2007年01月11日

STOP HIV










最近新しい友達ができた、イギリス人のイケメン(以下イギメン)。大学の喫煙所で知り合った。まぁカッコイイったらありゃしない。

ライター借りたのが知り合ったキッカケだったと思う。それから喫煙所で会うたび話すようになった。主にMTVの事だったり、海外の映画の事だったり。以前日記に書いたように私は3ヶ月ぐらいオーストラリアにいた。その事もあり結構話が合う所があり、今では一緒にタバコを吸いに行く仲になった。

冬休みの補修終わりにイギメンとタバコを吸いながら話す機会があった。最初はいつものように、海外のドラマの話なんかをしてた。それから段々女の話に移っていった。男同士だし、当然の成り行きだ。そして段々SEXの話へ。

どんな武勇伝を聞かせてくれるのかと、ワクワクしてたら、以外な言葉が返ってきた。



「HIVって知ってる?」


正直ビックリした。その手の話が彼の口から出てくるとは思ってなかったし。


「うん。エイズだろ?で、それが?」


私がHIVに関して予備知識があることが分かると、彼の口は烈火の如く動き出した。HIVの種類、患者の末路、承認薬と未承認薬の数と名前、症状、HIVの潜伏期間等、その辺の性病医より博識なんじゃないかと思わせる程にHIVの恐ろしさについて話始めた。まるで俺に何かを戒めるかのように。当然一つの疑問が浮かぶ。


「何でそんなに必死に語るん?」


イギメンは若干伏し目がちにその理由を答えてくれた。

彼は以前なかなかのアングラ人間だったらしく、草(ガンジャ、マリファナ)や玉(覚せい剤)を使ってたようだ。類は友を呼ぶとは良く言ったもので、クスリを始めるとクスリ仲間が自然に集まってくるらしい。その関係で仲良くなって、付き合った子がHIVだったのだ。イギメンは付き合って半年経ってからその子から自分がHIV患者とゆう事実を告げられた。感染を恐れたイギメンその子と別れ検査に行った(幸い、感染はしてなかった)。そんな事がキッカケで彼は日本のHIV感染の知識の現状について憤りを感じるようになったらしい。

彼は彫りの深い目を鋭くして言った。

「日本人はゴムを妊娠を防ぐ為の物と思っている。それが間違いだ。イギリス人にゴムの用途を聞けば10人中、10人性感染病予防と答えるよ。でも俺が言いたいのこんな事じゃない。俺の彼女が感染していた原因は玉の注射針の使い回しだ。使い回しだけは絶対に許せない。アイツらはクレイジーだよ。あれがどんなに危険なのか分かって無い。俺の彼女が感染したのもアホなジャップのせいだ。死にたい奴は一人で死ねばいい」

彼の考えは矛盾してるようで実に合理的でキレイな考えだと思う。
自分に起こる不幸は自分の蒔いた種だと納得した上での行動だ。だからクスリも楽しめる量だけの服用、常に使ってた訳ではない。そして周りに危害が及ぶ事を嫌う。彼は初体験前にHIV検査を受けたそうだ。

最後に彼はこう言った。

「日本人にはもっとHIVについて知ってほしい。そうしないと10年後に必ず感染者が爆発的に増える。だからお前に話た。頭の悪い奴に喋ったところで何も変わらない。話の分かる奴がこの知識をもっと広めて欲しい」





嬉しかった。「話の分かる奴」と言われたことが。





彼の熱意に報いる為に今回このテーマを扱おうと思った。私も含めて日本人のHIVに関する知識は低いと思う。だからこのブログを読んだあなた、私と一緒に勉強していかないか?そして覚えた知識を一人でも多くの人に伝えてほしい。


ここにリンクを置いておきます。よろしければ踏んでください。私の駄文なんかよりタメになりますから。


エイズHIVの症状と予防を知ろう

(00:14)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by papa-trista   2007年02月01日 03:31
とても勉強になりました
そして今の日本でのHIVに対する認識の甘さ。。
自分ももう少し勉強したいと思います。


P.S
ブログバトラー対戦しときましたw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔