前回(KATOの新方式の密着連結器に試しに交換してみる ~キハ201編~)の続きです。
いよいよ発売になりました。

イメージ 1
裏の説明書きを読むと、予想通り「短」は中間車or切妻車体の先頭用、「長」は先頭部が突き出ている車輌用であることが判ります。
イメージ 2

というわけで、前回同様、キハ201のカプラーを交換します。
イメージ 3

車体から、連結器を外して~
イメージ 4
連結器をばらして~
イメージ 5
連結器の部分のみを交換して~
イメージ 6
元通りに組み上げて~
イメージ 7
車体に取り付けて~
イメージ 8
元通り、組み上げて~
イメージ 9
完了。

イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
きちんと連結できました(あたりまえだけど)。

ただ、ここで大問題が発生。
イメージ 13
連結器カバーがそのままでは付かない!

どうやら突起部分が巨根になったため、そのままでは穴に嵌らなくなってしまった模様。
イメージ 14
左:新カプラー 右:従来のカプラー

さて、どうすべか?
(つづく)
↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

鉄道コム



↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓






↓さらにこちらもお願いします↓