下町の製本屋さんのブログ -渡邉製本株式会社-

荒川区東日暮里の書籍製本会社 渡邉製本株式会社のブログです。
社長のほかに、社長の奥さんやスタッフもどんどん参戦します。

荒川区東日暮里の書籍製本会社 渡邉製本株式会社のブログです。
製本に関する技術的なトピックスや特殊製本事例を綴っていきます。
オリジナル製品「BOOK NOTE」の情報もお知らせします。

このような特集の本を買いました。


皆さんはどこで書籍や雑誌を買いますか?
あるいは買うことがなくなりましたか?

私はお気に入りの本屋さん(でも、ちょっと遠い)、Amazon、大型書店、雑誌はコンビニなどが多いです。

社長はものすごく読み終わるのが早いので図書館も利用します。
書籍を作っている立場からすると、新刊書店でその度ごとに買うべきなのかもしれませんが、なかなかそうもいかない。

私も一つの記事だけ読めばいい場合などは図書館で雑誌を読めばいいかな?
なんて思ってしまいます。
バックナンバーもあるので、焦らなくても大丈夫だし。
ネットで『雑誌読み放題』などもありますが、個人的には紙の本じゃないと目が疲れるので好きではありません。

…と、このように出版にかかわる仕事をしていながらも売上に貢献していないアクションも。
でも、「本は作るもんで読むもんじゃない」なぁんてうそぶいている製本屋さんも居ましたから(多分冗談)、許してもらいましょう。


近所にあったごくごく普通の本屋さん。
いつもここで買う訳でもないのですが、銀行に行ったり、お使いに行ったりするついでに覗いてました。

NHKの語学講座のテキスト、雑誌、漫画、文庫などはここで。

でも、残念ながら去年クローズしてしまったんです。
しょっちゅう買いに行く訳でもないのに、無くなると不便です。

雑誌はコンビニに一部あるけど、語学講座のテキストはない。
Amazonで頼むほどでもない気がする。

あと、私はへそ曲がりなので、Amazonに『オススメ』されると「機械に何がわかる!?」と思ってしまうから、それも癪に触る。

この件に関しては、『オススメしてくれて便利』という友達が多いので、多分私が変わってるのでしょう。

でも、オススメはヒトにしてほしいなぁ。
それも、ちゃんと本に詳しい店主や店員さんに。


そんな中、少々遠いのですが、割と最近本屋さんを開いてくれた人がいます。

一つはこのブログの人気記事にも出てくる『パン屋の本屋』さん。

それから谷中にある『ひるねこBOOKS』さん。

続きを読む

これまで展示会や催事の販売に何度か参加しました。

その時に、「180度真っ平らになるのはもちろんですが、360度まで開いて真二つに折れるのでやってみて下さい」とお勧めする事があります。

殆どの皆さんが、とてもこわごわ。
「ホントに壊れない?」
とおっかなびっくり250度くらいまで開いてみる方が殆どです。



続きを読む

今回はその仕事の素晴らしさについて文章で書くより、目で確かめていただきたいです。


先ずは、布クロスに金箔。

結婚式の新郎新婦からゲストの皆さんへのプレゼントにノートのオーダーが有りました。







続きを読む

今、当社のオリジナル製品の「BOOK NOTE」が、大阪と東京の2つの百貨店で直接購入していただけます。
大阪は「阪急 うめだ本店」の9階祝祭広場の「阪急文具の博覧会」で8月28日迄の期間限定で。
東京は「伊勢丹 新宿店」の5階 ステーショナリー売り場の「文具道 特設コーナー」で8月23日から9月5日までの期間で販売しています。

伊勢丹さんの展示の様子はこんな感じです。
1503528514793
1503528524230

ウェブサイトの情報だけでは分からない、「BOOK NOTE」の、180度以上開く背の柔軟さや、表紙の手触り感、その程よい固さ、製本の堅牢さなど、実際に手に取って確認していただけますし、お持ちの筆記具で試し書きもしていただけます。
また、当社の製品だけでなく、知り合いの製本会社さん・ベンチャー文具の会社さんの製品もご覧になれますので、是非、足をお運びください。

BOOK NOTEの特徴動画はこちら⇒1min

BOOK NOTEの使い方動画もあります

(記事:社長)

↑このページのトップヘ