先行予約販売が始まりました、グラフィック社さんの雑誌「デザインのひきだし 36号 -紙もの文具&玩具のつくり方ー」 にノート製本様式の事例で協力させて頂きました。
その見本誌が届きました。

この雑誌、デザイナーさんや紙の業界の人に大人気なんです。
この最新号は、紙もの文具に共通して使えそうな製本や紙、加工の知識を具体的に紹介する特集になっています。

IMG_4496

いつもの通り、付録がすごいことになっています。

1548986388974

左の「紙の手帳」と右の「筆記適性にこだわった紙ノート」の2冊の他にも紙加工品が数点付いています。

「紙ノート」の方はB6サイズの並製本で、厚さが23㍉もあります。よく考えられていて、多品種の紙で構成されていて、それぞれの紙の書き心地やインクの適性を試すことが出来るようになっています。

これだけの付録が本体に挟み込まれていますので、届いた時はこんもりと盛り上がってた丘の様で、よく壊れないなと感心してしまいました。

1548989552227

こんなデス。すごいでしょう!!

当社が協力させていただいた記事は、49~51頁の3頁に渡り、「角背で開きやすい上製本ノート」「コデックスノート」「コデックス寒冷紗ノート」の3種の仕様が紹介されています。
掲載されている製品はいずれもこの記事用にサンプルとして製作したものです。
3種共とても開きの良い製本になっています。
勝手に記事はアップ出来ませんので、画像は載せませんが、写真入りでとても詳しく仕様を書いて頂いています。
毎号のことなのですが、この雑誌は発売するとすぐに売り切れてしまうほどの人気ですので、
興味のある方は、是非、早めの購入の手配をお薦めします。

デザインひきだしウェブサイト http://www.graphicsha.co.jp/list.html?cat=4&child_cat=22
津田編集長の制作日記     https://dhikidashi.exblog.jp/

(記事担当:社長)