開発部Eです。
今回は「全日本模型ホビーショー」で展示されましたSFモデルシリーズなどをご紹介します。

001_crab■洗練されたデザインがSFファンに人気となった「スペース ポッド クラブ03【汎用工事用修理機】」。製品はオレンジとクリアーオレンジの2色の成型色を使用した2体セットです。今月(10/16)出荷となります。

002_settle■今期注目の逸品!「スペースセツルメント」。画像の完成品の後ろにも見えますが、製品化する上での各部詳細のデザインは、なんと!あのスタジオぬえの宮武一貴氏によるものです!今後の情報にご期待ください!

003_galaga■月刊モデルグラフィックスに掲載された、清水圭氏によるギャラガファイターの作例です。

004_arm■そして、そのギャラガファイターを支えているのが今月発売となる「H・ハンガー用拡張キット ポージングアーム」です。

005_UFO■こちらもワクワクするSF系モデルの新作「空飛ぶ円盤(仮称)」です!

006_UFO■“未確認飛行物体”としては超が付くほど有名な「アダムスキータイプ」です。コクピット内の様子も再現されています!

007_UFO■「ハウニブータイプ」と呼ばれるものもリリース予定です。画像で見るとちょっと内装がアダムスキータイプとは違うようです…。今後の詳細発表にご期待くださいませ!

008_logi■プラスチックモデル「ロジコマ」が製品化決定! タチコマシリーズをプラスチックモデル&塗装済み完成品ともに精力的に立体化してきた当社ですから、もちろんこのアイテムもリリースしちゃいますよ!

009_vewlix■いよいよ発売が迫ってきた「ビュウリックス筐体」も展示。キットには店内POPなどのペーパーアクセサリーも付属しますよ!

010_slug■メモリアルゲームコレクションシリーズに、個性的なアイテムが仲間入り。あの「メタルスラッグ」がスナップフィットのプラスチックモデルで登場です。

012_akagi011_akagi■1/72スケールで空母の艦橋を立体化する「ザ・ブリッジ・プラスチックモデル」シリーズ。まずは「赤城」から!



次回もまたホビーショーでの展示品をご紹介致します。
ではまた次回ー。

E(ウェーブ開発部)