遂にTFC「BEACH QUEENS」ネイト・ミトツダイラが完成!晴れて受注を開始させていただくこととなりました。
電撃ホビーマガジン様にも毎号特集を組んでいただき、その開発経過を追っていただいていましたが、皆様にご満足いただけるクオリティとして仕上がったのではないでしょうか。
ちなみにこのネイト、そして浅間・智を含めた「BEACH QUEENS 境界線上のホライゾン」は当社同シリーズでも中々に特殊な出自をしています。

というのも商品化を申請させていただいたタイミングでは水着のイラスト・設定なんてまだ一切無かった時期。
「境界線上のホライゾン」を是非BEACH QUEENSで!と意気込んだものの、はてそもそも設定的に水着ってありなんだっけ?というところから始まったわけです。
そうこうしているところに、


川上稔氏・さとやす氏が、BEACH QUEENS用に直接、設定とポーズ案を考えたいとおっしゃってるんですが…


という、まさかのうれしいご連絡が!
正直、このようなことはすこぶる珍しいのです。こちらから版権元様にご依頼して、作品の先生やアニメーターの方々にイラストを起こしていただくという事はあっても(それでも稀なことです、描いていただけるだけで非常にうれしいものなのです)、まさか原作者の両氏自らご提案いただけるとは…
正直、「マジで?!」というのが本音でした。


ということで、このネイトと浅間は、WAVEからお願いしたにも関わらず、はじめから原作者の川上稔氏・さとやす氏にがっつり絡んでいただくという、異例のスタートをきったのでした…!



と前置きが長くなりましたが、なんと今回、商品開発での版権元様とのやり取りを公開してもいいですよ、とありがたいお言葉をいただいたのです!
そこで、商品開発の流れを貴重な資料と共に、以下から順次ご紹介していきたいと思います。是非ご覧下さい。





川上稔氏・さとやす氏コンセプトイラスト

Nate_swim-sagyou
swim-sagyou
川上稔氏・さとやす氏による「BEACH QUEENS」ネイトのコンセプトイラスト。
「浅間・智」では先に水着設定が存在しましたが、この「ネイト・ミトツダイラ」に関しては設定・デザイン全て両氏による書き起こし、「BEACH QUEENS」が初出となっています。

そして実際に原型製作いただけるのは、先の「ホライゾン・アリアダスト/P-01s」でもおなじみ、しけたうどんこさん!
実績、そして何より、しけたさんご自身が「境界線上のホライゾン」ファンということで、非常に力強い布陣となりました!





版元様監修〜修正の流れ

まず、形になった原型を撮影・その画像を版権元様へ監修依頼として提出。そこから画像を元に修正指示が入れられていきます。その修正指示を元に実際に原型へと修正を入れることになります。時には画像だけではなく実物監修として原型そのものを提出することも。そして、なんと今回このネイトと浅間では、原作者の川上稔氏・さとやす氏が中心となって修正指示を入れて下さっています。以下、その一例を公開いたします。



Neito00_before
2011年12月17日 修正前  しけたうどんこさんが作り上げた最初の状態。まずは画像監修ということでさまざまな角度から撮影した画像を提出。この画像は一例であり、実際には更に多くの画像がチェックされています。
                         

Neito00_after
2011年12月22日 修正指示  提出した画像を元に、さまざまな側面からチェック・指示が入れられています。実際にラインを引き・画像加工にいたるまで川上稔氏ご本人直々によるもの。お手間を取っていただき本当にありがたい限りです。正直レアです。
                         

Neito00_before
2012年1月7日 修正後  そして、版元様からの修正指示を元にしけたうどんこさんが実際に原型を修正した物。ここから再度、修正指示どおりに出来上がっているか・2次と3次で破堤は無いか等、更にチェックが入れられていくことになります。






版元様修正指示集ギャラリー

川上稔氏・さとやす氏はじめ、サンライズ様、アスキー・メディアワークス様…版権元様のご好意により、普段はまず目に入らない修正指示集を特別公開!!
体のライン・表情など一つ一つ取っても、作品に対する熱意・こだわり・愛が伝わってきます。そこからのしけたうどんこさんによる手際鮮やかな造形にも注目。

以下、修正前画像にマウスオーバーで修正指示画像が表示。
クリックで修正指示画像が拡大されます。




原型修正指示



2011年12月22日 表情修正  レイヤーでさとやす氏の画稿を重ねてのライン・表情の修正指示。2次元的な修正指示を、しけたうどんこさんが3次へと落としこんでいきます。



2011年12月22日 首輪・「犬耳コーム」修正  2次元では分かり辛い部分を、立体に起こした場合について図面を引いていただき、詳しく解説が入っています。



2012年1月11日 ウエストライン修正  ウエスト回りの修正を、さとやす氏の画稿をまじえて説明。



2012年1月11日 臀部修正  臀部のスキマ感に川上稔氏・さとやす氏のこだわりが見られます



2012年2月6日 股間ライン修正  横からのアングルに直接画像修正が入る、非常に丁寧且つこだわりの見える修正指示。



2012年2月6日 股間ライン(前)修正  ラインを引いての形状修正。恥骨の起伏も忘れずに



2012年2月6日 側面からのライン修正  肉付き・体の厚みについてライン修正。臀部修正とお尻の丸みでの整合性を取りつつ。お尻の丸み、重要です。



2012年3月5日 肩幅・指先ライン修正  肩幅から、指先に至るまでしっかりと。読者・ファンが知るイラストからのイメージを最優先に。



2012年3月5日 ハードポイント・お尻ライン修正  設定に合わせハードポイントの長さを修正。お尻のラインも再調整、豊か、それでいてよりマニアックに。



2012年3月5日 ハードポイント・手足・指先ライン修正  ハードポイント形状をより分かりやすく設定準拠に。手足・指先はリアルよりも皆の思い描く、これだというイメージ合わせに。もはや画像調整までデフォでいただいている感じに。感謝です。



2012年3月5日 目・口元修正  目は口ほどに…いえ口も立派に大事です。フィギュアの命・目と、口元を修正することでより穏やかな優しい表情に。画竜点睛と言いますか、非常にネイトらしくなりました






  2012年3月12日 原型完成
これにて原型完成!意外に、ぜひとも貸していただきたい胸はすんなりと。ここばかりは皆イメージがしっかり合ったということでしょうか。




塗装修正指示



2012年4月17日 首輪・水着デザイン修正  首輪の塗装と、水着デザインの修正。ネイトの水着はBEACH QUEENSが初出なだけに、川上稔氏・さとやす氏のご指示が非常にたのもしい。といっても、ネイトの衣装と関連性を持たせてのデザインは流石。自然です。



2012年4月17日 首輪・水着デザイン(側面)修正  側面からも忘れなく。細かな所ですが、そこが最終的な完成度に繋がります。



2012年5月12日 水着レース修正  色を薄くし、よりレースの穴らしく。実はハードポイントはじめ、各所青色の色味も明るく鮮やかになっています。




IMGP3654
  2012年5月16日 塗装修正完了・デコマス完成
塗装修正完了!これにてデコマス完成です!ここから関係者様各所との調整を経て受注開始と相成ったわけです。川上稔氏・さとやす氏、サンライズ様・アスキー・メディアワークス様…版権元の皆様、完成までがっつりお付き合いいただきありがとうございました!そして、原型しけたうどんこさん・フィニッシャー佐野さん、本当にお疲れさまです!ありがとうございました!







今回はネイトでの版元様修正指示を紹介しましたが、もちろん「浅間・智」でも監修・修正指示は行われています。以下はその一例。


こちらでも川上稔氏・さとやす氏はじめ、版元様による指示のやりとりが繰り返されています。その熱意は本物、またその指示を確実に原型にフィードバックしていく林 浩己さんの職人としての手腕にも脱帽です。









さて、いかがでしたでしょうか?

普段皆様にご覧いただく機会の無い開発の裏側、とりわけ版権元様・特に作品原作者である川上稔氏・さとやす氏自らの修正集ということで、非常に興味深いものではなかったでしょうか?

正直、版権元様に作品・キャラクターの権利をお借りして商品を作らせていただいている以上、商品情報の発信も受身に甘んじてしまうことが多く、中々表にオープンにこういった内情を公開させていただくということはほとんど…まず無い珍しいケースなのです。

ですが、この「境界線上のホライゾン」というタイトルに関しては、上記の通り製品開発の根幹からその完成までにおいて全てに深く、川上稔氏・さとやす氏ご自身に関わっていただいています。

実は、今回の修正指示集の公開についても、川上稔氏にご挨拶いただいた際に(ありがとうございます)、監修のやり取りをお客様にお見せすることに触れたところ…


「あ、大丈夫ですよ−」


と、ありがたいことに、川上稔氏・さとやす氏、両氏のご好意で快諾・ご発案いただけた事が、始まりだったりします。「境界線上のホライゾン」のファンの皆様・お客様に対して、より楽しんでいただけるのならば…ということでのご発案で、そのエンターテイナーとしてお客様を喜ばせることへのひたむきなご姿勢には、ただただ感服・感謝するばかりです。

今回はWAVE側からの開発記だったわけですが、修正指示を出していただいている川上稔氏・さとやす氏側からの開発記といえるものが、実は川上稔氏のTwitter上にて発言していただいたりしています。ご興味を持たれた方は一読いただけると、よりお楽しみいただけるかと思います。

ブログの上ではありますが、川上稔氏・さとやす氏はじめ、サンライズ様、アスキー・メディアワークス様、版権元の皆様ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。
そしてもちろん、「BEACH QUEENS」ネイト・ミトツダイラ、浅間・智を楽しみにお待ちいただいていましたお客様皆様にもありがとうございます。
WAVEとしても自信のいく完成度になっておりますので、実際の発売までまだ日はありますが、もう少々お待ちいただければと思います。

では長文になってしまいましたが、皆様ありがとうございました。m(_ _)m
是非、「BEACH QUEENS」ネイト・ミトツダイラ、浅間・智をお楽しみに〜



NAGAMI (ウェーブ開発部)