プレイアデスの夢

写真とともにひたすらどうでもいい思いを書き殴ってます。 旅行好きの関係でたまに旅に関する有益な情報も流す、かもしれないです。

写欲

_Q3A4991 のコピー

情報社会が加速する現代社会。
ネットには鉄道写真に溢れ、そこから刺激を受けるわけだがその一方であらゆる人に刺激を与えすぎてあっという間に紹介された場所がパニックになったりする。別にこの現象は鉄道に限った話じゃ無いけれど、この弊害は年々悩みとして大きなものになってきてる印象。私のような弱小鉄、それも鉄としてはもはや生きてるか死んでるかもわからないような者でさえ少なからず影響を与えかねないこのご時世は誠に困ったものである。

…そんな事を書きたかったのではなく。 
著名なブログなどの過去写真を見ていて思った事について。
日本海や北斗星、つい数年前まで撮る事ができたこれらの被写体に関する写真を見て久々に何か写欲に湧いた。自分もこれに負けないものを撮ってやりたい、と。
こんな感情は国内においてここ最近一度たりとてもった事はなかった。それが過去のブルトレの写真をみて蘇ってきたのである。最ももう撮る事はできないが。

これを通じて思った。自分の中の火が消えたわけでは無い、と。ただ撮るものがないだけ。
なかなかに悲惨な現状に気がついてしまったらしい。

撮るものが無い、とか言いながら晴れれば何かを求めてほっつき歩いてはいる。
かといって撮った後の感動があるわけではないが。
日本海などを撮っていた時のような感動を国内で再び感じる事はあるのだろうか。 


春の訪れ

_Q3A3783 のコピー

ご報告。社会人1年生となってしまいました。
実家からも出る事となり、そして住む地は遠く離れた西国の地へ。
何かここは一つ防人歌でも詠んでやろうか、そんな場所へ。

大学生のうちに国内における撮り鉄活動は燃え尽きてしまい、特に趣味面でアツい目標のない状況。そんな中でただただ日中は労働に励み夜は数時間の自由を味わい寝て起きてはまた同じ事を繰り返す毎日。
何とも悲しい日々である。そんな時こそ歌が詠めるというものだがそんなものどうでもいい。

最後に撮ったのは3月末山陰大サロの時。そしてこれが国内撮り鉄久しぶりの参戦でありこれ以来またご無沙汰となりつつある。
正直なところが国内の被写体に魅力を感じない。
だがこの時のこの場所、かの有名なトママツで撮った大サロはとても格好が良かった。
青くない寝台でもない客車列車に「出雲」ヘッドマークをつけるという事には賛否両論あるが往年の名撮影地で朝の鋭い光線に照らされた凸型DLというのは素晴らしいの一言。

お知り合いに会いに行くために赴いたという側面が強いが行ってみて感動である。
またこんな撮影が巡ってくる事はあるのか、やってくる事を願い日々を過ごしていく。

2016総括

_77A0020 のコピー
あれよあれよと言う間に2016年も年末を迎えてしまった。春に就職を控え、卒業を控え、即ちモラトリアムの終了を意味し………焦ってます。
もうすぐ新年だというのに、本ブログの今年の遠征シリーズは駆け込みで中蒙遠征を書き終えたばかり。欧州遠征ともう一つはいつ書き上がるのか。卒論すら完全には仕上がっていない今、ただただ何かに追われる気分でいる。
ともあれ、今年の総括。 続きを読む

北京の暇つぶし事情

_77A7126 のコピー
北京といえば紫禁城、万里の長城、天壇…などといった観光地があるけれど、これらは一度行けば個人的にはもう二度目はいいかな、ともなるもの。
鉄道撮影は、というと特段綺麗に撮れる場所があるわけでもない。郊外には面白い場所はあれど一日仕事。
街並みはそれほど特徴がある訳でもなく、中途半端に新しく古く、綺麗でもなければいっそ面白いぐらい汚い訳でも無い。正直に言って二度目以降は魅力の無い街。
そんな街に時間の無い中魅力を見出すことに頑張ったモンゴル遠征のおまけ、北京観光の記録。 
続きを読む

中蒙国際列車

_77A5081 のコピー
モンゴル滞在も遂に終わり、この日朝の列車で北京に戻る。
夜中のうちに雨が降っていたらしく、ちょっとだけ期待していたシットリとしたウランバートルのスナップ撮影をしてから駅へ向かう。
野良犬に追っかけられてちょっと焦った。
_77A5077 のコピー
 
続きを読む