2006年12月12日

愚作

青い少女 忘れた唄を口ずさむ声
秋のあの色 なびかせてる風


少女は緑色の道を歩く シンバルが鳴る音が遠くからする
おまえはもう12月に生きる春
虎穴に入らずんば虎児を得ず

そして今までのメロディーはすべて嘘
だと思ったらホント
少女は下を見つめながらも笑った顔して泣いて飛んだ

ジャンピングは未体験


青い春に海に沈められた
淡い想い 喜ぶ気持ち
自転車からの風景は何かを知っているあああああああああ


NO.5 GIRL FRIEND


I LOVE YOU は いらない


water12 at 23:57│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ボブ   2006年12月14日 00:49
これカズ坊君が書いたの?あなたホントに高校一年生なの!?ひゃ〜
素敵

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔