遠方オーライ!(過去ログ待避所)

YAHOO!ブログに掲載されていた過去ログの退避所です。
メインのブログはコチラ(新・遠方オーライ!)

2018年01月

名古屋に来ているのですが、この街で生きて行ける自信がありません(汗)

イメージ 8


イメージ 7

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

イメージ 5


イメージ 6


関東は大雪です。
特に神奈川県内部はかなりの積雪量です。

イメージ 1
イメージ 2

このままでは生活に支障をきたすのは必須なので、手持ちの車両で特雪を仕立てることにしました。
イメージ 3
組成の内訳は、先日仕上げた9600とD51、ロータリーとマックレー式の除雪車、あとは作業員乗車用の緩急車(ヨ3500)です。

イメージ 5

イメージ 4

雪がまだ柔らかいうちにちょっと頑張ってみましたが、なんとか人が支障なく通れるレベルまでになりました。
ただ、雪かきに出てきたのが今日現在で自分含めて2人だけだったので、アパートの敷地外までは・・・(汗)
イメージ 6

明日、どうしても休めない皆様が無事職場にたどり着けることをお祈りいたします。
いじょ。

↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

鉄道コム



↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓






↓さらにこちらもお願いします↓




久々の、蒸気機関車の入線です。
イメージ 1
ちなみに自分用のクリスマスプレゼントとして中古で購入。
購入した場所は、相模原市内の某B○OK OFF。
めったに立ち寄らない店舗でしたが、たまたま寄ったらお手ごろな値段で売られていたので即決で購入。

入手したからには、早速、入線整備(というの改造)に着手。

イメージ 4
イメージ 2
ライトがオレンジLEDな時代のシロモノなので、ワームホワイト(電球)色LEDに交換。
ついでに常点灯化も実施。
イメージ 7

イメージ 3
イメージ 8

ちなみにバック運転用に炭水車側も点灯するので、こちらも忘れずに実施。
イメージ 5
イメージ 6

そしてこのカマには、特雪の先頭にも立ってもらう為、C12用スノープローを改造で装着する。
しかし胴受けのモールドが邪魔で、そのままでは着かない。

なので、胴受けのモールドを慎重に切除する。
イメージ 9

うまく削り終わったら、C12のスノープローが支障なく装着できるように、スノープローパーツ裏側のボディと干渉する部分を切除する。
イメージ 10
そして装着するとこのとおり。
イメージ 11
イメージ 12
重厚感が増して、いい感じになりました。

(つづく)

↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

鉄道コム



↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓






↓さらにこちらもお願いします↓



作業中にYouTubeで流してる曲が「軍歌」しばりな正月を過ごしてます。
やる気を出す音楽を求めると、やっぱベースラインとドラムラインに躍動感と重厚感が必要になるので、必然的にそうなるかと・・・・

・・・・というわけで、前回、含みを持たせた終わらせ方をしましたが・・・・

なにが不満かというと・・・・
イメージ 1
この製品、ヘッドライト/テールライトのON/OFFスイッチが装備されていないため、このように複数両連結すると、中間のライト点灯状態なのが目に付いてしまうわけで・・・・

なので、いい感じのスイッチを探して、追加装着します。

今回チョイスしたのがこちら。
イメージ 2

これをこんな感じで装着します。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

いくら良い感じで装着しても、どうしても天井に当たってしまうので、上部を支障のない範囲でやすり等で削りました。

イメージ 6
配線については、↑の通り、基板上のパターンを一部切除した上、バイパスさせてます。

イメージ 7
同じように両側に施工します。

ちなみにこの場所をチョイスした理由は・・・・
イメージ 8
イメージ 9
ちょうど扉と窓の間のピラーがこの空間を隠してくれる為、追加したスイッチがいい感じに見えなくなるからです。

イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
これで複数両つないでも、違和感を感じなくなりました。
ただ、スイッチをON/OFFさせる為に、ボディをはずさなければなりませんが・・・・まぁ、そこらへんは仕方ないでしょうか?

いじょ。
↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

鉄道コム



↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓






↓さらにこちらもお願いします↓


前回、遅い夏休みで仕入れたコレ。

イメージ 1
イメージ 2

いろいろあって、購入から約3ヶ月間、未着手で放置。
ようやく今回、入線整備に着手できました。

イメージ 3
作業については1号車(6006)とまったく同じ内容なので、省略。
ちなみに1号車(6006)の購入は、去年のこの時期でした。

めでたくこの度、3両全部揃ったとたん、KATOから予想外の製品発表が・・・
イメージ 4
まさかの、Ⅳ号車発売です。
買うかどうか迷ってますが、ここまで揃えたら・・・・コレクター魂に火が点くわけで・・・・

ま、とにかく三両揃い踏みになったわけで・・・
イメージ 5
イメージ 6

・・・・・・おや?

(つづく)

↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

鉄道コム



↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓






↓さらにこちらもお願いします↓



↑このページのトップヘ