ウォーターサーバー比較!放射能と水の安全のこと!

大人気のウォーターサーバーですが、水の安全は放射能検査だけではありません。飲料水試験である一般細菌試験適合検査も大事!何故か一般細菌試験適合の検査結果書が無い不思議さ!その理由やウォーターサーバーの本当の安全のことについて!ウォーターサーバーの上手な選び方ポイントも!

特に衛星面で安全性が高いいわれるウォーターサバーですが、色々調べてみると問題が全く無いわけではなさそうです。取水地の放射性物質の検査は定期的にするのに、ウォーターサーバー本体から出る水についての検査をしているのか不明なものが多いです。要は、飲料水試験・一般細菌試験適合の検査結果書のことです。ウォーターサーバーで、この一般細菌試験適合の検査結果書が付いてくるのは『Mizの樹』だけかもしれません。他のウォーターサーバーでは、検査をしているのか、さらに一般細菌試験の結果を開示してくれないケースもあるようです。

そもそも日本のウォーターサーバーの多くは、海外からの輸入に頼っています。しかも、細菌・バイ菌・有害物質が溜まりやすい構造になっているといわれます。特に細菌や有害物質が溜まりやすいのは、ウォーターボトルを差し込むタイプの差込口(差し込み棒)や、サーバー本体内部のタンク底辺といわれます。オーケンウォーター 口コミのような次世代型ウォーターサーバーは、給水時にボトル内に外気が混入することがありませんが、サーバー内のタンクには外気が入ります。そこで取り込む外気の抗菌対策として無菌エアシステムなどを採用しているのです。ガロンボトルの場合は、フィルターなどで抗菌処理しています。これだけで安全かというと、一般細菌試験の結果がないと何ともいえないのが本音ですね!

ボトルを差し込むタイプもサーバー本体のタンクに貯めないで、ダイレクトに給水させるようにすれば衛生面も高そうな気がしますが、色々問題もありそうですね。あとフレシャス 口コミのようにビニールに刺して取水するタイプの場合、水漏れなどが多そうで心配です。実際にフレシャスは、水漏れの苦情が多いようですし・・・安全なウォーターサーバーを探すのは、一苦労かもしれませんね!

水の安全性を考慮してウォーターサーバー各社では、採水地(天然水の場合)の放射性物質の測定検査をしています。RO水の場合は、各プラント工場の放射性物質検査になるわけです。でもウォーターサーバーの水の安全性は、これだけで大丈夫なのでしょうか?

本来なら飲料水試験ともいえる一般細菌試験適合の検査結果書が付いていても良さそうな気がします!そもそもウォーターサーバーって、この一般細菌試験適合検査結果を出していない会社がほとんどです。唯一、提出しているのがMizの樹 口コミですね!

一般的に著名なクリクラ 口コミアクアクララ 口コミなどのRO水、またコスモウォーター 口コミワンウェイウォーター 口コミなどの天然水では一般細菌試験適合検査結果がありません・

このあたりのことを少し調べてみました。日本は、ウォーターサーバー本体を輸入に頼っているそうです。ちなみに、このウォーターサーバー本体は、細菌や有害汚染物質が混入しやすい構造みたいです。だから、飲料水試験・一般細菌試験適合検査(要は、ウォーターサーバーが注ぐ水の検査)は、しない(できない)みたいです。そのため、抗菌やUV殺菌、無菌フィルターといった衛生面の安全性を宣伝しているようです。

ちなみに『Mizの樹』のウォーターサーバー本体は、上記の矛盾点を解決するため国内で開発・製造までしているそうです。他のウォーターサーバーとは、一味違った頼もしいポリシーなわけです。本当に安全な水を選びたいなら、しっかりと選びたいものです!まず、一般細菌試験検査書と放射能測定結果書があるか、もしくは提出できるのか確認しても良いと思います!

このページのトップヘ