2006年12月26日

ジョゼ

なんか暇だろうと思ってレンタル借りて帰った「ジョゼと虎と魚たち」。どんなんか分からないでどんなもんかと思ったら、切なすぎてやばかった。
妻夫木聡なんてあんなシャバ僧が、とか思っていたけど、こんなん見たら妻夫木に申し訳ないよ。こんなにすごい演技を魅せた池脇千鶴と妻夫木聡、監督、脚本家すべてがすごすぎる。



「うちは深い海の底から泳いできたんや。あんたとこの世でいちばんエッチなことするために」っていうジョゼの台詞がすごいキュンときた。なんかどこの話しにもなかったロマンな台詞だな〜と思った。
ジョゼは扱いづらい女性みたいな感じで、不器用な性格だから最後あんなんなっちゃったんだろうか。最後の妻夫木が道端で泣くシーンから最後までが切なすぎてやれんかった。そんで切ないで終わってしまって嫌だった。こんな終わり方泣きそうで。エンディングくるりの歌がハマりすぎてもうダメだった。



是非愛する人と見ていただきたい。是非愛する人と見たい。ジョゼと虎と魚たち


water12 at 17:20│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by UNI   2006年12月26日 20:28
なんか………怖い。偶然。

あたし昨日、BOOKOFFで冬休みの読書のためにジョゼ買ったんだよね………(・∀・)

2. Posted by 金沢のくどう   2006年12月27日 00:46
原作もいいよ。

座禅のライブはやばかった。楽しかったわ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔