遠方オーライ!(過去ログ待避所)

YAHOO!ブログに掲載されていた過去ログの退避所です。
メインのブログはコチラ(新・遠方オーライ!)

2018年09月

久しぶりに再販されたので、今回は2セット(4両)増備しました。
イメージ 1

早速、同梱されているハンドルパーツの取り付けと、連結器を車間短縮ナックルカプラーに交換します。
イメージ 2

集めに集め、全部で24両になりました(汗)
これ以上は1ケースに収まらないので、とりあえず増備は終了かと。
全部繋げたら、どのくらいの長さになるのかな?
イメージ 3
小型のボギー車なので、ジョイント音が半端なく迫力出そうですが。
早速走らせに行きたいけど、台風接近中・・・orz

以上、「貨車は何両集めても満足することはない」でしたwww

↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

鉄道コム



↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓






↓さらにこちらもお願いします↓



前回の新幹線つながりで・・・・
なかなか出回らない、入手困難な車両を手に入れました。
■TOMIX 300系新幹線 326-500形(M)
イメージ 1
イメージ 2
モータ車(非FW)です。
初期のTOMIX 300系新幹線用の増結用です。
中古店で店頭に並んでいたとき、目を疑いました。

300系新幹線のフル編成化に向けて、また1歩w

お陰で、本来欲しかった機関車は見送りに・・・(^^;;;

↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

鉄道コム



↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓






↓さらにこちらもお願いします↓



ご報告が遅れました(汗)
紆余曲折や骨折り等ありましたが、お陰様でなんとかまともに周回できるようになりました。
イメージ 1

イメージ 3
やっぱり新幹線フル編成は圧巻のひとことです。

イメージ 2
ついでに0系も中古を買いあさり、なんとかフル編成(16両)化を果たしました。

ちなみに撮影場所は、毎度おなじみ、レンタルレイアウト N-Plat さがみ野店さんです。
やっぱ近所なので、いろいろ便利です。
ここも騒動により、最近行けてませんが(汗)

いじょ。
↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

鉄道コム



↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓






↓さらにこちらもお願いします↓



8月後半からやんごとなき事情(奥様方の義父の闘病(介護)&逝去騒動)により、更新どころか模型いじりすらまともにできなかった(する気が起きなかった)状況を乗り切ったばかりの、忌引き開けの影響がまだ引きまくってる状況下です。
経験上、49日を迎えるまでは、なんらかんら落ち着かない状況でしょう。
幸いにも葬家側の経験が比較的最近あったので、葬儀屋との打ち合わせに同席し、「ふっかけるなよ」オーラを後ろで出しまくっていたのは内緒ですw

・・・・というわけで、100系新幹線に引き続き、タイトルの件が始動です。
100系新幹線は数か月前に無事完成したのですが、その報告は後程・・・

イメージ 1
イメージ 2
TOMIXのE501系(左)と209系南武線(右)。
どっちも見事に旧仕様です。
因みにE501系の基本10両(基本+単品サハ4両)編成は約25年前に購入した床下機器が黒塗装仕様。
209系は数年前にヤフオクでぽちったもの。
室内灯と灯火類ははLED化しているものの、ネックは車輪の劣化とかウェイトの錆での集電不良が酷かったり、
初期タイプのBMTMカプラー装着故に、いろいろしょぼいところとか。

というわけで、この度、いろいろとリニューアル工事をば。
なぜなら走行させるための準備に長時間かかり、かなりしんどい為w

イメージ 3
こんかい仕入れた、部品の数々。
T車用台車は残念ながら純粋なTR246台車のアフターパーツの指定がない為、他社流用部品(車輪と集電板とスプリング)を流用するにあたり、お試しの為に2両(先頭車)分だけ確保(お値段もそこそこお高いので)。
SPタイプののBMTMは、ただ単に予算不足(汗)

さっそく1両だけ取り掛かり。

①台車
イメージ 4
車輪自体は#2000の紙やすりで踏面を磨いてありますが、なんせ旧集電故に集電板とスプリングが目立つのと転がりが悪い。
流石に10両編成だとTOMIXやKATO純正の勾配セットすらまともに登れないので、電動車を2M化してあります。

イメージ 5
施工内容は、台枠だけをそのまま使用し、中身だけ総とっかえ。
209系500番台のTR246Hは市場在庫枯渇の為の入手困難だったので、比較的入手しやすい103系の台車を購入。
そして新集電板がほんとに流用できるのか、とりあえず位置合わせを実施。

イメージ 6
問題ないようなので、新集電対応用の黒車輪を装着。
そしてスプリングも装着し、実際車体にとりつけ。

イメージ 7
左:未施工の旧タイプ
右:今回施工した、新タイプ。

カタログに掲載されている、現行タイプばりになりました。
転がりも大幅に改善され、いい感じです。


②ウェイト
イメージ 8
旧タイプ(上)は錆が出まくり、定期的にやすりがけする作業を強いられます。
現行タイプ(PZ6283)(下)は表面がばっちりメッキ加工されている為、その修行?な作業から解放されます。

③カプラー(先頭側)
イメージ 9
E501系はかつて上野~土浦間で運用されているときは基本+増結の15両編成だった為、模型でもそれが再現できるように運転台側も純正でTN化されていました。しかも非連結側のクハも純正状態でダミーではなく、BMTNに。
残念ながら電連はついてなかったので、当時、カバー?だけ電連付きのものに交換。

実は実車のE501系は209系と異なり、電連とは別にそれぞれ左右片側1個づつ、ジャンパ栓がでかでかとついており、それが外見上のネックになっておりました。
なので、今回はジャンパ栓付きのJC6330(の6個セット入りの0336)を用意。
勿論そのままでは取り付けに支障をきたす為、不要な部分をカット加工した上で装着。

そんなこんなで、上記の加工をとりあえず1両分実施。
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
左:未施工
右:今回施工したもの。

信号表記のインレタがなかったり、ボディが経年劣化で汚れていたり、JRマークが後貼りでずれていたりしますが、まぁここまで綺麗になれば十分でしょう。

残り16両・・・・まぁ正直、気の遠くなりそうなプロジェクトが始動ですが、無理せずに気長にやります。

(続く?)
↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

鉄道コム



↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓






↓さらにこちらもお願いします↓



↑このページのトップヘ