遠方オーライ!(過去ログ待避所)

YAHOO!ブログに掲載されていた過去ログの退避所です。
メインのブログはコチラ(新・遠方オーライ!)

カテゴリ: 車輌改造ネタ(Nゲージ)-電車

新宿駅が通勤経路なので、毎日のように知る人ぞ知る、ココのガラス張りの小部屋に出没してます。
山梨に向かう特急が間近に見えて、まさに至福のひと時です。
イメージ 3
ただ、入れるのはとある嗜好品を好む方限定ですが(汗)


前置きはさておき、前回の双頭式カプラー(フック無)にひきつづき、次はこちらです。
イメージ 1

当鉄道に所属しているSVOも例外ではなく・・・・
イメージ 2
イメージ 4
いくら古い車輌でも、装着してグレードアップ可能なら、バンバン装着するべきということで・・・

イメージ 5
↑ココに、いざ装着↓
イメージ 6
いいねぇ!


んで、1袋、それぞれ10個づつ入ってるわけですが、1編成取り付け終わった時点で・・・
イメージ 7
T車用が2個、M車用が 余るわけで・・・・
当鉄道はSVOは1編成しか所属していない。
ならばどうするか・・・

・・・・・・・

・・・・・・

・・・・・

・・・・

・・・まてよ? たしかJR東日本は、たしか同時期に253系N'EXをデビューさせてたよな?

試しにググッてみるとビンゴ!
なんとトイレタンクの外観(形状)が一緒っぽい?

・・・・というわけで
イメージ 8
イメージ 9
253系N'EXを急遽引っ張り出してきました。
そして速攻で、トイレの場所に装着。
イメージ 10
バッチリです!
なんの違和感もありません。
ただし、651系の濃淡グレーの床下には色が合わなすぎて、今回は見送りました。

そして気になる残数は・・・
イメージ 11
T車用が、M車用が8個となりました。
めでたしめでたし?

余ったM車用はどうしよう・・・・(汗)


【結論
M車用はお友達とシェアして購入しましょう。

いじょ。

↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

鉄道コム



↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓






↓さらにこちらもお願いします↓





前回の続きですが、まだ完成に至ってないので、とりあえず中間報告的なやつ。

113系1500番台のローカル線向け仕様ですが、ライト類のLED化をひととおり完了。
あとは幌を接着。
イメージ 1

そしてなんとなく、室内の座席シート部分の塗装を絶賛実施中。
終わらないのはこのせいw
イメージ 2
イメージ 4

筆塗りなので、そんなにうまく塗れてませんが(汗)

それでも雰囲気はばっちり。
イメージ 3
右が塗装加工あり。左は未実施。

次回ぐらいまでには、行き先シールにたどり着ける・・・・はず。

(つづく)

↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓
鉄道コム

↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓

タイトルの内容どおりです。

当鉄道に所属している国鉄中距離電車型及び急行型は、基本的に先頭車の前面側の連結器を4601-2C3 クハ101カプラーセット(前面用)に変えて、連結可能に改造しているわけですが・・・
イメージ 1

ところが、キハ201改造の回で使用したとおり、KATOの蜜連形連結器が従来の電連タイプから、電連が無い11-730 KATOカプラー密連形 #2 新性能電車用・長のようなタイプに置き換えられる流れにあり・・・・
このまま改造内容では、KATOカプラー密連形 #2搭載車との連結が不可となるのは必然。

なので、今回15両フル編成化を達成するために入手したクハ115-1100を改造するにあたり、改良版としてクハ101カプラーセット(前面用)の連結器をKATOカプラー密連形 #2 新性能電車用・長に交換したタイプに交換してしまおうと・・・・

そして改造した結果がこちら。
イメージ 2

そして新旧の比較がこちら。
イメージ 3
左が従来の連結器、右が新連結器を使用。

・・・と同時に、前面に貼り付ける幌も、かなり使えるものが出てきたので、そちらも新タイプに。
従来方式はZ06-0227 キハ40 ホロ(灰)を薄く削る加工をした上で取り付けてたのですが、165系のリニューアルに伴い、Z04-8089 クモハ165こまがね 前面ホロという加工がツメを削り落とす程度に手軽で済むレベルのモノが出てきたので、そちらを使用し始めてみました。

そしてもちろん改造した上では、きちんと連結できなければ意味がないので、それがこちら。
イメージ 4

ちなみに従来タイプの連結の様子がこちら。
イメージ 5
これでもぎりぎりS字コーナーも通過できまてます(汗)

新方式ではあえて「長」タイプ使用しているため、連結間隔が余計に開いてます。
もしKATOカプラー密連形 #2 新性能電車用・短を使用したら、従来と同じ程度の連結間隔に近くなるかも知れませんが、今回は使い道がなく、デッドストックと化している長タイプを消費するためにやってみたのが一番の理由。
まぁこの間隔がきになるようなら、次回から短を使用するつもりですがw

いじょ。
115系スパイラルに陥ったことに起因する、改造でした。

↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓
鉄道コム

↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓

前回に引き続き、↓の入線整備です。

①ライトユニットの常点灯化
イメージ 1
もはや定番となった、この作業
コツは裏側に追加したダイオードの位置を工夫し、シャーシとの干渉を避けることです。

②室内灯取付
イメージ 2
一見、なんの変哲もないLED室内灯 クリア(白色)ですが・・・しっかりコンデンサを追加して、常点灯化改造を施してあります。

③中間カプラー交換
イメージ 3
KATOの中間BM蜜連カプラーはイマイチ連結しずらいので、コレで使用した新蜜連カプラーに交換しました。

イメージ 4

以上・・・といいたいところですが、まだひとつ気に入らないところが残ってました。

④M車位置の調整
イメージ 5
あきらかに純正状態で偏ってるので、9号車と7号車の床下を入れ替えます。
一体なにをもってこの位置に設定したのか、まったく解せません。

イメージ 6

完了。
ここまでくると増結も欲しくなりますが・・・ま、そのうち。

いじょ。

↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓

本日、無事届きました。(※報告)

イメージ 1
イメージ 2

今日は遊ぶヒマがないので、また週末にでも・・・

(つづく)

↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓

↑このページのトップヘ