ミネラルウォーター

 ボトルに入って売っている水はどれもミネラルウォーターだと誤解している人も多いですが、ミネラルウオーターとは「無機塩類やガス(ミネラル)を豊富に含む、飲料に適した鉱泉の水」のことです。売られている水がミネラルウオーターかどうかは、製品表示を見ればわかります。
 ミネラルウォーターには以下のような種類があります。
 ナチュラルウォーター:特定の水源から採取された地下水で、沈殿、ろ過、加熱殺菌外の処理を行っていない水
 ナチュラルミネラルウォーター:ナチュラルウォーターのうち地表から浸透し、地下を移動中又は地下に滞留中に地層中の無機塩類が溶解した地下水
 ミネラルウォーター : ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、ミネラルの調整等や複数の水源から採水したナチュラルミネラルウォーターが混合などがなされている水
 飲用水又はボトルドウォーター: ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター及びミネラルウォーター以外の水


ミネラルウォーター

 日本でも、ペットボトル入りのお茶や、ミネラルウォーターなどの有料の水が定着してきつつありますが、一昔前までは、水やお茶はただで当然という感覚でしたよね。でも、欧米では、喫茶店でも水は有料というのが当たり前でした。イギリスのロンドンでは上水道を沸かすやかんや、湯を沸かすボイラーの内側にもカルシウムやマグネシウムの結晶が大量に付着する事が知られていいます。ヨーロッパでは飲用に適する上水道と排水を流す下水道の他に、入浴や洗濯などに用いられる生活用水(飲用には適さない)を供給する中水道が存在している地域もあり、上水道であっても硬度が高いために味の悪い水しか出ない地域もあります。そんな事情から、地下水などの硬度が高過ぎて飲用とし難いヨーロッパを中心に、味の良いある地域の水を瓶詰めとして飲料水として販売されました。これが、ミネラルウォーターの始まりです。


ミネラルウォーター

 おいしい水とはもちろん人それぞれ、状況、気温、体調などによって感じ方も違ってきます。ただ、そのおいしさの基準となるものがあります。
 ミネラルの含有量:多ければ苦味、少なければ味気なくおよそ30〜200mg/lほどの量であるとこくのあるまろやかな味が感じられるようです。
 硬度:硬度とは水1リットル中のカルシウムとマグネシウムの合計量(ミリグラム)を基にしています。おいしくて健康によい水は、硬度10〜100とされていて、硬度50以下が特においしく感じます。マグネシウムが多いと苦味を感じます。硬度が低ければくせはなく、高ければ好みが出ます。
 酸素と炭酸ガス:一度沸騰させてから冷やした水は、飲んでもおいしく感じられません。酸素が追い出されてしまったからです。また、おいしい水を飲んだとき、かすかな清涼感を得ることがあります。その清涼感は水に溶けている炭酸ガスの働きによるものです。清涼飲料水は、まさにその炭酸ガスがほどよく溶けているからこそ清涼飲料水なのです。ちなみに、おいしさを感じる水というのは、水1リットル中に酸素が5mg以上、炭酸ガスが20mg前後含まれているものとされています。
 水温:8〜12度の水。このくらいの水温が、水を一番おいしく感じさせます。水温が20℃を超えてしまうとおいしさが感じられなくなります。
 pH:中性または中性に近い水。pH7が中性で、これより大きな値がアルカリ性、小さい値が酸性です。日本の水質基準では、飲料水のpH値を5.8以上8.6以下と定めています。
 有機物:水に含まれる有機物量が3/l以下がよく、多いと渋味で味を損ないます。
 その他:臭気度は3以下でそれ以上になると不快な味になり、その他、塩素は0,4/l以下より濃度が高ければまずくなります。
 最後に味とは関係ありませんが、有害物質で汚染されていない水。つまり、大腸菌等の細菌が検出されないことが重要です。