2007年09月

2007年09月21日

友に捧げるバラッド

未だにくどうさんだと俺は信じていない。信じられないのである。
いつもコメントに対するコメントみたいなのはしていないんだけど、こればっかりはこの場を借りて一人の大事な人に向けてコメントする。




僕は何気なく日記を書いた。何も考えず書いた。あのときの心情なんて覚えてもいないだろう。
だけど、あなたを傷つけるような意志で書いたなんて全くないんだよ
僕はあなたがそんな状況にあったなんて全く知らなかったんだよ
それだけは信じてほしい


そしてそれ以外にもあなたを傷つけるようなことは一切していません。



僕は誰かを罵倒したり、感情にまかせて人の心を殺すようなことはしないように心掛けている。僕にとってそんな人はただ情けない人だ。
ただ、あなたをそんな思いにさせてしまったということは
まだまだ僕は未熟者なんだと思いました。



僕は悪くないという言い方に聞こえてしまいそうですが、なにか誤解しているようでなりません。


今生活で色々あるようですが、絶対に無理はしてはいけません。無理した先には何が待ってるかわかりません。17の小僧が生意気を言って申し訳ありません。ただ、僕は味方ですよ!なんかあったら言ってほしいです。



もうこれを見ていないかもしれないけど、また落ち着いたら話をしましょう。



あなたの悲しみを殺してあげたい。




追伸
コメントを朝方消しました。一日かけて書いたので報告遅れてしまって申し訳ありません。


water12 at 19:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月20日

真実果てしない

27df3b08.jpg絵はそんなに特別上手くないんだけど、この人が描く女性は好きです。だって、ねぇ


water12 at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月19日

迫りくる脳内酒常化

寝るときはいつもひとり!名探偵コナソ






とりあえずフルーツの中で1番を決めるオリンピックを開催したら誰も興味ないからやめろよ




最近の近況シリーズ


ωMP3プレイヤーがなおった


ωゴキブリに異常にこわがる(オカマ口調で)


ωガチンコ!ラーメン道





なんにもない日常に生きる僕らです陰イオン



マナカナ




まあこんな気分も嫌いではないです

とりあえず痩せた
まあキスしたいよね



自粛


water12 at 21:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月17日

君は真実っ娘

41e5bfcb.jpgくどーさん、携帯変えたんでわからんです。涙 申し訳ありませんm(__)m



新しいZAZEN BOYSのライブ音源をCDRに落として、
でっかいステレオで聞きながら

つぶつぶ白桃を飲んでいる訳です。


ザゼンのライブ音源は向井秀徳.comにてすぐダウンロードできるのでこれみたひと今すぐ聴いてみよう!
もうとにかく果てしないね。やばいね。SEKARASIKAのヤバヤバさ。向井秀徳は何考えてるのだろうか。
新曲の二曲は吉田一郎の加入でかなり変わった感じになってる。でもひなっちが恋しい。
ステレオはイイ迫力だ。


誰かザゼンボーイズのライブに連れていって。



あー
あー



モグラ



困ったときはモグラに頼るといいそうですよ




ごめんいみわからん





何故か天使な小生意気の1920巻が希少価値高いので買えない現象!最後のオチが気になりすぎて腹が立つんだね
マジで見つけた人送ってくださいm(__)m


water12 at 15:29|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年09月15日

あえて抵抗しない

完全に美しい人を見たことがあるか。
それはもう、体のパーツひとつひとつが美しい。見ているものさえ美しい。もはや存在していることさえ美しい。
そんなものに対しては汚したいとかいう感情は生まれないんだな
実際この世界に存在してないんじゃないかというまでなにもかも想像できない


それを想像できた時その人を美しいとはおもわなくなるだろう。そんな自分勝手な感情をあなたはしたりするだろうか。



ゆらゆら帝国アルバム 空洞ですはジャケットや曲目からして今までで1番気持ち悪そうだ。いよいよゆらゆら帝国がスイッチ入ったんじゃないかと予想します。


water12 at 22:53|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年09月11日

生きる理

よっしゃあーーー




きたきたーー!








猫「僕は人間になりたいと思ってるけど毛が気持ちいいから猫のままでもいい気がするんだ。
無論毛がなかったら人間だニャン」


そう、この猫には人知れず人間になれるチャンスが訪れているのです。ですが自分は気付いていません。



恋人のメスネコ「人間になったら私はどうなるの?ひとりで毛でフカフカしてやるんだから!」


猫「確かに…人間になったら生まれ変わるってことだからもう仲間猫には会えない。そして毛でフカフカすることができないニャン」



友達猫のタマナサ君だけが彼が生まれ変われることを知っています。


タマナサ「(人間になって俺達よりいい暮らしをしてほしい…だが…フカフカ…やべぇフカフカしてて気持ちいい俺の毛)」



猫「やっぱり俺は人間になってみたいニャン」


そう願った瞬間、彼の体が光を放つようになりました。


タマナサ「お…おい!お前は猫から生まれ変わるかどうか試されていたんだ!人間になったらもう猫には戻れないんだぞ!」



猫「え…まじで?嘘だろ…俺は人間になるのか?ああなんか光りすぎ」



恋人の猫「嘘…シンジラレナ〜イ」



ピカーン




のちのIKKOさんである


water12 at 23:24|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年09月10日

結局の話し

片思いだからって区役所に届け出なくてもいいんです


water12 at 23:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年09月09日

現代着地点はないずっと飛んでる

色んな人のブログを見ていますと、僕より数倍特殊な経験をしている人がたくさんいるわけです。そんなのを見ると悔しい中にまだまだ普通の人間だという反省があります。田舎のせいにしているけど、田舎は悪い。
とりあえず、蟹と猫を戦わせるのはやめろ!



リアディゾンは外人だということなのを推理したのですが何をしている人なのかさっぱりわかりません。有力説はノーパンしゃぶしゃぶです。もしくはnobodyknows+しゃぶしゃぶです。
とにかくリアディゾンについて考えると腹が立ってきます。まずリアディゾンはどこ中出身なんだろう



今日はMP3プレイヤーの編集で終わりました。それについて感想は求めないでください。
とにかく、蟹と猫を戦わせるのはやめろ!


water12 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

全裸らしいです。

おとぎ話のSALE!と凛として時雨のinspiration is dead を購入。まるっきし正反対な音を出すけど同世代のバンドなんだね。
おとぎ話の声が存在感あるみたいな説得力あるみたいな力強いくなってて素晴らしい。KIDSが素晴らしい。凛として時雨に関しては買えとしか言えないよね



天使な小生意気も頑張って18巻まで読破。あと2巻なんだけどどこにもないんですよね。徳光和夫呼んでこい誰か


今日は休みだってのに体調が気持ち悪い一日。中学の体育祭がありましたけと゛吹奏楽部時代にトロンボーンを教えたヒゲ面のなかにっちゃんが生徒会長らしいです。このブログ始めたときは俺が中三あいつが中一。時が流れるのは早い。


まずい。めっちゃだらだらする。この状況は抜け出せそうで抜け出せない。


water12 at 16:29|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年09月07日

だぁー

中学生バンドが奇跡的に何もせずに崩壊!!!!笑
やっぱ俺がバンドやるとロクなことないんだよなー。もうこうなったら早くドラムを見つけてバンドを立ち上げる。でもドラムが未だにいないんだよ!!あーあのステージの道のりは遠すぎる。なんでだよ畜生。


water12 at 22:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年09月05日

お前だよ

お前に捧ぐ。お前に捧ぐ。お前に捧ぐ。お前は生きろ。生きろ。どんな逆境に立たされた時も、死にたいなんて言葉は使うな。その他の言葉がお前には詰まっているだろうが。その言葉がお前を生かしている。死んだら言葉は使えない。




なんでなのか時が経つに連れ俺の周りに人は居なくなった。俺にはばあちゃんがいた。俺にはおじがいた。間違いなく、俺の前にはいたんだ。もしかしたら、今も、俺の前にいたのかもしれない。
ばあちゃん、今でも俺はまだ受け入れられない。なんでだろう。もう二年経とうとしている。なのになんでまだ俺の傍で笑ってくれているようなんだろう。今たまに逢いたくてしようがないときがあるんだ。なんでどうすることもできないんだろう。なんでどうすることもできなかったんだろう。
おじさんや、真夏の暑い日を、真夏の暑い日をまだ過ごしていますか。なんだか不思議な気分です。ああ。また正月来いな。



なんでだろうか、こんなことが有るたびに俺は生きたいと強く願うようになった。そして、誰も死んでほしくないと強く願うようになった。
お前の苦しみを理解することができない。だからこそこんな言葉に意味がないのは分かっている。だが、なんか違ってねえか。



生きろ
そして死という言葉はなくなれ



平和の村日本にて俺がお前に捧ぐ。


water12 at 23:14|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2007年09月04日

詩「好き」

好きとか好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好きキスキスキス好きキス好きキス好き好きキス好きキス好きキスキスキスキスキスキス放題好き放題好きキス失踪キス好き過ぎキス放題好き嫌いを知らない好きまでを好き嫌いは行けない好き過ぎ過ぎ好き過ぎ好きまで好き嫌い好き好き好き好き好き好き好き好き過ぎキスキスキスキスキスキスキスキスキスキス好き最後にあれで好き好きキス決まってるキス好きああ好き会ったことも好きキス放題好きキス放題好き好き好き過ぎ好き過ぎ好き好き好き好き好き好き好き少し好きかなり好きなかなか好き好き好き好き好き好き好きああー好き好きかなり好きやっぱり好きかなり君好きやっぱり君好きかなり好き好き好き


water12 at 23:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年09月02日

愛はどんなんだい

またバンドを組んでしまった…
まだ会ったこともない。しかもみんな中学三年生!!爆
前に観た、ニルバナとかスターリンをやってた中学生の子だ。ただでさえ人見知りなのだから不安すぎて仕方ないわ!ギターやります。



あー君には一生追いつけないそうだわー


water12 at 21:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0)