「アイドルマスター シンデレラガールズ」から
『[紺碧の境界]鷺沢 文香』が1/8スケール完成品フィギュアで登場!


基本は籠って書を読むインドア派で、海に来る、ましてや水着を着てなんてことは非常に珍しい文香。
今回はそんな文香が精一杯努力した水着姿である[紺碧の境界]衣装のデコマスをご紹介します!どうぞご覧ください!


IMGP3525
『…この上着は脱ぎません。…脱ぎません。…ぬ…脱ぎませんよ』
「夏本番! ビーチバカンス」で登場した、視線に気付いて少し恥ずかしそうに上着のすそをひっぱる、いじらしく可愛い様子を立体化!

この[紺碧の境界]鷺沢 文香といえば、文香がついに初ボイス化し、CVがM・A・Oさんと発表された記念すべき回でした。
先にフィギュア化となった[夏のユウワク]城ヶ崎 美嘉[セブンスヘブン]一ノ瀬 志希と一緒に登場した回でもあり、シンデレラガールズ劇場での可愛らしいやりとりも記憶に新しいですね。

IMGP3515
IMGP3516
原型はカーブモデルズが担当!
文香の普段は隠れたスタイルの良さや、夏風に流れる黒髪の美しさなど、造形により魅力たっぷりに再現されています。

IMGP3518
メカクレチックな前髪の間からは文香のチャームポイントである美しい瞳が覗きます。
視線が苦手という文香の少し恥じらった表情が仕草もあいまって、なんだか守ってあげたくなるような魅力がありますね。
もう一つのチャームポイント、目元の涙袋も可愛く再現されています。

IMGP3519
IMGP3520
IMGP3521
夏の海辺で日差しに照らされた黒髪はクリアーパーツも使用して、透けた毛先を美しく再現しています。

IMGP3522
IMGP3517
イラストでは分からなかった正面もバッチリ造形!
見え辛かった水着のデザイン・模様も、イラストから読み取れる範囲、またはシンデレラガールズ劇場からを基に、しっかりと再現されています。

IMGP3526
IMGP3527
IMGP3528
背面・逆サイド側も、水着の模様は抜かりなく再現されています。

IMGP3545
IMGP3547
IMGP3523
IMGP3546
イラストでも表現されていた上着が透けた様子は、クリアーパーツも使用して再現。
イラストのように水着が上着ごしに薄っすらと透けて見えるので、薄手の生地が肌に張り付いて透けた質感が立体でも楽しめますよ。


IMGP3529
IMGP3530
IMGP3531
IMGP3532
IMGP3533
IMGP3534
上着のすそを引っぱるも、隠しきれていない文香のスタイルの良さは、どの角度から見ても破壊力バツグン!
その恥ずかしげな仕草とあわせて、とっても魅力的に造形されています。

IMGP3538
IMGP3537
IMGP3536
そのスタイルの良さは、スラッとした脚にもあらわれています。小顔で頭身も高く、本当にプロポーションが良い!
透きとおった肌の色もあいまって、全身から非常に美しい雰囲気を醸し出しています。

IMGP3539
そして手元には「文庫本」を持っていたり。
このあたりは珍しく水着で海に来ていても、やっぱり文香だなあと思えるところですね。

IMGP3540
IMGP3541
IMGP3543
文香はローディングキャラやカレンダー壁紙でも水着で本を持っていました。(今回はローディングキャラの本を参考にしています)
今回の文庫本では、表紙やページの文字もキレイにプリントで再現されていますよ。



IMGP3544
ということで、
『[紺碧の境界]鷺沢 文香』のデコマスをご紹介しました!

メカクレの表情と綺麗な瞳、少し恥ずかしげな いじらしい仕草とそれに反しての抜群のスタイル。文学少女といわれる文香の魅せるギャップと、流れる黒髪や透きとおった肌に代表される王道的な美しさがとっても魅力的なフィギュアとなっています。

是非ご予約いただいて、海辺が演出する文香の美しさを、ぜひ彼女との夏の記憶として残してくださいね。

『[紺碧の境界]鷺沢 文香』は
10月23日(火)メーカー受注締め切りです。

ここで予約いただいたメーカー受注数をもとに生産いたしますので、
この日までにご予約いただければ確実にお手元にお届けできます!
お早めにご予約くださいね!


0925


そして!
『[紺碧の境界]鷺沢 文香』は、『ビージェイ』『あみあみ』では特別な購入特典が付いてきます!(※『あみあみ』では特典あり・なしの2種類がございます)
詳細は以下のとおり!ぜひご注文下さいねー!

imgrc0074542201

FIGURE-040043

TT(ウェーブ開発部)

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.