前回のつづき。

先月購入した、MicroAceの秩父デキ500。
一番不満だったカプラー部分の換装にいよいよ着手。

使用した部品は下記の3つ。

①KATO製 Z01-0224 EF66前期型ナックルカプラー
②TAMIYA製  プラ材 2mm角棒
③精密ネジ(なべ小ねじ) M1.0×4mm
イメージ 1

まずは角棒を11mmで切り出して、ほぼ中心(5.5mm)部分に0.8φのドリル刃で穴を開ける。(貫通してもOK)
そこに連結器の穴にネジを通した状態で、穴にねじ込む。
イメージ 2

スカート内側に隙間なく、かつカプラーが中心になる位置でうまくハマるように微調整した後、天下の宝刀、ゴム系接着材で接着する。
イメージ 3
イメージ 4
見た目はなかなか上々。
この状態で接着剤が固着した後、連結器を留めているネジの締まり具合を微調整し、僅かに連結器が首を振る具合にする。

イメージ 5
ようやく装着。
見た目はばっちり。

イメージ 6
カプラーが首を振らない2軸貨車を連結して、ポイントを解したS字クランクを往復。
自然開放しないので、とりあえずは問題なし。

あとはレイアウトで本走行して、特に問題ないと確認できればいいのだが、仕事が佳境に入ってる昨今、シェイクダウンはいつになるやら(汗)