オリジナルオージェのキットレビューも第3回目!
最終回の今回は各種武装をご紹介していきます!


■武装

オリジナルオージェには、
IMGP1251
ハンドパーツ左右各4種(握り手・平手・武器持ち手・大鎌持ち手)
大鎌(展開時・分割時)ラウンド・バインダーパワーランチャー
セイバーランサースロウランサー、が付属します。


IMGP1458大鎌
オリジナルオージェという機体を象徴する「死神」を彷彿とさせる大鎌。
大鎌を持ったオリジナルオージェは、その姿に魂を刈り取る者として死神の姿を重ねて幻視してしまうほどのプレッシャーを誇ります。

IMGP1460大鎌は“展開時”

IMGP1256
“分割時”の両形態が再現されており、

IMGP1258IMGP1257
“分割時”の形態を、両肩のバインダー内にマウントすることができ、
大鎌の「収納状態」を再現することができます。

IMGP1262IMGP1263「収納状態」から“分割時”の大鎌を取り外し、IMGP1266IMGP1267IMGP1269IMGP1271IMGP1272IMGP1273IMGP1274IMGP1275IMGP1276“展開時”の大鎌を装備することで、いわゆる「差し替え」ながら、
印象的な「大鎌展開」シーンを再現できます。

IMGP1371
ちなみに“展開時”の大鎌は、インサート成形により「反り」とは無縁。
長物の魅力をしっかり堪能する事ができます。

IMGP1325オリジナルオージェのカッコよさを十二分に引き立てる『大鎌』。
劇中・イラスト、ともに印象的でカッコいいものばかりなので、バッチリ再現しましょう!


IMGP1339
ラウンド・バインダー
左肩に装備した攻防一体の武装。
盾としても使用可能。内部に大量の武器を装備し、さながら武器コンテナともいえます。


IMGP1332
IMGP1342
スロウランサー
ラウンド・バインダーの裏側に大量に仕込まれた投擲用のエネルギー短刀。
もちろん全て取り外し可能となっています。

IMGP1334IMGP1333
内部で砲身が可動。

IMGP1336
そしてバインダーごと標的を狙い照準を合わせます。

IMGP1337もし真・ポセイダルがダバをいたぶらず決着を急ぎ、この無量大数の兵器を一気に使用していたならば…勝ち目はなかったかもしれません。


IMGP1341
ランサー
ラウンド・バインダーに仕込まれている両刃からエネルギーブレードを発生させる槍。
グリップの左右にエネルギーブレードを取り付けて使用します。

IMGP1132
エネルギーブレードも真透明のクリアー成形なので、自分の好みに合わせて塗装をしてみてください。


IMGP1345
IMGP1346
セイバー
ラウンド・バインダーに仕込まれたエネルギーブレード。
ランサーとは違い、こちらはグリップの片側にのみエネルギーブレードを取り付けます。
バインダーからさっと引き抜き攻勢をかけましょう!

IMGP1347
セイバー、ランサー、スロウランサーは、オージェのものを参考に、オリジナルオージェ用として再現しています。
これらの仕込み武器の中では、TVシリーズで使用されたのはセイバーだけでしたが、
3種全て合わせ計40ちかくもの数がラウンド・バインダーとアーマー内に仕込まれています。
まさに武器庫!しかもそのどれもがバイオリレーションシステムの恩恵を受けているはずですから、正攻法のままでは勝てなかったでしょうね。


IMGP1349
パワーランチャー
ラウンド・バインダーに内蔵されたビーム兵器。
ヘビーメタルにとって標準的な装備…のはずが、その威力はバイオリレーションシステムの無限の出力により凄まじいものになっています。

IMGP1352ラウンド・バインダーごと標的を射抜くように照準を合わせます。
肥大化したパワーランチャーによる高エネルギーの砲撃は幾度も執拗にダバを襲いました。
全ての攻撃が致命傷になりかねず、加えてオリジナルオージェ自身にはこちらの攻撃はほとんど効かない…バイオリレーションシステムがいかに恐ろしかったか…
スーパーロボット大戦をプレイしたことがある方にはこの恐ろしさ…よくお分かりかもしれませんね。





IMGP1353IMGP1356
IMGP1357
IMGP1354
IMGP1355IMGP1358IMGP1359
IMGP1361
IMGP1462IMGP1367IMGP1362r


IMGP1254
最終回に登場し、圧倒的な力で主役であるエルガイムMk-IIを打ち負かしたオリジナルオージェ。相打ちかに見えた会心の一撃も、しばらくの間オリジナルオージェをひるませただけでした。
ギャブレー駆るバッシュの加勢や、オリジナルオージェのみならずヘッドライナーである真・ポセイダルをもの力の源であったバイオリレーションシステムを断つことでようやく勝機を得ることができた、正攻法ではまず絶対に勝てなかったであろう、ラスボスに相応しいあまりに強過ぎる機体でした。
結局オリジナルオージェ自体は倒せず、真・ポセイダルの自滅という形で戦闘は終わり、ダバたちは勝利しました。

このオリジナルオージェは原型師:KuWa氏により、アニメ本編での、その圧倒的な強過ぎる機体の威圧感・存在感を形で表した立体化になっています。

大鎌の巨大さパワーランチャーラウンド・バインダー内部のあまりにもの多数の仕込み武器刺さりそうな鋭角なプロポーション、極め付きは成形色の段階で荘厳に輝くゴールドとプラチナシルバーの機体色
KuWa氏の造形はさることながら、RCベルグによる成形・調色技術が合わさることで、良い意味でここまで圧倒されるキットが完成するとは。

組み上げればもちろんですが、パーツ段階の時点だけでも不思議と笑いが出てしまうような、素晴らしいキットとなっています。
もちろん製作面でも、丁寧に行われた色・パーツ分けにより、作り易い良キットです。

重戦機エルガイムという作品の、オリジナルオージェという最強のHM。アニメを見て抱いたそのイメージを完璧なまでに具現化した理想どおりのモデルではないでしょうか。
もっと簡単に言えば、ただただカッコイイ!ラスボス・敵・ライバル好きの方々には、ぜひオススメしたいですね!



1102『オリジナルオージェ』は、
ビージェイ限定販売で、2016年3月28日(月)受注締切り
ですので、お見逃しなく!ぜひお求め下さい!

そして、ヘビーメタル第二弾はEEE(エクシード・エンスージアスト・エリート)シリーズから『エルガイム』が登場になります!
オリジナルオージェとの直接対決はしなかったものの、ストーリー最後を飾った主役機です!こちらも原型製作快調ですので、ぜひお楽しみに!




TT(ウェーブ開発部)

©創通・サンライズ