2017年05月24日

ボディビルディング7月号

image
おっ 懐かしい写真!

でも バックナンバーでは ありません

ボディビルディング誌 7月号の 表紙でございます

ナルシス山本選手のインタビュー記事出ているのですねぇ〜〜

image
マイク宮本さんの アーノルドクラシックのレポートも必見ですよ

image
私の連載も しっかり出てます

今回は 下半身=脚 の 裏技ですが

今回のをマスターすると 背中や肩の トレーニングも 進化しますよ

さらに
image
菅原JOYさんが 先日のセミナーについて 書いてくれてます

しかし JOYさん 文章うまいですね

彼女は 選手としても優秀ですけど ウオーキングやメイクの指導にも長けていますし

歌まで歌います

こうでなくてはいけません

選手は 現役の時から

喋れて 書けないと 駄目です


その他にも 内容 盛りだくさんです

みんな 買ってね

watanabe_dojo at 18:05|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年05月16日

こちらにも 出てます

アイアンマンブログにも出てます
http://blog.livedoor.jp/ironmanjapan/

image
この表紙です 皆さんよろしくお願いします

image
しかし よく 頑張るなぁ〜

image
モリモリですね


watanabe_dojo at 22:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年05月15日

あなどれない… これは 凄い

ちょっと 調子の悪い クライアントさんがいて

季節の変化で 体調が 今ひとつ

食事が 思ったように 摂れません

さっぱりとした物 なら なんとか?

とっ 思い

冷たい麺類 なんかと 温泉卵 から…

とか 考えたんですけど

その方 小麦粉アレルギーなんです

でっ ツルツルっと 行ける 麺類って ほとんどが 小麦粉 から 出来ているでは無いですか?

蕎麦なら 大丈夫って事なんですけど

つなぎに 小麦粉 とか入ってるので

二八蕎麦 とか 十割蕎麦 とか 食べたかったら

専門店に行かなきゃ 無理です

でっ

ですね

ちょっと ジムの下の 大型スーパーの 麺売り場に 行ってみました

生麺のコーナーに行くと かなり 種類があります

でっ 成分を見るわけですね

でぇ〜〜も かなり 良い値段の部類の蕎麦でも

成分の最初に 小麦粉 って 入ってるんです

こりゃ いかん と 思い

乾麵のコーナーへ

… 日本人って 蕎麦が好きなんだなぁ〜

棚の上から 下まで 日本蕎麦の乾麵が ギッシリです

でっ やっぱり それも 1個ずつ 成分を 見るんです

ダメ だめ 駄目 あかん ダメ だめ 駄目 あかん

の 連続でした

がっ…

見つけました
image
この2つ 左が蕎麦粉90% 右が蕎麦粉100%の 蕎麦です

ここから 出てます

http://www.timelyhit.ne.jp/yamasho/index.html

説明書を見ると 差し水 厳禁とあります

でっ 作ってみました とにかく 説明書の通りにやります

茹でて 水洗い

でっ 食べてみました

うっ 美味い

かなり 美味しい

普通に 盛り とか おろし蕎麦 温玉蕎麦 とか 色々 やってみました

説明書には 蕎麦湯も美味しい と 書いてあったので そちらも チャレンジ

美味い!

蕎麦同様 専門店と 変わらないじゃないか!

早速 クライアントさんに 教えてあげました

クライアントさんは チャレンジャーなので

なんで 差し水 が 駄目か? 疑問があったので あえて 差し水有りと 無し を やってみたそうです

なんと

差し水 すると 蕎麦が ブツブツ切れるそうです

なるほど 考えれば 簡単な事で

差し水 は 中華麺とか 茹でる時は

ビックリ水 と いうんですけど

グラグラ 沸いてるとこに 水を ボチョん と 入れるとですね

急な温度変化で 麺の組織がやられて 早く茹るんです

この蕎麦の場合 つなぎ が ほとんどありませんから

差し水 投入の温度変化の 影響で 切れちゃうんですね

まっ 考えたら そうなりますね

でも 差し水有りと無し 両方 試すって 良いですね(ろくすっぽ 説明書読まないのは論外)

乾麵の場合 茹でる前に 計れば 計算もしやすいですし

この蕎麦の場合 100%蕎麦粉使用の方なら グルテンフリー志向の人も 大丈夫ですね


それから 蕎麦湯 これで オートミールとか 作ったら 良いと思うんですよ


蕎麦つゆ も 化学調味料不使用のを見つけてしまいました

わずかな砂糖も気になる人は(蕎麦つゆは砂糖入ってます)

鰹出汁と昆布出汁を濃く取って 塩で味付けしたのを 使えば良いと 思います

大根おろし と ポン酢でも 行けます(温玉と青ネギ 最高!)


しかし 乾麵で この クオリティーは 驚いたな

あっ

蕎麦アレルギーの人は 食べちゃ駄目だよ!

watanabe_dojo at 02:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年05月12日

事の始まり

ここから 始まったのだな
https://youtu.be/SGJAIz1LUcI

http://youtu.be/6uFkJrdk56M

私の全ては…
watanabe_dojo at 02:04|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2017年05月11日

アイアンマンにも出ました

アイアンマン最新号
image


なぁ〜んと
image
秋山さん カラーで 4ページも 出ています

普段は 『ボディビルディング誌』の 私の連載の 実技モデルを していますので

アイアンマン誌 に 出る事は なかなか ないので 嬉しい体験ですね

さらに 女性選手が アイアンマン誌に 取り上げられる事 が なかなか無いので 嬉しさ倍増でしょうね

写真も先日の アマチュアアーノルドクラシックのと ゴールドジム ノース東京での トレーニング風景が なかなか カッコよく 出てますよ※私の間抜けな姿もチラッとうつってます※

ただ 喜んでるだけでは 無くて しっかりと 競技について 健康について 乳癌を 克服するまでに ついて 語っています

皆さん しっかりと 読んでください

watanabe_dojo at 20:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

凄く良い物なのに 焦れったい もったいない

昨日
image
こんな 試飲会がありました

『高濃度酸素水 OXY SHOT』

これって トライアスロンやマラソン選手の間では 凄く評判が良くて

死にそうに 心拍数が上がってる時に飲むと

スッと楽になるし 何人かの 選手に試したら インターバル短くしても 粘りが違うんですよ

速攻 体感出来る 貴重なサプリメントだと 思うんです

がっ しかし

昨日も ジム内に 流れた 商品説明のアナウンス聞いてたんですけど

難しすぎて 普通の人が聞いたら なんだかわからないですよ

それから スクワットやレッグプレス フリーのローイングみたいに

心臓バクバクで 死んじゃいそうなトレーニーに 飲ませたら すぐに解って もらえるのに

そういうとこ に メーカーの人がいないで ジムカウンターや ラウンジに いるんです

全く もったいない

後ね この OXY SHOT お酒飲む時とか 二日酔いの時 凄く 強い味方なんです

まっ それは 良いとして

まあ スポーツクラブ野郎 には これの良さは わからないですけど

ハードトレーニングしてる人には

ターボやスーパーチャージャー みたいなもんですよ

もっと 解るように説明しないと 駄目だよ

あー もったいない!
watanabe_dojo at 13:32|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年05月07日

私じゃ無いけど『セミナーのお知らせ』

森弘子さんが セミナーを 行います


新宿高島屋8Fのウーマンズシェイプジムにおいて、特別セミナーを行います。
今回は座学でニュートリション講座を行います。
image

ワークアウトに励み 美しくありたい女性にとって、「筋肉を育てるための栄養摂取」という観点だけでは目的の達成は難しいと思います。
image
女性としての輝きをより増すために有効な 食材や栄養成分、具体的な食べ方を提案する講座です。

この日の講座に参加される皆様に、私が厳選する食材やサプリメントをプレゼントいたします。

20名の限定講座なので、お申し込みはお早めに!!

6月4日14:00〜15:00
料金:2,500円+税
タイトル:「ニュートリションセミナー〜ボディメイク、美容に有効なフィトケミカルと効率的な摂取方法」
内容:美しくなるため、運動をより効果的にするヘルスコンシャスな「食」を提案します。「スーパーフード」として注目される植物性食材や、日本の伝統的発酵食品の魅力を再認識し、手軽な活用法、食べ方をお伝えします。

要予約
ご予約・問合せ
電話:03-5379-9595


喋れて 書ける 大切な事だ!

『競技エアロビクスで 駄目だから 』
『ボディビルだと通用しないから』

そんなのばかりが 固まってた ボディフィットネスに

『知性 美しさ 教養 優雅』を 持ち込んだ のが

森 弘子さん!

森さんに 憧れた 選手達が それまで ダメダメだった ボディフィットネスを 現在のレベルまで 上げる 基礎を作ったのだ!

選手の時から

『喋れて 書ける』

『立ち位置に 相応しい 言動 振る舞い』

競技のリーダー の 元祖的な存在 で

素晴らしい方です

『喋れない 書けない 解らない パァ〜〜』なんて 言ってる人は 見習った方が良いぞ!

watanabe_dojo at 10:47|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年05月04日

シンプル 小型 邪魔にならないで 記念になる物…

image
この 腕時計 91年の極真世界大会の記念腕時計なんです

知人の親戚の方が 大山総裁から 直にいただいた物なのだそうです

image
文字盤は 牛と闘ってる 大山総裁です

image
裏の刻印も 良いですね


これは 26年も前の物なのですが

いろいろ調べたら 今は 刻印とか一個から 作れて

文字盤を オリジナルに しても そんなに高くないんですよ


無意味にデカくて邪魔なトロフィーよりも こういうの 嬉しいと 思うんですよ

各クラスの優勝者のみの一点物の

「winners watch」なんて かっこいいですよね?

メダルや トロフィー 賞状って その時良くても 後々 凄く邪魔になります

シンプルで 小型な物が 良いです

image
トロフィーなんかよりも こういう方が 良くないですか?

あるいは
image
秋山さんが 持ってるような物 小さな秋山さんが持っても これくらいのサイズなので 小ぶりなトロフィーだけど ちゃっちくないんですよ

トロフィーとか プレートだけ 剥がして 捨ててしまう 人もいますからね

無意味にデカイのは 日本の住宅事情を 考えたら アウトです

賞状も 大会パンフレットに挟んで持って帰れるよう もっと小さくて センスの良い物に 変えるべきです

私みたいに 大会数が それほど 多くない者でも 邪魔なので

年間 何試合も 出る選手は かなり 苦労してると思います

メダルなんかも 首から下げて歩くわけでは無いですから

記念コインみたいな方が 後々 助かると思うんですよ


みなさんは どう 思いますか?


watanabe_dojo at 13:58|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2017年04月27日

本気で伝える

最新号の
image
『ボディビルディング』皆さん 読んでいただけましたか?

秋山さんの『アマチュアアーノルドクラシックまでの軌跡』を 今回は私がインタビューして 書かせていただきました

しかし 先日のセミナーでも そうでしたけど 秋山さん 話すの 上手くなってますね

今回の 手記も 殆んどいじる事なく 本人の言葉のまま書いてますからね

読んだ人には

秋山さんが 伝えたい

アマチュアアーノルドクラシックとは何か?

何を目標にして 出場したか?


大切にしているのは何か?



が 解ると思います



後はもう少し経験を積んで 書けるようになると 良いですね

女性ならではの視点で 連載とか持ったらかなり 面白いと 思います


私は日頃から選手に

「現役の時から 喋れて 書けなきゃ 駄目だ!」と 口うるさく 言ってます

優勝とか入賞した選手は なおさらです


影響力が ありますし 正しく わかりやすく 世の中に 発信 出来なければ なんの価値もありません

優勝とか入賞の数とかでは 無くて 選手の その時の『立ち位置』に 内容が相応しく無いようでは 本当に ただの『筋肉馬鹿』です

メダルやトロフィーを 見せびらかす事 が ステイタスを上げる事とは 思えません

IFBBプロ の 山岸選手 や アマチュア世界王者の 鈴木選手 も そういった物 メダルやトロフィーに こだわりは 無いようで

山岸選手は 私に オリンピアのメダル

鈴木選手は アーノルドの 優勝者ジャケット

を それぞれ くれました

手元に置いて置く事よりも 大切な事が 解っているからだと 思います

物なんか 無くても プロとして チャンピオンとして 大切な事を しっかりと 伝えられる のが大事なんですよ


少年時代に 聞いた話しですが

かつて プロレスラーで

『20世紀最強の鉄人』と謳われた

『鉄人 ルー テーズ』と いう選手がいたのですが
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%BA

彼が 世界チャンピオンとして 来日した時に

なんらかの事情で チャンピオンベルトを 持って来れなかったんです

その時 ルーテーズは 記者会見で

「ベルトは ただの象徴にすぎない

本当の チャンピオンベルトは 私のレスリングの中にある

日本のファンの 皆様に

ルーテーズの レスリングを お見せする!」

と 語ったそうです

また ルーテーズは アメリカで レストランを経営してたそうなのですが

そのレストランに 物乞いが 来た時に

コックが 残り物を あげようとした時に

ルーテーズは 激怒し コックに

「彼にまず シャワーを浴びさせ 何か仕事をさせなさい!」と 言い

皿洗いを させた後 食事と賃金を与えたそうです

「人間の尊厳を 奪う事は してはならない」と コックに 言い聞かせたそうです


プロレスラーとして 超一流 と いう事だけでは 無くて

人間としても 素晴らしい 人なんだと 子供心に 感動した 覚えがあります



ルーテーズのようになるのは なかなか 大変ですけれど

プロ アマ 関係なしに 選手と いうのは なんらかしらの 影響力が あります

強くなれば なるほど 当たり前ですけど 影響力も 強くなります

『立ち位置』が 変わった時に

『書けない 喋れない 伝えられない 解らない』では 本当の 馬鹿です


さて 先日 一緒に セミナーを させていただいた ゆきな=勇鬼那 さん

なんと セミナーは 初めてだったそうです

それでも 堂々としていました

アメリカで 会った時から

「日本の仲間に 伝えたい」と 言われていたので

これは! と 思い

緊急開催で スタートした セミナーでしたが

私自身 不安は ありましたけど

その反面 「この人と だったら 素晴らしいセミナーが 出来る!」と 確信が ありました

それは 秋山さんも 同じだったと 思います

セミナーの後 過去に 秋山さんとの セミナーに 参加してくれてた数名から

「秋山さん 話が上手になった だけでは無くて 言葉に重みが出て来た」と 言われました

私も そう思います

『立ち位置』の変化に 気持ちと言いますか 責任感が 比例した事が 大きいと 思います


前に 素質も抜群で ちゃんと やれば 超一流に なれるだけの物を持った選手 が いましたけれど

その選手は 『立ち位置』に 比例する物が 何もありませんでした

話してても メールの文章を見ても 何も成長がありません

ステージでも ステージングの進歩は 当然無いんですけど

筋肉が発達しても 訴える物が 何も無いんです

コーチ変えたり ジム変えたり してましたけど 筋肉以外の進歩は 何も無かったですね

結果 足踏み状態が 1・2年続き その後 成績も急降下で いつの間にか いなくなりました
image



やはり 『立ち位置』に 比例する人は

発言もだけど メールの 文章にも力があります

ゆきな=勇鬼那さん

「普段 日本語使わないから 心配」と 言われてましたけど

来日前の メールでの 打ち合わせ も

エネルギッシュでしたし『何を伝えたい』ってのが ギンギンに 伝わって来るんです

それは セミナーの時も 同じだったと 思います

セミナーの 前日 翌日に トレーニングも 拝見しましたけど

スキルの高さもですが 躍動感が 伝わって来ました

過去に 田代・相川・鈴木 選手の トレーニングを 間近で見た事がありますけど

同じ オーラが ありましたよ


不思議な物で その後から 秋山さんも スキルと言いますか コントロールに 進化が 見られます

好影響の 発信と受信が 行われたと いう事です


ゆきな=勇鬼那さん 岐阜に帰られてから 友人のジムに 数回行ったようなんですけど

友人も

「熱い人だ」と 言ってました

なんだか 今から 来年の アマチュアアーノルドクラシックが 楽しみに なって来ました

その前に 冒頭でも 書きましたけど

『月刊ボディビルディング誌』

ゴールドジムでも 買えますから 皆さん読んでくださいね

本を持って来たら 秋山さんが サインしてくれますよ

watanabe_dojo at 13:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年04月24日

絶対 読んで! 買ってだよ

image
ボディビルディング 最新号

私の いつもの連載は お休みです

がっ




image
今回は

『秋山千香子アーノルド入賞への軌跡』を 書かせて いただきました

秋山さんへ 私が インタビューして

じっくり 6ページです


アマチュアアーノルドクラシックでの

リアルな 体験記です


絶対 面白いから 是非 読んでください


行かなきゃ 解らない

出なきゃ 解らない

積極的じゃ なきゃ 解らない


事を


しっかりと 書きましたよ




watanabe_dojo at 23:34|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)