昨日、なにげなーくFacebookにアクセスしてみたら、群馬の某模型屋に入荷報告が・・・・
あそこに入荷してるなら、当然TamTamにも入荷してるはず。
特に予約はしていなかった(普段から予約はしない方)ので、買うかどうか現物を見てから判断しようと・・・

・・・というわけで、お買い上げです。(笑)
ででーん!
イメージ 1
秩父鉄道 デキ500。
ブルーのボディに白い帯が映える、イカしたやつです。
この状態で、すでに一部加工がされてますのでご注意の程。

肝心の走りの方は・・・・
なんとMicroAce独特の「ジーゼル音」(笑)がしません!
それどころか、スローがものすごく効いてます。
どうした!? MiceoAce

・・・以上、ここまでがよかった点。

以下、不満な点。

その① パンタグラフが2~3回上下したら壊れやがった! (#゚Д゚) プンスコ!
 曲がった部分を補正しても直らなかったので、壊れた上半分をTOMIXのPT16に換装してあります。
 つまり、ニコイチな状態になってます。
 上げたときは問題ありませんが、畳むとこのように残念な状態になります。
イメージ 2
 ま、純正状態よりもぜんぜん頑丈になったから、これはこれでありですが。

その② なんじゃこのカプラーはぁぁぁぁぁ! (゚Д゚)ゴルァ!!
イメージ 3
選択肢がダミーカプラーとアーノルドの2択しかありません・・・というかその他のカプラーが装着できません。
当鉄道では客車と貨車のカプラーは基本的にKATOカプラーNかナックルカプラーに統一してるので、このまま運用につかせる場合は、次位に専用の控車を用意しなければなりません。
でもググるとけっこう苦労して改造されている方がいらっしゃるようなので、その方に倣ってここは改造しようといろいろと模索中です。

いじょ。とりいそぎ報告まで。


続きはコチラ。