

でも ブランクなんか 関係無い 今の競技スタイルに 合わせて来ています

この選手 何度か お話した事が あるのですが

物凄く 頭が切れます 数分で 並みの選手 数日分を 吸収してしまいますね

目の付け所 も 良いです

もっと 上位かと 思いました


太田選手

この 選手も 今回の流れで 本来の評価をされなかったのでは?

毎年 良くなってますね

積極的に 他のカテゴリーにも 挑んでいるようですが どっち付かずにならずに

競技力up しています

視野を広げる とか 経験を積む ていうのは こういうのを 言うんですよ!

出たがり君! 解りましたか?


さて

小人博士=秋山選手

残念無念です

なかなか 手が届きません

次の オールジャパン で 巻き返しを はかりたいですね

ジャパンオープン の 感想は こんなですね


あっ そうそう

クラシック部門 パンフレットに 身長別の名簿があるだけです

クラシック部門についての説明が無いと 解らないですよ

今回 観戦初心者が 何人かいたんですけど

パンフレット見ても 解らないと 言ってました

初めての人が 見ても 解りやすい ようにして欲しいです


watanabe_dojo at 08:56|この記事のURLComments(0)