遠方オーライ!(過去ログ待避所)

YAHOO!ブログに掲載されていた過去ログの退避所です。
メインのブログはコチラ(新・遠方オーライ!)

カテゴリ: 車輌改造ネタ(Nゲージ)-電車

今から約20年前に新品で購入したシロモノ。
当時はJR西日本のCMやキャンペーン等で「三都物語」が全盛を迎えてた時期であり、その三都市間を直通する
新快速といえば、この221系でした。
イメージ 1
しかしこやつ、当時の最先端?を狙ってLED搭載の基盤を装着してしまった為、ライトケース周りのスペースに余裕がなく、3φの砲弾型LEDが付けられず・・・
しかも標準装備のLEDも近年になっては信じられないくらいの明るさでしか光らない、残念なシロモノ。(※写真左側)
スペース的にぎりぎり換装可能な付けられる、近年のチップLEDが広く出回るまで改造を放置していました。
だけどいつまでも放置していられなくなり、ようやく重い腰を上げて換装に着手。
1608サイズでヘッドライト(電球色)とテールライト(赤色)に交換。ついでに抵抗も1kΩから560Ωに交換(構造上、常点灯化が難しいので、停車&低速走行時の明るさを確保する為)
イメージ 6

しかしひとつ問題が・・・
実はヘッドライト/テールライトLED間の遮光が、標準装備タイプのもので絶妙にされており、チップLEDに換装すると、テールライトの明かりがヘッドライト部分にまで達してしまい、まるで2灯ともテールライトで光っているという萎え必須な状態に。(※画像なし)
なので、今回はこの遮光機構を強化(見直し)加工に着手します。

用意するのは3mm厚のプラ版を3mm×10mmに切り出したもの。
それをライトケース内の元の遮光壁に付け足す形で接着します。
イメージ 2
イメージ 3

接着剤が十分に乾燥したら、一応乱反射&遮光のために、継ぎ足した部分を塗装します。
イメージ 4

この状態で再度組み上げてテールライトを点灯させると、一番上の画像の右側のようにリアルに光るようになります。

ちなみに今回使った接着剤は、プラスチック部品の再生補修用に購入した「プラリペア」を使用。
台車ビスの締めすぎよる貫通破損等にとても重宝しています。

~おまけ~
ヘッドライト点灯状態。
イメージ 5
左:LED&抵抗の換装&悪あがきでテールライト用の導光レンズ周りの塗装による遮光のみ実施。
右:今回の遮光加工まで実施。

ヘッドライトのみだと、そんなに漏れは気にならないですが(汗)

いじょ。

↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓

前回(KATO 711系0番台 ~北の赤電~)購入した711系。
絶賛、入線整備中です。

■方向幕
出荷時に装着されているのはなぜか「急行」幕。
イメージ 3

しかしこの車輌の主な使用用途としては、断然、鈍行である「普通」。もしくは「快速」。

でも普通」幕に交換しようとすると・・・
イメージ 4

付属の方向幕シールを切り出して、白地の土台に貼り付けなければならない。
つまり近郊型電車なのに、普通幕が標準で用意されていないのである。
なぜそうなった?
そんなに急行をごり押ししたいのか?KATO。

文句言っても始まらないので、無いものは素直に作る。
イメージ 5


■編成番号
てっきり運用番号と思ったら、なんとここは編成番号が入るみたいです。
イメージ 6

■室内灯
KATOのLED室内灯クリア(白色)をチョイス。
イメージ 1

50系客車のときも発症した「タブー病」が発生し、ところどころ赤みを帯びてしまっている(主にドア窓のへり部分)
為、対策を実施。
イメージ 2
イメージ 7

上:未対策 下:対策済み。
不自然な赤みが消えて、いい感じに。

次回掲載時は、既に稼動状態・・・・のはず。

(つづく)

↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓

前回からだいぶ間が開いてしまいましたが、なんとか3両分の入線整備が完了。
(※方向幕シールを残して)
しかし車輪の錆がハンパなく、酷かった・・・

イメージ 1

今回、いちばんいじりたかったのが、クモハの先頭側のカプラー。
KATOのボディーマウントタイプの密連カプラー(たしか101系用のASSY)に交換(接着?)

イメージ 2


ようやく準備が整ったところで、EF63が登場。
イメージ 3
イメージ 4
勿論、自慢の双頭カプラーは密連側にセット。

イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
連結完了。
峠越えの準備が整いました。
イメージ 9


あの日の記憶が甦ります。
イメージ 10

↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓

前回の続きです。

まずは不動の動力車、モハ114をOHします。
イメージ 1
今回は車輪の錆がひどかったので、2000番の紙やすりで表面を削りました。
あとはいつもと同じく、電導板を中心に掃除したり、グリスを塗ったり・・・

そして組み上げ&試走を行い、ついでに室内灯を取り付けます。
イメージ 2
室内灯は勿論、LEDです。
イメージ 3
イメージ 4
これでOHは完了。
パンタもシングルアームパンタグラフからPS16Bパンタグラフに換装します。

貫通路に幌も取り付けて、作業は一通り完了。
イメージ 5
あとは方向幕を「松本」から「長野」に変えます。

本当は「高崎」があれば、文句なかったのですが・・・・

(つづく)

↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓


昨日、2013年頃発売と書きましたが、BLOG仲間の方からアドバイスいただいた方法で確認してみたら、2007年に再販されたものでした。
イメージ 1

あと、205系は乗務員室と客室の仕切りがないので、スカスカです。
イメージ 2

・・・と、ここで気になる箇所が・・・・
前面帯の上部から、光が漏れてます(汗)

早速、塗装したメンディングテープを貼って、遮光を試みます。
イメージ 3
イメージ 4

光が漏れなくなりました。
イメージ 5

↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

↑このページのトップヘ