title

模型メーカー ウェーブ開発部の新製品開発ブログです。

オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!



超絶破壊力の対宇宙艦用エネルギー兵器!

IMGP9078R
『GAT-35 ロッグガン』
劇中、絶大なインパクトを残したエネルギー兵器が、
可動域・スタイリングを劇的に変える『スコープドッグ上半身改造パーツ』とセットに、1:24 ATシリーズ最新作レジンキットとして登場です!




●GAT-35 ロッグガン/LOG GUN
IMGP9106
IMGP9107
対宇宙艦用のエネルギー兵器。
劇中では1回のみ第1話にだけ登場したレアな兵器ではありますが、そのインパクトは絶大!荒れ狂うエネルギーの奔流が対象へと襲い掛かります。
単騎で運用できる兵器としては、後にも先にもこのロッグガンがほぼ最強なのではないでしょうか。
つい先日、タイムリーにもボトムズTVシリーズの放送(tvkサンテレビ等)が始まりましたので、初回からこんな弩級の兵器が登場して度肝を抜かれたかと思いますが、こんなヤバイ兵器…
欲しい!となった方も多いのでは?

「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツ」は ボトムズ造形で人気を誇る実力派モデラー只野☆慶氏が原型を担当。数々の作品製作から培ってきた技術・構成と、
只野☆慶氏ならではのセンスが色濃く出た造形・スタイリングが魅力です!



IMGP9104s
IMGP9103
ロッグガンはスコープドッグ系統のATが持つ武器の中でも、特に大型であることが目を引きます。
そのデザインも飛びぬけてSFチックなメカニカルなものとなっているのが特徴です。


IMGP9108
IMGP9110
IMGP9115
IMGP9116
IMGP9109
大型の砲身にレンズ、エネルギーチューブ。そして明滅を繰り返す機器類。
只野☆慶氏によってロッグガンのエキセントリックな特徴が、設定画・劇中本編から非常に良いバランスで統合され、実にカッコよくハッタリの効いたモデルに作り上げられています。


また、只野☆慶氏によって見た目のスタイリングだけではなく、機能面でも工夫がされています。
IMGP9111IMGP9112
IMGP9113IMGP9114
グリップを可動式として、大型であるロッグガンを取り回し良くしています。
ウェーブ・プレミアムモデルNEWS!でも只野☆慶氏自ら解説されているので、是非ご一読ください!



●スコープドッグ上半身改造パーツ/SCOPEDOG UPDATE PARTS
IMGP9117IMGP9118
そして、セットとなる「上半身改造パーツ」を使用したスコープドッグがこちら。
上半身が丸々新規となるので、元となるプラモデルと合わせて作る他にも、既に出来上がっているスコープドッグへと特別な加工無しで付け替える、ということも出来ますよ。


IMGP9119IMGP9120
IMGP9121IMGP9122
上半身改造パーツを使用することで、引き締まったマッシブなスタイリングに。
基本的にはスコープドッグにロッグガンを構えさせるための改造パーツなのですが、
そこは只野☆慶氏。プロポーションに破綻なく、しかも更にカッコよくしてしまうとは…
流石のセンスが光ります。


IMGP9123IMGP9125
そして可動ポイント。
まずは、肩に引き出し機構があり、ぐぐっと引き出してやることができます。
ちなみに、肩アーマーが、その引き出しの動きに追従して、自然にアーマー位置が移動するというのも見逃せないポイントです。

IMGP9126
引き出し機構の内部はこのように。内部機構を伸ばして、大きく引き出すことができ、
その動きに肩アーマーが連動して、スムーズな動きになります。

IMGP9127IMGP9128
そして、ヒジ関節には伸縮機構があり、腕を伸ばすことができます。
単純に腕が伸びたことで、ロッグガンを持ちやすくなり、
また、ヒジを90度曲げる事ができる可動域も確保することができます。

IMGP9129IMGP9130
伸ばしたことで目立ってしまうヒジ関節ですが、実はヒジアーマーも単独可動が可能で、
ヒジ関節をカバーするように動かすことができます。

IMGP9131
ヒジアーマーをヒジ関節・肘の曲げに追従させ、目立たないようにカバーさせたり…

IMGP9132
ヒジアーマーを先行させて可動させることで、肘の内側をカバーさせることも出来ます。
ヒジアーマーの可動を自由に使いこなすことで、関節が目立たない、自然な見た目で腕の可動を行う事ができます。

IMGP9135IMGP9136
上半身丸々が改造パーツセットに含まれるという事は、もちろん“ハンドパーツ”も
只野☆慶氏オリジナルのものが付属します。
ちょっと有機的っぽいトゲトゲした感じが、なんとも心くすぐる造形です。

IMGP9137IMGP9138
特に、武装の持ち手は、ロッグガンを持ちやすいように「手首」に予め角度が付いていたり、その手首の付け根にも可動ポイントが設けられていたりもします。

IMGP9139IMGP9140
グリップを持つ時に取り回しやすいように、親指も可動をさせる事ができます。

IMGP9141このように、ロッグガンを持たせるために様々な工夫が施された『腕』ですが、その恩恵により可動範囲もスコープドッグ系にしては異例の広さに!
腕組みなんかもお手の物!未だかつて腕組みをしたスコープドッグなんて見たことがあったでしょうか?独特の指の表情もいい味出しています。


IMGP9142
また、ロッグガンを構えるために、心強い「補助パーツ」も付属します。
補助パーツをロッグガンに取付け…

IMGP9148腕の接続時に肩に噛ませることで、ロッグガンの自重によるヘタリも防ぎ、しっかり安定してロッグガンを構える事ができるようになります。



ロックガンIMGP9094

●ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット/
                       LOG GUN & SCOPEDOG UPDATE PARTS SET

IMGP9089IMGP9090
さて、これまでご紹介してきた、ロッグガン本体と上半身改造パーツの腕による可動を組み合わせることで、カッコよく!そしてしっかりとロッグガンを構える事ができます。


IMGP9087IMGP9093
IMGP9091
IMGP9092
IMGP9086
ロッグガンは巨大な武器というだけでも迫力があるのですが、それを比較的小さい部類であるATが持つ!というのがアンバランスさがあり、更に巨大感が引き立ってカッコいいです!



IMGP9098IMGP9101砲身やスコープをアップで。
砲身内部の銃口の作り込みや、スコープレンズのクリアー感はとてもキレイ!
細かな機器類のディテールも見ごたえあります。

IMGP9096IMGP9100撮影も、その大きなロッグガンにピントを当てるか、あえてスコープドッグにピントを当ててロッグガンをボかすか、撮り方一つでも見え方・迫力の出方が違って面白いですね。


IMGP9082
IMGP9083

IMGP9084_r
  なんとなく合成で劇中再現ぽくしてみても面白いですね。



IMGP9099その後長く紡がれていくこととなるボトムズというストーリーの中で、最初も最初の第1話に1回登場したきりというレア中のレアな兵器でありながら、その出鱈目な性能により知名度・ファンも意外に多いロッグガン。いざ立体になるとその凄味も一倍強調され、これぞSFメカというゴテゴテ感も非常に見応えがあり、その情報量の多さから意外にも模型向きな題材だったのだなと感じます。

今回、只野☆慶氏が、そのボトムズ史においても一際異彩を放つロッグガンを、細かなディテールからそのシルエットに至るまで完全再現しただけではなく、その手腕はそれを構えるスコープドッグにまでおよび、造形面だけではなく機能面においてまでこだわりぬいて製作しています。

ロッグガンを組立てて空想科学兵器ぶりを堪能するもよし、スコープドッグ上半身改造パーツで模型製作・改造欲求を満たしてもよしな、様々に楽しむことができる贅沢なキットセットになっていますよ!



0525『ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット』は、
ビージェイ限定販売で、2016年8月1日(月)受注締切り
ですので、お見逃しなく!ぜひお求め下さいね!




TT(ウェーブ開発部)

©サンライズ

新製品「HGステップドリル」のご紹介

みなさん、こんにちは。
ASです。


毎度、材料・工具系をご紹介しております。


本日はコチラ。
HT531-01HT531-02
先日公開された「HGステップドリル」。
これから発売される新製品となりますので、今回もサンプルを使ってご紹介します。


製品内容&セールスポイント
HT531-43HT531-12
●プラモデルのパーツや板状の材料に丸穴を開けられるドリルとハンドルのセット。
●これ1本で、2mm〜10mmまで1mm刻みの穴あけが可能!


HT531-07HT531-06
「ステップドリル」は、従来の模型用ドリル刃とは異なる形状。
先端から根元に向かって、一段一段サイズが大きくなっています。


HT531-04HT531-40
付属のハンドルは、「ワンタッチピンバイスL」と同型のものを採用し、
ボタン一つでドリル刃の着脱が可能。
成型色は赤になります。


使用例
HT531-15HT531-16
このような箱組みされたパーツに丸穴を開けます。
一応、キャラクターモデルのボディのつもり。(^_^;)


HT531-17HT531-18
本製品でいきなり穴を開けようとすると、ズレたり穴が乱れたりするので、
ピンバイスで1mm程度の下穴を開けます。


HT531-19HT531-21
ドリルの先端部分を下穴に当てて、
少しずつ力を入れながらハンドルを回して穴を広げていきます。


HT531-29HT531-30
印刷されている数字を目安に、狙ったサイズの丸穴が開けられます。


HT531-31HT531-32
ドリル刃を付け替えることなく、9mm径のきれいな丸穴が出来ました。


HT531-34HT531-35
大きいサイズの丸穴を簡単に開けられるので、
関節パーツの組込み等にも便利です。



HT531-36HT531-37
用途や使い方が「ハンドリーマー」に似ていますが、


HT531-38HT531-14
HGステップドリル」の方が綺麗な穴を開けやすいです。
穴のサイズも1mm刻みなので、丸棒やパイプ素材との相性もバッチリです。


HT531-13
但し、開けられる穴のサイズが9種類と限定されているので、
細かい微調整や10mm以上の穴あけをする場合は「ハンドリーマー」と使い分けることをオススメします。


以上
HT531-39
簡単ではありますが、「HGステップドリル」のご紹介でした!
発売まで今しばらくお待ちくださいませ!



そして。



HT531-42
後片付けに便利な「ハンディクリーナー」。
今回も大活躍でした。


それでは、また。


AS

原型師:毒島孝牧氏による圧倒的造形美!カラーレジンキット「1/48 ヴェルビン」をデコマスレビュー!



『AURA FHANTASM』にて発表、知る人ぞ知るアナザービルバイン!

IMGP7552『ヴェルビン/BELLVINE』
原型・毒島孝牧氏渾身のABシリーズ第1弾!ヴェルビンがついに登場!


出渕裕氏が『AURA FHANTASM』にて発表した、オーラバトラー・ビルバインから、
より有機的な面が強調された機体。

かねてからオーラバトラーを造形し、高い評価と注目を集めていた原型師:毒島孝牧氏(ブスジマックス)が、満を持して製作。

緻密なディティールと、時にダイナミックな有機的ライン。固定スタチューモデルながら躍動感溢れるスタイリングは、見るものを圧倒させます。
無機と有機が絶妙に融合した造形は、おどろおどろしくも美しく、毒島氏の造形センスがオーラバトラーに実にマッチしたものになっています。




IMG_0062
ヴェルビンを構成するパーツを抜粋。パーツはカラーレジンによる8色成形。
かなり細かい所も丁寧に色分けされている事が分かりますね。

bel_ass_head          bel_ass_swordbel_ass_arm
  bel_ass_con2bel_ass_con1
  bel_ass_body02bel_ass_leg02
毒島氏の原型作業時の途中3Dデータも抜粋しました。
データ上でも緻密なパーツが、正確に綺麗に組まれるように設計されている事が分かりますね。

近年のウェーブ製アクションレジンキットに比べ、パーツ数は必ずしも多くはないのですが(※十分多いです!) 多過ぎず、少な過ぎず、キットとして製作していくには程よい数になっているかと思います。


bel_finish01
また、パーツ同士の接続凸凹がかなり深めに作られており、組み上げた際にピシッと
ポージングがキまる最適なパーツ構成
となっています。

このパーツ構成を実際のキットでも可能にしたのは、今回もやはりRCベルグのレジン成形技術
実際、ここまで深い凸凹を忠実に再現するには、高い技術はもちろん、かなり贅沢な型作りをする必要があり、苦労しましたが、その甲斐あり、毒島氏による超絶原型をそのままストレートにお届けすることが可能になりました!


IMGP7581毒島氏が狙った最適なポージングを組み上げるだけで再現できるのは、原型師の思い描いた最良の理想をユーザーが共有できるということです。
作り手である原型師と、受け手であるユーザーが遜色なく同じ物を手にできるというのは、技術を積み重ね、円熟した今という時代ならではじゃないでしょうか。

今回、そのまま組んでいただくのも良いですが、生物表現が強いオーラバトラーならではという事で、いろいろな塗装や仕上げを楽しんでみても面白いと思います。
この辺りはウェーブ・プレミアムモデルNEWS!でも色々試していますので、是非ご一読ください!



そして!ヴェルビンWEBページでもおなじみの今回の塗装見本作製は、毒島氏
表面に浮き出たテクスチャー表現や、薄羽やコンバーターのクリアー表現、
玉虫色のグラデーション表現と、非常に美しく思わず見入ってしまいます。
IMGP7571
IMGP7572
IMGP7574
IMGP7575
IMGP7576
IMGP7577
IMGP7578
IMGP7579
これは凄い!感嘆するっていうのはこういう事なんでしょうね。ただただカッコイイ!
この毒島氏製作の塗装品がウェーブ事務所に届けられた時は、スタッフの誰もが横を通り過ぎる時に2度見して、戻ってきてから、しばらく見惚れていたくらいです。

毒島氏と同じクオリティでの塗装となると大変かもしれませんが、こちらを参考に、
がんばって仕上げてみたいですね。



ご覧のとおり、各所には緻密なディティールが入っています!
IMG_7463
IMG_7582
IMG_7584
IMG_7585IMG_7586
IMG_7587IMG_7593
IMG_7588IMG_7589
IMG_7590IMG_7594
IMG_7595IMG_7607
IMG_7596
IMG_7600
IMG_7601
IMG_7608IMG_7609
IMG_7610IMG_7611
IMG_7612IMG_7615
IMG_7614IMG_7616
IMG_7617
IMG_7619IMG_7613
IMG_7620IMG_7622
IMG_7621
IMG_7623IMG_7624
IMG_7625IMG_7626
IMG_7627IMG_7628
IMG_7630IMG_7629パイプやチューブといった無機物がまるで有機物のようにうねる様や、羽の葉脈、外骨格や筋肉表現など、見所しかありません!
このメカ的表現とクリーチャー的表現の融合が、毒島氏造形の真骨頂ですよね!
オーラバトラーとは親和性も高いわけです!

組んでヴェルビンを作り上げてからはもちろん見応えがありますが、組む前のパーツ単位の時点でも見応えバッチリです!ぜひ組む前にはパーツチェックも兼ねて、1度は全パーツの緻密なディティールを隅々まで鑑賞してみてくださいね。



e8235277
また、武装としてオーラソードの抜刀状態も再現可能です。


IMGP7606IMGP7607IMGP7608IMGP7605
いわゆる差し替え方式で、鞘に収まった柄状態と、抜刀状態を切り替えます。

オーラソードは、クリアーパーツ・ゴールドパーツ・シルバーパーツと、なんとも豪華な
パーツ構成になっています。
パーツ図をよーく見ると分かるかもしれませんが、こちらも毒島氏のアイデアが効いた、少し捻ったパーツ割になっています。こういった原型師の工夫を直接見る事ができるのも、キットの良い所ですね。

IMGP7612固定スタチューモデルではありますが、アングル次第でオーラソードを振るうようにも!
画面斜め上後方にオーラコンバーターを配置すれば、なんだか高速で飛翔してるようにも見えますね。
スタチューモデルにはスタチューモデルでの楽しみ方もありますよ!




そして、ヴェルビンといえばなのが、
IMG_0040
出渕裕氏がB-CLUB誌上にて連載していた、この『AURA FHANTASM』
後の『New Story of Aura Battler DUNBINE』にもつながる、甲虫と甲冑、メカの融合のデザインラインが掲載されています。

IMG_0055
『AURA FHANTASM』の連載上でヴェルビンは発表され、人気を博し、いまや有名マスプロメーカーとなった当時のガレージキットメーカー各社がこぞってキットを製作・販売。この連載を纏めた『AURA BATTLERS -AURA FANTASM-』上でも各社のキットが掲載、当時の熱量を窺い知ることができます。

IMG_0043
この『AURA FHANTASM』掲載の画稿・設定画をもとに、本キットのヴェルビンは製作されています。

IMGP7558IMGP7564IMGP7565IMGP7566『AURA FHANTASM』でのアングルに合わせて。
やはり元となった画稿のアングルだとバッチリ画面映え良くキまります!






IMGP7560『AURA FHANTASM』にて出渕裕氏が発表したアナザービルバイン「ヴェルビン」を、
原型師:毒島孝牧氏が圧倒される造形力で作り上げた本作。
緻密なディテールとダイナミックな曲面、無機物と有機物の複合表現には感嘆させられます。

そして、毒島氏こだわりの狙ったポージングを誰でも再現することが可能になった、毒島氏自らのパーツ構成とRCベルグの成形技術は、キットとしての面でもこれまでとは一線を画す物になっています。

しかし、一番のオススメポイントは、単純にカッコイイ!これに尽きますね!!


0425
『ヴェルビン』は、
ビージェイ限定販売で、2016年6月27日(月)受注締切り
ですので、お見逃しなく!ぜひお求め下さい!


そして、毒島孝牧氏原型によるオーラバトラー第二弾は、
『New Story of Aura Battler DUNBINE』登場の「白き秘宝」、サーバインに決定
です!
こちらも原型製作進行中です!お楽しみに!!




TT(ウェーブ開発部)

©創通・サンライズ


ban
ban
ban
ban
ban
ギャラリー
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
  • オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!
アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ