息子は誰に対しても臆することなく、
親しく接っする男でありますが、


そんな彼にも
唯一
タジタジになってしまうお相手がございます。


そのお相手といいますのが、
学年一の美少女といいましょうか、
カリスマといいましょうか、

とにかく美人でオシャレな
同じ学校のとある女子でございます。



そんな彼女は、
息子に興味があるのか無いのか

毎度、ファッションチェックをしてくるのです。


でもこれって
よくよく考えてみれば
もはや親であるこのワタクスィ(私)が
挑まれているようなもの。


そう、
このワタクスィ(私)が
遠隔でファッソンツエッグ(ファッションチェック)をされているようなもの。



――って、この戦い、
実はもう
かれこれ3年くらい前から勃発し、
続いていることであるのですがね。



『小学生女子になんぞ、負けてなるものか!』



渋カジでブイブイ言わせてきた(遙か30年前の話)このワタクスィが、
小学生女子になんぞに
負けるわけにはいくまい!

渋谷の神様に申し訳が立つまい!


などと
嘘か誠か
息子の服を調達するときは
毎度このような意気込みで選んでおりました。





ですがですが
そんなワタクスィ(私)、


つい先日、とうとう自らミスを犯してしまいました。



『それ、今までで一番似合わない』


そう、今までで一番強めのダメ出し
息子が受けて帰ってきてしまったのです。


でも思い当たるふしのあるワタクスィ。


きっとその日のワタクスィ(私)はどうかしていたのでしょう。


いつもなら
こんな感じのTシャツを出してやっておるのですが、
image


その日は
思わずこんなデザインのものを出してしまっていたのです。


そりゃそんなふうに
言われるわな


image




このデザインが似合う子は確かにいます。

でもよく考えれば
ウチの息子には似合うわけがないのです。


さすが。
息子のこと分かってらっしゃる。


今回ばかりは
負けを認めないわけにはいきませんね。



でも見てろよ。
もう今後は一切
負けねーからな。
(*≧Δ≦)





因みに。
最近は祖父のお古も着られるように
なりました。
[画像:5dfccd4e-s.jpg]









じゃばい


ブログランキング・にほんブログ村へ