title

模型メーカー ウェーブ開発部の新製品開発ブログです。

組立キット

1/24 SV-001/I メタルスラッグ 新成型色で再登場!!

SV001_action01
前回ご好評をいただいたプラスチックモデルキット、SV-001/I メタルスラッグがこの春、成型色をブルーグレーに一新して再登場します!

複雑な形状のパーツもシンプルな部品構成になっていて、組立は接着剤不要のスナップフィットタイプ。
どなたにでも作っていただける大変組みやすいキットとなっています。


※今回撮影したものは開発途中のテストショットとなります。実際の製品とは異なる場合がございます。

SV001_hukan01SV001_hukan02
SV001_4maeSV001_4ushiro
SV001_4migiyokoSV001_4hidariyoko

砲塔は上下に可動できるようになっています。また後部バルカン砲もモチロン可動!
ゲームの画面をガタゴトとコミカルに駆け巡る姿を再現することができますね!

SV001_up01
砲塔部分のライトやダクトなど細かいディテールまで忠実に再現されています。

SV001_up02
ゲーム内では普段見えない車体後部まで抜かりなく再現!きっとご満足いただけると思います!

SV001_up03

こちらの 1/24 SV-001/I メタルスラッグ は2017年4月頃再販予定です。
「メタルスラッグ」をこの機会にぜひあなたのお手元へ!


M澤


「METAL SLUG ATTACK」公式サイト


©SNK CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.

フィアナを求め戦地を奔る!「バーグラリードッグ【赫奕たる異端Ver.】」 1:24 ATシリーズ最新作のカラーレジンキットをデコマスレビュー!



キリコが駆る強襲仕様のピーキーな機体!

IMGP0959
『ATM-09-DD バーグラリードッグ』
バーグラリードッグが『赫奕たる異端Ver.』として、
1:24 ATシリーズ最新作のカラーレジンキットで、ついに登場です!




●ATM-09-DD
バーグラリードッグ/BURGLARY DOG

IMGP0961IMGP0966
キリコが搭乗するスコープドッグの改造機。ドロッパーズフォールディングガンなどの武装により火力に特化し、機動性も戦地の地形に合わせたトランプルリガーにより俊敏に移動する、まさに相手の懐に入り強襲するためのピーキーな機体となっています。


IMGP0967IMGP0969
IMGP0972IMGP0973
IMGP0974IMGP0988
IMGP0991IMGP0993IMGP1134原型師・かん よしひろ氏により、追加武装による特徴的なシルエットが、基となるスコープドッグと破綻なく見事に調和されて製作されています。ボトムズ作品において全ての基本となるスコープドッグ自体も、かん よしひろ氏による意欲的なスタイリング・可動部作りになっています。
プレーンなスコープドッグも、たくさんの原型師の方が製作しています。それぞれを製作した原型師によるこだわりやスタイリングなどの違いに目を向けてみるのもおもしろそうです。



■可動カ所

IMGP0997IMGP0998
頭部には左右の回転軸が設けられています。

IMGP0999IMGP1000
スコープもバイザー上をレール可動させる事ができます。

IMGP1001IMGP1002
バイザー自体も上下に可動させる事ができるので、「表情」付け、目線の調整にも利用できます。

IMGP1003IMGP1004
腕部は、取付基部・肩・上腕・肘関節・下腕・手首に可動が設けられています。
非常に広い可動域がとられています。

IMGP1038IMGP1039
その広い可動域は、例えば、
取付け基部自体が前後に可動する事など、で実現されています。

IMGP1040IMGP1041
可動域の広がりのため、肩にも引き出し機構が搭載されています。
またその根元でも大きく可動ができます。

IMGP1047IMGP1048
その肩での可動も、肩アーマー自体も独自に可動して、
可動域の邪魔になることを防ぎます。
IMGP1005こういった大きく引き出す事ができる事で、武器の両手持ちも楽に行う事ができます。


IMGP1049IMGP1053
そして、ヒジの可動には一工夫が。
ヒジで繋がる上腕・下腕側に、それぞれ可動が仕込まれている事で、
IMGP1054
通常のヒジを曲げる可動はもちろん、
IMGP1055IMGP1056
二の腕の向きを変えることで、“ガワラ曲げ”まで可能になります!
これは画期的です!


IMGP1058IMGP1059
胴・腰には回転軸が設けられています。

IMGP1061腰アーマーも上下に可動するので、他の可動の妨げになりません。

IMGP1062IMGP1063
IMGP1066IMGP1067
股関節には、軸可動と、内部可動ブロックによる回転可動で、
前後左右・回転と、さまざまな向きに大きく足を動かせることができます。

IMGP1068ヒザにはもちろん二重関節が。立ちヒザもとらせることができます。

IMGP1085IMGP1087ヒザ裏のアーマーは可動に追従して動くので、可動の妨げになることを防いでいます。

IMGP1080IMGP1082
IMGP1073IMGP1074
IMGP1069IMGP1070
足首は、ロール軸、スイング可動が組合わされ、前後・左右・回転と、フレキシブルに動かすことが可能です。


IMGP1083IMGP1084
IMGP1088IMGP1089
そして、足の可動にも一工夫!
ヒザ関節で、回転可動とスイング可動を可能にすることで、
b7c95de5足の向きを調整しやすくなり、“S字立ち”もさせやすくなります!
このようにさまざまなカ所に意欲的な可動方法が取り入られていますので、せっかく可動させポージングを取るのならば、美しく・カッコよく飾りたいですね。



■武装

IMGP1096
IMGP1097
トランプルリガー
悪路走行用ユニットである、ソリ状の装備。
脚部の前面にソリ状部を、背面に大型ローラーを各足三基ずつ装備しています。

IMGP1098
IMGP1099
IMGP1100折り畳んだ収納状態から展開状態まで、差し替え無しでの可動再現が可能です。

IMGP1136
不整地走破性を高めるための大型の装備。
細かい部分でもガラスチューブの使用で質感を高めていたりと、見所がたくさんです。



IMGP1103ドロッパーズフォールディングガン
展開式のロングレンジキャノン砲。
左肩に装備されたこの銃火器は、一撃でATを撃破するほどの非常に強力な火力を誇ります。

IMGP1105こちらの装備も、収納状態から展開状態まで、差し替え無しで可動再現が可能。IMGP1106まず、収納状態での基部・ベルトを取り外し、
ミッションパックとの接続部と、ドロッパーズフォールディングガン本体を徐々に展開させていきます。IMGP1107IMGP1108IMGP1109展開させきった所で、展開状態での基部・ベルトを取り付けます。IMGP1110
こうして展開状態への移行が完了です。

IMGP1139あまりに暴力的な火力の兵器!
小さなATには余るような長砲身は、長物の魅力をこれでもかと堪能できます。



IMGP1128IMGP1129
       7連装ミサイルポッド               3連装SMMランチャー

IMGP1131IMGP1130
     スモークディスチャージャー              ガトリングガン

IMGP1132
ヘヴィマシンガン

おなじみの武装たちもズラリ。その総火力は火薬庫さながら。
その武装からはターボカスタムの面影も見える気がします。

IMGP1143バーグラリードッグ特有の兵器と、さまざまな武装を使い分け、無量大数のエルドスピーネの大群相手に敵地の中核へと迫っていきます。



IMGP1114トランプルリガーとドロッパーズフォールディングガン、両方ともを展開状態にすればここまで大きなシルエットに。
この状態でも全身をご覧ください!


IMGP1115IMGP1116
IMGP1117IMGP1118
IMGP1119IMGP1121
IMGP1124IMGP1127
IMGP1141非常に大きなトランプルリガーと、非常に長いドロッパーズフォールディングガンにより、なかなかに特徴的なシルエットとなりました。

赫奕たる異端では、ありふれたスコープドッグに改造を施したこの機体で、最新鋭機体のエルドスピーネ相手にキリコ無双を行っていくことになります。
そんなキリコ・バーグラリードッグもテイタニア・オーデルバックラーには手も足も出なかったりと、戦況の流れの変化も赫奕たる異端の見所です。

バーグラリードッグ自体が非常に人気のある機体ですが、最近であればスーパーロボット大戦でのキリコの最終最強機体として活躍したことも記憶に新しい所です。
昔からの最低野郎はもちろん、近頃興味を持った方もぜひこのキットをお手に取ってみてください。


imgrc0067508236『バーグラリードッグ【赫奕たる異端Ver.】』は、
ビージェイ限定販売で、2016年11月28日(月)受注締切り
ですので、お見逃しなく!
ぜひお求めくださいねー!




TT(ウェーブ開発部)

©サンライズ

装甲騎兵ボトムズより「バーグラリードッグ」が赫奕たる異端Ver.で登場!

「装甲騎兵ボトムズ」シリーズの最新作について、先日ウェーブ・プレミアムモデルNEWS!13にて発表となった「1/24バーグラリードッグ【赫奕たる異端Ver.】」。
早速、原型を担当する、かん よしひろさんからコメントを頂きました。



ボトムズファンの皆様、お久しぶりです。
今回は発注の時点で、いろいろな説明(主に心構え)と共に
「現時点でウェーブ製スコープドッグ(タイプ)の最高峰キットであるターボカスタム キリコ機を組んで、しっかり勉強してほしい。」
という指示がありましたので、原型師さんとキットに対してリスペクトの気持ちを持って勉強させていただいてから原型に取り掛かりました。
sp02n
自分の場合、何を造る場合でも基本的には出来るだけプレーンに、見たままを立体にしたいという考えがありますので、
ATの立体でのお約束などはあまり気にせず、バーグラリードッグとしての線を拾うよう心がけて作業しました。
今やれる限りの事はしたつもりですので、手に取って自由に組んでいただければ幸いです。

 0506

かん よしひろ
Twitter:https://twitter.com/mochikomi_taro



お気づきの方もいるかと思いますが、かんさんには『1/24ファッティー地上用』を製品化した際、原型製作を担当していただきました。
バーグラリードッグに関しては、既に監修を経ての修正もOKとなり、現在、生産を担当するRCベルグ社へ原型を届けています。その為C3TOKYO会場で立体での展示はありませんが、そのかわり来月下旬の完成品公開を目指し、鋭意進行中です。ご期待ください!


(C)サンライズ

聖戦士ダンバイン『New Story of Aura Battler DUNBINE』より、「サーバイン」が登場!


「聖戦士ダンバイン」シリーズの最新作について、先日ウェーブ・プレミアムモデルNEWS!13にて発表となった「1/48サーバイン」。
早速、原型を担当する毒島孝牧さんからコメントを頂きました。



ヴェルビンに続きサーバイン原型を担当することになりました。今回も設定画・その他関連資料と睨めっこしながら、またファンの皆さんの中にあると思われるイメージを想像しつつ製作をしております。せっかく頂いた機会ですので、とにかく理屈抜きでかっこいいと思っていただけるよう、日々悩みながらパーツ単位で形状・バランスを調整しております。

sirbine0705_013

今回C3で展示されるスタディモデルは飽くまでも現状でのものですので、今後まだまだ変わっていくと思われます。乞うご期待、ということで、よろしくお願い致します!

  sir0809_003sir0809_004

毒島孝牧(ブスジマックス)
Twitter:https://twitter.com/t_busujimax



8月27日(土)、28日(日)に幕張メッセにて開催される『C3TOKYO2016』では、原型製作中のサーバインのスタイリング&サイズ検討用のスタディモデルを展示します。ご期待ください!


(C)創通・サンライズ

重戦機エルガイムよりA級ヘビーメタル、 「アシュラテンプル」が登場!


「重戦機エルガイム」シリーズの最新作について、先日ウェーブ・プレミアムモデルNEWS!13にて発表となった「1/100アシュラテンプル」。
早速、原型を担当するKuWaさんからコメントを頂きました。



オリジナルオージェに続いてアシュラテンプルの原型製作を担当するKuWaです。
アシュラテンプルで印象深いのはやはり次回予告「Next Heavy Metal」のあのイラスト。アレでヤラレタ人は多いのではないでしょうか。アノ演出自体も毎回ワクワクさせられましたね。

  0102

特徴的なサークルバインダーを携えた4本腕をはじめとした関節可動にこだわりつつも、H級HMの迫力や悪魔的な魅力を放つビジュアルを表現できるようここからドンドン作りこんでいきますので、楽しみにお待ち下さい!

CIMG7572
KuWa(FRAMEOUT MODELS)
blog:http://frameout.web.fc2.com
Twitter:https://twitter.com/KuWa0511



8月27日(土)、28日(日)に幕張メッセにて開催される『C3TOKYO2016』では、原型製作中のアシュラテンプルのスタイリング&サイズ検討用のスタディモデルを展示します。
ご期待ください!


(C)創通・サンライズ

戦闘メカ ザブングルより「ドラン・タイプ」、 「ガバメント・タイプ」が登場!


「戦闘メカ ザブングル」シリーズの最新作について、先日ウェーブ・プレミアムモデルNEWS!13にて発表となった「1/100ドラン・タイプ」と「1/100ガバメント・タイプ」。
早速、それぞれの原型を担当する市野 裕己さんからコメントを頂きました。



こんにちは!
市野裕己(ノリモータース)です。
今回は「戦闘メカ ザブングル」より「ドランタイプ」「ガバメントタイプ」の原型を担当しました。

「ドランタイプ」魅力的なデザインが多いウォーカーマシンのなかでも、昆虫を思わせる風貌がとてもお気に入りです。改めてモデリングしてみると、その大きさにビックリ!
テスト出力品を見た時は、思わず笑ってしまいました。こんな大型モデルでの製品化はきっと最初で最後でしょう。

  ドラン1ドラン2

「ガバメントタイプ」は宿敵「ティンプ」が搭乗した機体です。原型製作は設定画のイメージを大切にし、出渕先生が描きおろしたイラストを参考にモデリングしました。
現在、何度目かの試作出力を経て最終の仕上げをしているところです。

 ガバメント1ガバメント2
今回のC3TOKYOで両方とも展示されますので、ぜひともご覧いただきたく思います!

市野裕己(ノリモータース)
Twitter:https://twitter.com/noriat



8月27日(土)、28日(日)に幕張メッセにて開催される『C3TOKYO2016』では、原型が完成したドラン・タイプのテストショットと、完成目前のガバメント・タイプの監修中原型を展示します。ご期待ください!


(C)創通・サンライズ

君は走るか、俺たちゃ走る! 「ザブングル」1:100 WMシリーズ最新作カラーレジンキットをレビュー!



『ウォーカーマシン・ザブングル』
青い閃光ザブングルが、WMシリーズにカラーレジンキットで遂に登場!

人以上に表情豊かに、そしてコミカルに動きまわるメカ作品として有名な「戦闘メカ ザブングル」ですが、今回はその可動のキモとなるポイントをご紹介しながら、実際にそのポイントを使ってザブングルを動かして進めていきますよ!どうぞご覧ください!



●ザブングル/XABUNGLE
ザブ1・CMの前後に挿入される「アイキャッチ」風のファイティングポーズです。
足首の左右の動きで、股を開いたポーズでも、足裏がきちんと接地します。


ザブ1-a
・足首の関節ブロックを上に引き出して倒すことで、足首とスネに角度をつけることができます。


ザブ1-b
ザブ1-c
・前後にも写真のように可動するので、歩行ポーズや前屈姿勢のポーズなど、アニメチックなポージングも可能です。

ザブ3・歩行ポーズです。



ザブ7ザブ8
・スネの上部の赤い部分の後ろ側がマグネット可動で、
ヒザ関節の動きに合わせて開閉します。

ザブ9
・股関節軸を前方に回転させて太ももの可動範囲を確保しています。

ザブ10ザブ11
・腰と腹部をつなぐフレームに前後の回転軸を仕込み、腰をかがめた前屈ポーズを再現できます。


ザブ2・腰の前屈と股関節の回転引き出しギミックを活かして、オープニングの荒野をザザザー!!っと砂煙を上げながら移動するシーン的なポーズを取らせました。
腰は中央ブロックと左右の3分割で、フトモモの可動に合わせての回転が可能です。


ザブ15
ザブ16
ザブ17
ザブ18・肩に取り付けるミサイルポッドとランチャーはネオジム磁石を使った着脱式です。

DX版には、胸上面の板状パーツは、ノーマルタイプと武器装着タイプの2種類がセットされていて、完成後も付け替えることが可能。
胸上面の裏面と、武器パーツの基部の底の面に計8つの磁石を取り付けることで
武器の着脱が容易に行えます。


ザブ12ザブ13・オープニングのシーンをイメージして肩の左右の武器をそれぞれ付けました。
ネオジムのマグネット着脱なので、交換も簡単です。
黒バックに黒い手袋の黒子式で「ブンドド」をしています(笑)。



ザブ14IMG_0167・破損タイプの短い羽根に交換してフル装備にしました。
バックパックを取り外す事で、羽を破損状態の物と交換できます。



さて、どうでしたか?
ざっくりキモとなる可動ポイントをご紹介していきましたが、実際はもっといろんな部分が動くんですよ!

作って楽しい、遊んで楽しいキットになっていますので、これはぜひお手元で楽しんでいただきたいです!

0627_01ウォーカーマシン『ザブングル』は、
ビージェイ限定販売で、2016年8月29日(月)受注締切り
ですので、お見逃しなく!
ザブングルで文化的生活をぜひ!どうぞお求め下さいねー!



©創通・サンライズ

オーバースペックなAT用兵器!「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット」1:24 ATシリーズ最新作キットのデコマスをレビュー!



超絶破壊力の対宇宙艦用エネルギー兵器!

IMGP9078R
『GAT-35 ロッグガン』
劇中、絶大なインパクトを残したエネルギー兵器が、
可動域・スタイリングを劇的に変える『スコープドッグ上半身改造パーツ』とセットに、1:24 ATシリーズ最新作レジンキットとして登場です!




●GAT-35 ロッグガン/LOG GUN
IMGP9106
IMGP9107
対宇宙艦用のエネルギー兵器。
劇中では1回のみ第1話にだけ登場したレアな兵器ではありますが、そのインパクトは絶大!荒れ狂うエネルギーの奔流が対象へと襲い掛かります。
単騎で運用できる兵器としては、後にも先にもこのロッグガンがほぼ最強なのではないでしょうか。
つい先日、タイムリーにもボトムズTVシリーズの放送(tvkサンテレビ等)が始まりましたので、初回からこんな弩級の兵器が登場して度肝を抜かれたかと思いますが、こんなヤバイ兵器…
欲しい!となった方も多いのでは?

「ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツ」は ボトムズ造形で人気を誇る実力派モデラー只野☆慶氏が原型を担当。数々の作品製作から培ってきた技術・構成と、
只野☆慶氏ならではのセンスが色濃く出た造形・スタイリングが魅力です!



IMGP9104s
IMGP9103
ロッグガンはスコープドッグ系統のATが持つ武器の中でも、特に大型であることが目を引きます。
そのデザインも飛びぬけてSFチックなメカニカルなものとなっているのが特徴です。


IMGP9108
IMGP9110
IMGP9115
IMGP9116
IMGP9109
大型の砲身にレンズ、エネルギーチューブ。そして明滅を繰り返す機器類。
只野☆慶氏によってロッグガンのエキセントリックな特徴が、設定画・劇中本編から非常に良いバランスで統合され、実にカッコよくハッタリの効いたモデルに作り上げられています。


また、只野☆慶氏によって見た目のスタイリングだけではなく、機能面でも工夫がされています。
IMGP9111IMGP9112
IMGP9113IMGP9114
グリップを可動式として、大型であるロッグガンを取り回し良くしています。
ウェーブ・プレミアムモデルNEWS!でも只野☆慶氏自ら解説されているので、是非ご一読ください!



●スコープドッグ上半身改造パーツ/SCOPEDOG UPDATE PARTS
IMGP9117IMGP9118
そして、セットとなる「上半身改造パーツ」を使用したスコープドッグがこちら。
上半身が丸々新規となるので、元となるプラモデルと合わせて作る他にも、既に出来上がっているスコープドッグへと特別な加工無しで付け替える、ということも出来ますよ。


IMGP9119IMGP9120
IMGP9121IMGP9122
上半身改造パーツを使用することで、引き締まったマッシブなスタイリングに。
基本的にはスコープドッグにロッグガンを構えさせるための改造パーツなのですが、
そこは只野☆慶氏。プロポーションに破綻なく、しかも更にカッコよくしてしまうとは…
流石のセンスが光ります。


IMGP9123IMGP9125
そして可動ポイント。
まずは、肩に引き出し機構があり、ぐぐっと引き出してやることができます。
ちなみに、肩アーマーが、その引き出しの動きに追従して、自然にアーマー位置が移動するというのも見逃せないポイントです。

IMGP9126
引き出し機構の内部はこのように。内部機構を伸ばして、大きく引き出すことができ、
その動きに肩アーマーが連動して、スムーズな動きになります。

IMGP9127IMGP9128
そして、ヒジ関節には伸縮機構があり、腕を伸ばすことができます。
単純に腕が伸びたことで、ロッグガンを持ちやすくなり、
また、ヒジを90度曲げる事ができる可動域も確保することができます。

IMGP9129IMGP9130
伸ばしたことで目立ってしまうヒジ関節ですが、実はヒジアーマーも単独可動が可能で、
ヒジ関節をカバーするように動かすことができます。

IMGP9131
ヒジアーマーをヒジ関節・肘の曲げに追従させ、目立たないようにカバーさせたり…

IMGP9132
ヒジアーマーを先行させて可動させることで、肘の内側をカバーさせることも出来ます。
ヒジアーマーの可動を自由に使いこなすことで、関節が目立たない、自然な見た目で腕の可動を行う事ができます。

IMGP9135IMGP9136
上半身丸々が改造パーツセットに含まれるという事は、もちろん“ハンドパーツ”も
只野☆慶氏オリジナルのものが付属します。
ちょっと有機的っぽいトゲトゲした感じが、なんとも心くすぐる造形です。

IMGP9137IMGP9138
特に、武装の持ち手は、ロッグガンを持ちやすいように「手首」に予め角度が付いていたり、その手首の付け根にも可動ポイントが設けられていたりもします。

IMGP9139IMGP9140
グリップを持つ時に取り回しやすいように、親指も可動をさせる事ができます。

IMGP9141このように、ロッグガンを持たせるために様々な工夫が施された『腕』ですが、その恩恵により可動範囲もスコープドッグ系にしては異例の広さに!
腕組みなんかもお手の物!未だかつて腕組みをしたスコープドッグなんて見たことがあったでしょうか?独特の指の表情もいい味出しています。


IMGP9142
また、ロッグガンを構えるために、心強い「補助パーツ」も付属します。
補助パーツをロッグガンに取付け…

IMGP9148腕の接続時に肩に噛ませることで、ロッグガンの自重によるヘタリも防ぎ、しっかり安定してロッグガンを構える事ができるようになります。



ロックガンIMGP9094

●ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット/
                       LOG GUN & SCOPEDOG UPDATE PARTS SET

IMGP9089IMGP9090
さて、これまでご紹介してきた、ロッグガン本体と上半身改造パーツの腕による可動を組み合わせることで、カッコよく!そしてしっかりとロッグガンを構える事ができます。


IMGP9087IMGP9093
IMGP9091
IMGP9092
IMGP9086
ロッグガンは巨大な武器というだけでも迫力があるのですが、それを比較的小さい部類であるATが持つ!というのがアンバランスさがあり、更に巨大感が引き立ってカッコいいです!



IMGP9098IMGP9101砲身やスコープをアップで。
砲身内部の銃口の作り込みや、スコープレンズのクリアー感はとてもキレイ!
細かな機器類のディテールも見ごたえあります。

IMGP9096IMGP9100撮影も、その大きなロッグガンにピントを当てるか、あえてスコープドッグにピントを当ててロッグガンをボかすか、撮り方一つでも見え方・迫力の出方が違って面白いですね。


IMGP9082
IMGP9083

IMGP9084_r
  なんとなく合成で劇中再現ぽくしてみても面白いですね。



IMGP9099その後長く紡がれていくこととなるボトムズというストーリーの中で、最初も最初の第1話に1回登場したきりというレア中のレアな兵器でありながら、その出鱈目な性能により知名度・ファンも意外に多いロッグガン。いざ立体になるとその凄味も一倍強調され、これぞSFメカというゴテゴテ感も非常に見応えがあり、その情報量の多さから意外にも模型向きな題材だったのだなと感じます。

今回、只野☆慶氏が、そのボトムズ史においても一際異彩を放つロッグガンを、細かなディテールからそのシルエットに至るまで完全再現しただけではなく、その手腕はそれを構えるスコープドッグにまでおよび、造形面だけではなく機能面においてまでこだわりぬいて製作しています。

ロッグガンを組立てて空想科学兵器ぶりを堪能するもよし、スコープドッグ上半身改造パーツで模型製作・改造欲求を満たしてもよしな、様々に楽しむことができる贅沢なキットセットになっていますよ!



0525『ロッグガン&スコープドッグ上半身改造パーツセット』は、
ビージェイ限定販売で、2016年8月1日(月)受注締切り
ですので、お見逃しなく!ぜひお求め下さいね!




TT(ウェーブ開発部)

©サンライズ

原型師:毒島孝牧氏による圧倒的造形美!カラーレジンキット「1/48 ヴェルビン」をデコマスレビュー!



『AURA FHANTASM』にて発表、知る人ぞ知るアナザービルバイン!

IMGP7552『ヴェルビン/BELLVINE』
原型・毒島孝牧氏渾身のABシリーズ第1弾!ヴェルビンがついに登場!


出渕裕氏が『AURA FHANTASM』にて発表した、オーラバトラー・ビルバインから、
より有機的な面が強調された機体。

かねてからオーラバトラーを造形し、高い評価と注目を集めていた原型師:毒島孝牧氏(ブスジマックス)が、満を持して製作。

緻密なディティールと、時にダイナミックな有機的ライン。固定スタチューモデルながら躍動感溢れるスタイリングは、見るものを圧倒させます。
無機と有機が絶妙に融合した造形は、おどろおどろしくも美しく、毒島氏の造形センスがオーラバトラーに実にマッチしたものになっています。




IMG_0062
ヴェルビンを構成するパーツを抜粋。パーツはカラーレジンによる8色成形。
かなり細かい所も丁寧に色分けされている事が分かりますね。

bel_ass_head          bel_ass_swordbel_ass_arm
  bel_ass_con2bel_ass_con1
  bel_ass_body02bel_ass_leg02
毒島氏の原型作業時の途中3Dデータも抜粋しました。
データ上でも緻密なパーツが、正確に綺麗に組まれるように設計されている事が分かりますね。

近年のウェーブ製アクションレジンキットに比べ、パーツ数は必ずしも多くはないのですが(※十分多いです!) 多過ぎず、少な過ぎず、キットとして製作していくには程よい数になっているかと思います。


bel_finish01
また、パーツ同士の接続凸凹がかなり深めに作られており、組み上げた際にピシッと
ポージングがキまる最適なパーツ構成
となっています。

このパーツ構成を実際のキットでも可能にしたのは、今回もやはりRCベルグのレジン成形技術
実際、ここまで深い凸凹を忠実に再現するには、高い技術はもちろん、かなり贅沢な型作りをする必要があり、苦労しましたが、その甲斐あり、毒島氏による超絶原型をそのままストレートにお届けすることが可能になりました!


IMGP7581毒島氏が狙った最適なポージングを組み上げるだけで再現できるのは、原型師の思い描いた最良の理想をユーザーが共有できるということです。
作り手である原型師と、受け手であるユーザーが遜色なく同じ物を手にできるというのは、技術を積み重ね、円熟した今という時代ならではじゃないでしょうか。

今回、そのまま組んでいただくのも良いですが、生物表現が強いオーラバトラーならではという事で、いろいろな塗装や仕上げを楽しんでみても面白いと思います。
この辺りはウェーブ・プレミアムモデルNEWS!でも色々試していますので、是非ご一読ください!



そして!ヴェルビンWEBページでもおなじみの今回の塗装見本作製は、毒島氏
表面に浮き出たテクスチャー表現や、薄羽やコンバーターのクリアー表現、
玉虫色のグラデーション表現と、非常に美しく思わず見入ってしまいます。
IMGP7571
IMGP7572
IMGP7574
IMGP7575
IMGP7576
IMGP7577
IMGP7578
IMGP7579
これは凄い!感嘆するっていうのはこういう事なんでしょうね。ただただカッコイイ!
この毒島氏製作の塗装品がウェーブ事務所に届けられた時は、スタッフの誰もが横を通り過ぎる時に2度見して、戻ってきてから、しばらく見惚れていたくらいです。

毒島氏と同じクオリティでの塗装となると大変かもしれませんが、こちらを参考に、
がんばって仕上げてみたいですね。



ご覧のとおり、各所には緻密なディティールが入っています!
IMG_7463
IMG_7582
IMG_7584
IMG_7585IMG_7586
IMG_7587IMG_7593
IMG_7588IMG_7589
IMG_7590IMG_7594
IMG_7595IMG_7607
IMG_7596
IMG_7600
IMG_7601
IMG_7608IMG_7609
IMG_7610IMG_7611
IMG_7612IMG_7615
IMG_7614IMG_7616
IMG_7617
IMG_7619IMG_7613
IMG_7620IMG_7622
IMG_7621
IMG_7623IMG_7624
IMG_7625IMG_7626
IMG_7627IMG_7628
IMG_7630IMG_7629パイプやチューブといった無機物がまるで有機物のようにうねる様や、羽の葉脈、外骨格や筋肉表現など、見所しかありません!
このメカ的表現とクリーチャー的表現の融合が、毒島氏造形の真骨頂ですよね!
オーラバトラーとは親和性も高いわけです!

組んでヴェルビンを作り上げてからはもちろん見応えがありますが、組む前のパーツ単位の時点でも見応えバッチリです!ぜひ組む前にはパーツチェックも兼ねて、1度は全パーツの緻密なディティールを隅々まで鑑賞してみてくださいね。



e8235277
また、武装としてオーラソードの抜刀状態も再現可能です。


IMGP7606IMGP7607IMGP7608IMGP7605
いわゆる差し替え方式で、鞘に収まった柄状態と、抜刀状態を切り替えます。

オーラソードは、クリアーパーツ・ゴールドパーツ・シルバーパーツと、なんとも豪華な
パーツ構成になっています。
パーツ図をよーく見ると分かるかもしれませんが、こちらも毒島氏のアイデアが効いた、少し捻ったパーツ割になっています。こういった原型師の工夫を直接見る事ができるのも、キットの良い所ですね。

IMGP7612固定スタチューモデルではありますが、アングル次第でオーラソードを振るうようにも!
画面斜め上後方にオーラコンバーターを配置すれば、なんだか高速で飛翔してるようにも見えますね。
スタチューモデルにはスタチューモデルでの楽しみ方もありますよ!




そして、ヴェルビンといえばなのが、
IMG_0040
出渕裕氏がB-CLUB誌上にて連載していた、この『AURA FHANTASM』
後の『New Story of Aura Battler DUNBINE』にもつながる、甲虫と甲冑、メカの融合のデザインラインが掲載されています。

IMG_0055
『AURA FHANTASM』の連載上でヴェルビンは発表され、人気を博し、いまや有名マスプロメーカーとなった当時のガレージキットメーカー各社がこぞってキットを製作・販売。この連載を纏めた『AURA BATTLERS -AURA FANTASM-』上でも各社のキットが掲載、当時の熱量を窺い知ることができます。

IMG_0043
この『AURA FHANTASM』掲載の画稿・設定画をもとに、本キットのヴェルビンは製作されています。

IMGP7558IMGP7564IMGP7565IMGP7566『AURA FHANTASM』でのアングルに合わせて。
やはり元となった画稿のアングルだとバッチリ画面映え良くキまります!






IMGP7560『AURA FHANTASM』にて出渕裕氏が発表したアナザービルバイン「ヴェルビン」を、
原型師:毒島孝牧氏が圧倒される造形力で作り上げた本作。
緻密なディテールとダイナミックな曲面、無機物と有機物の複合表現には感嘆させられます。

そして、毒島氏こだわりの狙ったポージングを誰でも再現することが可能になった、毒島氏自らのパーツ構成とRCベルグの成形技術は、キットとしての面でもこれまでとは一線を画す物になっています。

しかし、一番のオススメポイントは、単純にカッコイイ!これに尽きますね!!


0425
『ヴェルビン』は、
ビージェイ限定販売で、2016年6月27日(月)受注締切り
ですので、お見逃しなく!ぜひお求め下さい!


そして、毒島孝牧氏原型によるオーラバトラー第二弾は、
『New Story of Aura Battler DUNBINE』登場の「白き秘宝」、サーバインに決定
です!
こちらも原型製作進行中です!お楽しみに!!




TT(ウェーブ開発部)

©創通・サンライズ

カラーレジンキット「1/35ヤクシャ・零」をレビュー!



アーケードにて絶賛稼働中の、10VS10で繰り広げられる
ハイスピードロボットチームバトル『ボーダーブレイク』。


その最新バージョン『ボーダーブレイク スクランブル 武』から
ヤクシャ・零が1/35スケールカラーレジンキットで登場です。


現在絶賛受注中の本製品についてご紹介します。



まずは全身
AOYK001AOYK002

続いて武器を取り外した状態で全身
AOYK003AOYK004

ゲームプレイ中ではなかなか確認しにくい背面のマーキングもしっかりと再現。
製品ではデカールが付属します。AOYK005



続いて付属武器です。
武器は 電磁加速砲・速式 パイロダート SG−テンペスト AC−マルチウェイX
が付属します。そのうち主武器、副武器、補助装備についてピックアップ。


電磁加速砲・速式
電磁加速砲・速式は図のように先端部を差し替える仕様になっていますので、組み立て後も収納状態・展開状態を再現できるようになっています。
AOYK006


パイロダート
パイロダートは左右の砲身部分を90°回転させてそれぞれの状態を再現できるようになっています。
AOYK007


SG−テンペスト
SG−テンペストは収納状態からまず両端の刃の部分を回転、グリップ部分をスライドします。その後に刃を差し替えることで展開状態になります。
AOYK008


手首
手首は上でご紹介しました各武器専用の持ち手と、左右の握り手、平手が付属します。
AOYK011

SG−テンペスト用の持ち手は、手の平と武器側のグリップ部分にそれぞれネオジム磁石をはめ込む仕様になっていて、これによりこの大型の武器をしっかりとホールド。片手で保持できますので色々なポーズが取れます。
AOYK009
AOYK010

また平手、握り手が左右両方付きますので、立ちポーズ以外でも画像のような武器の持ち替えるイメージ等色々な状況のポーズ付けを楽しめます。
AOYK012




本製品は各関節にボールジョイントやポリキャップを使用したフル可動モデルです。
完成後はゲーム中のポーズ等様々なポーズをとらせることができます。
AOYK014


AOYK013AOYK015
AOYK016
AOYK017
AOYK018
AOYK019



最後に塗装見本品と無塗装の組み立て品を並べてみました。キットの成形色はヤクシャ・零のCGイメージに近いカラー、分割をしています。
AOYK020
AOYK021





0325『ヤクシャ・零』は、
ビージェイ限定販売、2016年5月27日(金)受注締切りです。

また、今回の初回限定版ではゲーム内で使用できる豪華特典が付属しますので
お見逃しなく!



テスト003
SEE YOU!




NY(ウェーブ開発部)

©SEGA
ban
ban
ban
ban
ban
ギャラリー
  • HGファインニッパー 先曲りタイプ(ゲートカット用)のご紹介です。
  • HGファインニッパー 先曲りタイプ(ゲートカット用)のご紹介です。
  • HGファインニッパー 先曲りタイプ(ゲートカット用)のご紹介です。
  • HGファインニッパー 先曲りタイプ(ゲートカット用)のご紹介です。
  • HGファインニッパー 先曲りタイプ(ゲートカット用)のご紹介です。
  • HGファインニッパー 先曲りタイプ(ゲートカット用)のご紹介です。
  • 【ウェブ公開情報】ドリームテックシリーズ 「黒澤 ダイヤ」【君のこころは輝いてるかい?Ver.】 近日情報公開予定!
  • HGツールバッグ(3ポケット)のご紹介です。
  • HGツールバッグ(3ポケット)のご紹介です。
  • HGツールバッグ(3ポケット)のご紹介です。
  • HGツールバッグ(3ポケット)のご紹介です。
  • HGツールバッグ(3ポケット)のご紹介です。
  • HGツールバッグ(3ポケット)のご紹介です。
  • HGツールバッグ(3ポケット)のご紹介です。
  • HGツールバッグ(3ポケット)のご紹介です。
  • HGツールバッグ(3ポケット)のご紹介です。
  • アイドルマスター シンデレラガールズ『1/8 凸レーション 城ヶ崎莉嘉&諸星きらり&赤城みりあ』3人セットの腕組み・ディスプレイのご紹介!
  • アイドルマスター シンデレラガールズ『1/8 凸レーション 城ヶ崎莉嘉&諸星きらり&赤城みりあ』3人セットの腕組み・ディスプレイのご紹介!
  • アイドルマスター シンデレラガールズ『1/8 凸レーション 城ヶ崎莉嘉&諸星きらり&赤城みりあ』3人セットの腕組み・ディスプレイのご紹介!
  • アイドルマスター シンデレラガールズ『1/8 凸レーション 城ヶ崎莉嘉&諸星きらり&赤城みりあ』3人セットの腕組み・ディスプレイのご紹介!
  • アイドルマスター シンデレラガールズ『1/8 凸レーション 城ヶ崎莉嘉&諸星きらり&赤城みりあ』3人セットの腕組み・ディスプレイのご紹介!
  • アイドルマスター シンデレラガールズ『1/8 凸レーション 城ヶ崎莉嘉&諸星きらり&赤城みりあ』3人セットの腕組み・ディスプレイのご紹介!
  • アイドルマスター シンデレラガールズ『1/8 凸レーション 城ヶ崎莉嘉&諸星きらり&赤城みりあ』3人セットの腕組み・ディスプレイのご紹介!
  • アイドルマスター シンデレラガールズ『1/8 凸レーション 城ヶ崎莉嘉&諸星きらり&赤城みりあ』3人セットの腕組み・ディスプレイのご紹介!
  • アイドルマスター シンデレラガールズ『1/8 凸レーション 城ヶ崎莉嘉&諸星きらり&赤城みりあ』3人セットの腕組み・ディスプレイのご紹介!
  • アイドルマスター シンデレラガールズ『1/8 凸レーション 城ヶ崎莉嘉&諸星きらり&赤城みりあ』3人セットの腕組み・ディスプレイのご紹介!
  • アイドルマスター シンデレラガールズ『1/8 凸レーション 城ヶ崎莉嘉&諸星きらり&赤城みりあ』3人セットの腕組み・ディスプレイのご紹介!
  • アイドルマスター シンデレラガールズ『1/8 凸レーション 城ヶ崎莉嘉&諸星きらり&赤城みりあ』3人セットの腕組み・ディスプレイのご紹介!
  • アイドルマスター シンデレラガールズ『1/8 凸レーション 城ヶ崎莉嘉&諸星きらり&赤城みりあ』3人セットの腕組み・ディスプレイのご紹介!
  • アイドルマスター シンデレラガールズ『1/8 凸レーション 城ヶ崎莉嘉&諸星きらり&赤城みりあ』3人セットの腕組み・ディスプレイのご紹介!
アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ