2007年04月

2007年04月28日

751f8d62.jpgもともと、レトロな緑色の食器棚をもらって、白くペイントしました。アーチ型の窓が可愛い棚。ここには集めているイヌモチーフの雑貨を飾ろうかな。

(23:00)
344c1917.jpg引き出しもすべて真っ白に。付いていた取ってははずして、アンティーク風のとってにチェンジする予定。奥の押入の縁を金色にペイントしてみました。やっぱりイメージとは違うなあ。もうちょっと工夫しなくては。

(22:00)
b05a0557.jpg頂き物の黒い棚も白く。見違えるほど可愛くなった★可愛いクッションをおいて、ベンチとして使ってもいいなあと思ってます。

(21:00)

2007年04月22日

e586ca3a.jpgとうとう、2階の内装にもとりかかりました。ドッグストリート号(水色のキューブ)のイメージに合わせて、壁も天井も水色に。室内なので、水性で匂いや有害物質が発生しないペンキを探すのにひと苦労。外国のインテリアブックを見ると、カラフルなペンキがたくさん使われているのに。ホームセンターにはほとんどなくて。たぶん、探せばいろいろあるんだろうけどね。経費と時間を削減^-^;とりあえず試し塗り。意外といい色でした。

(23:00)
2499a715.jpg天井が斜めになっていて、屋根裏部屋の雰囲気。目指すはパリのアパルトマン。ということで、窓枠はゴールドにしようかと。難しいかなあ。一歩間違えば、下品になるし。イメージはアンティークの額縁みたいな感じ。できるかな?

(22:00)
758dd725.jpgあいにくのお天気で、ペンキの乾きが気になりましたが、一応終了。塗りむらもありますが、ま、よしということで。この家で使われていた、小さな赤い家具をおいてみました。なかなか可愛い。それ以外に何もないので、この部屋にいると、なんだか海に潜っているみたいな気分になります。

(21:00)

2007年04月20日

13e59aa0.jpgゆっけとたると。すすみ具合を見に行ってきました。家から中崎町までは、徒歩で30分。お散歩しながら行きました。これから毎週ここに通うんだからね。お利口にしてね。

(23:00)
17e63374.jpgちょうどカフェスペースの壁になるところは、漆喰が塗り終わっていました。上側は白、下側はあたたかみのある黄色。漆喰には他にもカラフルな色があるんだそうです。自分家でもやってみたいなあ。

(22:00)
9b09ba2d.jpgトイレにも、壁ができていました。まだ殺風景な感じですが。これから色をつけていくところです。

(21:00)
f3e20df5.jpg厨房になる位置から階段を見ると。見通しが悪かったので、壁を抜いてみたとのこと。窓からの光が届いて、少し開放感が生まれています。

(19:00)
d1b7cb8b.jpg大工さん達の作業テーブルは、組み立て式でコンパクト。考えられたミニマムなデザインです。これほしいなあ。

(18:00)

2007年04月15日

8af3bdf4.jpg漆喰。今は便利になったものです。ネットで注文していた漆喰が届き、パックの上から足で踏み踏みして柔らかくします。準備はこれでオッケー。

(23:00)
e72fd446.jpgもちろん、本職の方たちが使うような道具でもよいのだけど、華奢な?女性には、長時間作業すると重すぎるので。100円ショップで売っている、プラスティック製のものが軽くて使いやすいのです。

(22:00)
7798b309.jpg水で少しやわらかくしてから、塗り塗り。はけ(こて?)跡を気にしなければ、意外と簡単に塗れます。ちょっとぐらいラフな方が、雰囲気出ていい感じ。ペンキ塗りより簡単かも。はまりそう!

(20:00)
f1b2766e.jpg写真、中央。私も塗らせてもらいました。楽しかったー。カフェがオープンしたら、みんなに自慢してしまいそうです^-^;こっそりサインでもしておこうかしら。。。

(19:00)

2007年04月14日

b36c6363.jpg私も壁と柱、天井塗りをお手伝い。少しずつきれいになっていくのを見ていると、わくわくしてきます。

(23:00)
4ea80880.jpg穴はパテで埋めてから、漆喰を塗ります。手慣れた手つきのKちゃん。カフェやるのやめて内装屋さんやろうかな、とゆってました^-^; 材料のこと、などなど、自分で勉強して、ほんとに詳しくなってます。これからDIYやってみようかなというかた、ワヲンがオープンした暁には、ぜひ彼女に聞いてくださいませ。親切に教えてくれるはず。

(22:00)
b9a82d6d.jpg大きなたらいに入れられた木材のはしっこたち。このこたちも、とっても重要な役目があるのです。それは……

(21:00)
7e899aea.jpgそう、どの部屋も、どの部屋も、床がうねってるから。均一にまっすぐにするために、端材を使って微調整するため、です。この上にきちんと板がのせられて、飛び跳ねても大丈夫な立派な床が出来上がります。

(20:00)
2735fc88.jpg正解は、トイレ。頼りになる友人G氏により、整備される予定です。汚れやすい所だからこそ、清潔感のあるデザインにしなくてはと、オーナーふたり、検討中です。

(19:00)
0871934f.jpg2階のアトリエから、公園の桜が見えます。八重咲きで、濃いピンク色。咲いている時期も遅くて、長いみたい。とっても気持ちのいい空間ができそうな予感。

(17:00)

2007年04月13日

02db7c06.jpgcafe wawonの外観はこんな感じです。古い雰囲気をそのまま生かしています。入口のドアはもう少し大きい物に変更する予定ですが。中で作業をしていると、ご近所の方がたまに覗かれて、「何ができるん?」「がんばりやー」「だいぶ進んだなー」などと、声をかけてくださいます。

(12:00)
51723680.jpg建物の隣は、済美公園。公園の入口から見ると、ちょうど正面にある建物です。

(11:00)
43949fd6.jpg公園の桜も満開。とってもきれいです。公園にいる人と窓からお話ができる距離。

(10:00)
0c81a9dc.jpg慣れた手つきで天井を塗っているのは、Yちゃん。インストラクターでダンスの振り付け師でもあります。脚立の上でもポーズが決まってる!?

(09:00)
bfc29be6.jpg今回内装を引き受けてくださったのは、東西新風堂さんです。着々と、黙々と作業をしてくださってます。最初のおんぼろ物件の時に「いい感じになりますよ」と言って頂いた言葉が、なんと心強かったことか…

(08:00)

2007年04月08日

65aa920f.jpg床や柱の補強用の木材が搬入されました。真新しい木の色と匂い。この木が90年も経つと、今使われている柱のように、いい感じの飴色になるんだろうなあ。たんすをどけた時、その部分だけ畳が青いのを見たときと同じ、時を感じます。

(23:00)
10dea438.jpg壁はぼろぼろ。床はところどころ抜けていて。これからできるであろうカフェの形が全然、想像つきません。。。

(22:00)
a45adfb5.jpgこれが、カフェワヲンを支える、大黒柱。しっかりと基礎から補強します。ちょうど真上にドッグストリートのアトリエがあるので、大工さん、よろしくね★

(21:00)
5fb7103f.jpgまずは一番奥のお部屋の床をつくります。傾いている、だけぢゃなくて、うねってる!ので、赤外線で水平を測りながら、端材で微調整。この繊細な作業により、平らな床ができあがるのです。

(20:00)
56e86aea.jpg2階はといえば、1階に比べると床はまっすぐ。壁や天井も比較的きれいです。なので、自分たちで作業できるところからすすめていきます。壁は白い水性ペンキでペイントしました。天井は黒いニスを使って仕上げています。

(19:00)
5b3aafff.jpgそしてここがドッグストリートのアトリエの予定部屋。窓から明るい日差しが入ってきて、とっても居心地良くなりそうです。寒い日でもぽかぽかとあたたかい。ということは、、、夏場暑いってこと!冷房完備してもらわなくっちゃ、です。

(17:00)
9fcbb4c7.jpg窓からは、お隣にある小さな公園の、桜の木が見えます。わんちゃんたちが散歩している姿もよく見かけます。早くゆっけとたるちゃんを連れてきてあげたいなあ。

(16:00)