流れのままに

おのが道をゆく ひたすらにひたむきに @ 斉藤雅紀

日仏修好通商条約締結160周年

日仏修好通商条約160周年
POLITIQUE 山口昌子
 「日仏修好通商条約」(1858年調印)が今年で160周年を迎え、日仏で様々な行事が展開中だ。7月には安倍首相が訪仏し、マクロン大統領と正式に開会式を行う。日本では元来、「安政の5カ国条約」と呼ばれ、フランス以外に米国、英国、オランダ、ロシアとも調印した。
 それが、なぜ、日仏だけが特別に華々しい式典を行うのか。2008年にも150周年が日仏両国で盛大に祝われたが、その2年前に、「150周年の式典」を提案したのは、シラク大統領(当時)だった。日本政府は約250年間の鎖国に終止符を打ち、開国への第一歩となるこの重要な歴史的条約を、完全に失念していたため、大慌てで準備をしたのが実情だ。
 この条約の原本は関東大震災(1923年)の火災で日仏、日米、日英の3か国の条約書は蒸し焼き状態になり、その他の条約書も焼失した。一方、仏外務省の古文書館には条約文22条と税則7則、4種の原本が日仏両国語とともに、誤読防止のための第3国語のオランダ語を含めて厳重に保管されている。毛筆で書かれた日本語は墨の匂いが立ち上りそうな鮮やかさで、江戸文化の頂点に立つ当時の教養豊かで折り目正しい武士の気概が読み取れる。同時に、筆頭署名者の水野筑後守忠徳以下、6名の幕臣の開国に対する並々ならぬ決意や覚悟も読み取れる。
 仏側の署名者、ジャン=バチスト・ルイ=グロは、時の仏外相アレクサンドル=コロナ・ワレフスキに、「我々が全く好感を持ったこの知的で勤勉で精神的な人々」と報告し、日本人を称賛している。日仏は最初の出会いから、好スタートを切ったことになる。
 日本では、「安政の5カ国条約」は一般的には“不平等条約”と言われている。日本に関税自主権を失った片務的な関税率や治外法権などを課しているからだ。当時の日本の国際的知識の欠如を利用したような条項が散見する。ただ、明治のジャーナリスト徳富蘇峰は日本側の交渉者が違っていれば、「あるいはより以上のもの[条約]ができたかもしれぬが、それよりも十中の八九は、より以下のものができたかもしれない」と述べ、一定の評価をしている。
 この両国の出会いの重要性をいち早く認識して、「150周年の祝祭」を提唱した親日家かつ知日家のフランス人大統領がこの時期に居合わせたことは、歴史の僥倖といえる。そして、「安政の5カ国条約」のことなどすっかり忘れてしまった日本人もいる中で、「160周年」の行事が今年、ニギニギしく開催されることは、「フランス」が日本人にとって、まだまだ他国とは異なる魅力ある「行ってみたい国」であり続けるからかもしれない。(やまぐち・しょうこ)
「ふらんす」2018年7月号掲載

仏軍事パレード 陸上自衛隊参加 友好160年を記念
(東京新聞 2018年7月15日 朝刊)
軍事パレードに参加、行進する陸上自衛隊員ら=ロイター・共同

PK2018071502100138_size0[1] 
 【パリ=竹田佳彦】フランス革命記念日の十四日、恒例の軍事パレードがパリのシャンゼリゼ通りであった。今年は日仏友好百六十周年を記念して陸上自衛隊の七人も参加した。観覧には安倍晋三首相が招待されたが、西日本豪雨による災害対応で欧州歴訪を中止したため、前日に自衛隊とフランス軍間の物品役務相互提供協定に署名した河野太郎外相が代理で参列した。
 パレードにあわせて、上空を航空機九機が三色旗と同じ赤、白、青色の煙をたなびかせて飛行。制服に身を包んだ兵士ら計四千三百人と装甲車、戦車が約二・五キロを行進した。
 陸自からは第三二普通科連隊(さいたま市)の連隊長、横山裕之・一等陸佐ら七人が国旗と陸上自衛隊旗を掲げ、行進に参加。自衛隊は国連平和維持活動(PKO)部隊の一員として二〇〇八年と、第一次世界大戦開戦から百年を迎えた一四年にもパレードに参加している。
 マクロン仏大統領は昨年、国際的に孤立していたトランプ米大統領をパレードに国賓として招待し、親密な関係を築いた。

革命記念日パレードに陸自参加=日仏外交160周年で−パリ
(時事 2018/07/14-21:28)
14日、パリのシャンゼリゼ通りで行われた軍事パレードで、日本の国旗を掲げて行進する陸上自衛隊員ら(右側)(AFP時事)
シャンゼリゼ0180714at78_p 【パリ時事】パリ中心部のシャンゼリゼ通りで14日、フランス革命記念日恒例の軍事パレードが行われた。日本からは陸上自衛隊第32普通科連隊(さいたま市)の横山裕之連隊長ら7人が参加し、凱旋(がいせん)門からコンコルド広場までの約2.5キロを行進。訪仏中の河野太郎外相も参観した。
 今年は外交関係が樹立された日仏修好通商条約締結から160周年に当たり、仏政府が自衛隊を招待した。自衛隊の参加は2008年と14年に続き3回目。
 パレード冒頭、航空機が赤、青、白の3色の煙を出して仏国旗を描きながら飛行すると、群衆からは歓声が上がった。フランスを中心に約4300人の兵士や騎馬隊が行進したほか、軍用機が編隊飛行を行った。
 河野外相はパレード終了後、記者団に「日仏のさまざまな分野での協力の新たな1ページとなった」と語った。
 当初は安倍晋三首相がパレードを参観する予定だったが、西日本豪雨への対応を優先するため訪仏を取りやめた。昨年はトランプ米大統領がマクロン仏大統領と並んで参観し、米兵も行進に参加した。


大日本帝国御國旗(1870年2月27日(明治3年1月27日))
日本国国旗・日章旗(1999年8月13日(平成11年))
国旗H11HO127-001
十六条旭日旗
大日本帝国陸軍御国旗(陸軍御國旗)(1870年6月13日(明治3年5月15日))
大日本帝国海軍御国旗(1870年10月27日(明治3年10月3日))
軍旗(陸軍)
大日本帝国海軍軍艦旗・自衛艦旗(1954年6月)
軍旗(日本海軍)
陸上自衛隊・自衛隊旗(1954年6月)
自衛隊機

陸自海自の旗
自衛隊旗と自衛艦旗の制定(1954年6月)。中央左は初代防衛庁長官の木村篤太郎氏(1886~1982)。足元には「防衛庁」「防衛大学校」の看板が見える。


大きな笑顔の佳き日曜日を。

小選挙区制について知る

世界に例がない"史上最悪"の選挙制度改革
「議員定数増」だけの問題ではない

(プレジデントオンライン編集部 PRESIDENT Online 2018.7.20)
「史上最悪」と断言したい。7月18日に成立した参議院の選挙制度を変える改正公選法のことである。西日本豪雨や猛暑の陰に隠れて成立したため、マスコミの扱いも控えめで、世論の怒りも「中ぐらい」のようだが、これまで繰り返してきた選挙制度の手直しの中で、最も罪深いものとなっている。問題点を検証しよう――。
img_efd71a1e41423a3689fb2bb33e5766c8135324[1]
2018年7月18日、衆議院本会議で、参議院議員定数を6増する改正公職選挙法が可決、成立した。野党がそろって反対したほか、与党では自民の船田元氏が退席し、造反した。(写真=時事通信フォト)

国民に対する2つのウソ
 新しい選挙制度の骨格は以下のようになる。

(1)議員1人あたりの有権者数が全国で最も多い埼玉選挙区の定数を2増やす。
(2)比例代表の定数は4増やす。
(3)現在の比例代表は「非拘束名簿式」だが、その一部を特定枠として「拘束名簿式」を導入する。(非拘束と拘束の違いは後ほど説明したい)

 この変更は、重大な約束違反だ。自民党をはじめとした各党は、ことある度に「身を切る改革」を約束している。「身を切る改革」は歳費や各種議員特権の削減も含まれるが基本的には議員定数の削減を意味する。
 2012年の衆院解散を前にして野田佳彦首相(民主党)と、自民党総裁だった安倍晋三氏は、定数削減を行うことで一致している。この時の合意は、衆院定数の削減を念頭に置いているが、来年10月には消費税が10%になり国民に痛みを求める時、参院議員の数を増やすということは、どう考えても説明できない。
 さらに国会は、2015年、公選法を改正した時、付則で、19年の参院選に向け「選挙制度の抜本的な見直しを引き続き検討し、必ず結論を得る」と明記。抜本改革を約束している。しかし、今回の見直しは「抜本的な見直し」にはほど遠い。安倍首相自身も「臨時的な措置」だと認めているほどだ。
 結局、自民党は「身を切る改革」と「抜本的な見直し」を無視したことになる。

90年代の政治改革論議は、それなりに理念があった
 問題はそれだけでない。強調しておきたいのは、この選挙制度には理念がない、ということだ。
 選挙制度に「模範解答」はない。それぞれ長所、短所がある。どんな政治体制を目指すのか議論した上で、それに合った制度を選ぶ。
 1つの選挙区で1人だけ当選する小選挙区制は、2大政党制に導く傾向がある。選挙区内の投票者の半数近い支持を得なければ当選できないので、中小政党は淘汰されるからだ。その結果、当選者以外へ投票した有権者の意思は政治に反映されず「死に票」となる問題点が指摘される。
 比例代表は、それぞれの政党の得票率に沿った議席があてがわれるため、民意は比較的正確に反映される。ただし1党が過半数を得るのは極めて難しくなり、多党制に向かう。政権が安定しなくなる傾向がある。


「拘束名簿式」と「非拘束名簿式」の違い
 比例代表には「拘束名簿式」と「非拘束名簿式」とある。「拘束」は候補に順位がつけられていて、党に割り振られた議席数の順位以上が当選する。5人当選なら1位から5位まで当選する。党が重要視する候補を順番に当選させることができるが、有権者は当選者を選ぶことはできない。
 「非拘束」は候補者に順位がつけられておらず、個人で多くの票を得た候補が優先的に当選する。有権者に当選者を選ぶ権利が与えられるが、党側が絶対当選させたい幹部や重鎮が落選するリスクを伴う。
 定数2人から数人の中選挙区制は、小選挙区と比例代表の中間的な議席配分になる傾向があり、日本の衆院は長い間、この制度だった。その結果、自民党を中心とした政権が続いてきたが、1つの選挙区で同じ政党の候補が争うため、政策は度外視してサービス合戦となり金権政治となった。
 その反省から、二大政党制度に導く小選挙区制を中心にしながら、激変緩和措置として比例代表も導入する現在の小選挙区比例代表並立制ができた。1990年代のことだ。賛否はあるが、それなりに目指す政治の姿があった。当時の国会審議の議事録をみても、二大政党制を目指すか、穏健な多党制を目指すのか、党派を超えた激論が交わされていたことがうかがえる。

世界で一番複雑な制度
 参院選挙制度は、選挙区と比例代表に分かれているが、さらに選挙区は32の1人区、つまり小選挙区と13の中選挙区(2人区〜6人区)に分類できる。
 さらに、これまで「非拘束」だった比例代表に、今回の変更で「拘束」が混じる。来年夏に行われる参院選以降、選挙は、小選挙区と中選挙区、「非拘束」比例、「拘束」比例が混然一体となって行われることになる。
 これだけ複雑な選挙制度は、世界でも例がない。当然ながら、どういう政治体制をつくろうかという理念のかけらも感じられない。街を歩いていると、増築、改築を何度も重ねてどういう構造なのかよく分からない家屋を見かけることがあるだろう。参院の制度はまさに屋上屋を架し、どういう政治体制をつくるのかという哲学のかけらもないのだ。
 今回の「改革」は、15年の参院選以来、島根と鳥取、徳島と高知が「合区」となったことが引き金となった。4県には19年の参院選で改選を迎える自民党現職が4人いるから2人は選挙区からはじき飛ばされる。それを比例代表で救済するために当選確実な「特定枠」をひねり出した。さらに定数を増やした。まさに党利党略だ。

野党も「共犯」の疑いが強い
 最後に野党のことも少し触れておきたい。
 今回の法案審議で、野党側は自民党の対応を批判してきた。ただ、その姿勢は半身だったともいえる。これだけの選挙制度の改悪なので、体を張って対抗してもよさそうなものだが、採決が行われた18日の衆院本会議も、あっさり終了した。実は野党側も今回の改悪を歓迎する側面があった。
 比例代表は中小政党にとって議席獲得しやすい制度なので、定数増は野党にとっても得なのだ。表向きは自民党を批判しておいて、腹の内は歓迎するということであったのなら「史上最悪」の選挙制度の変更は、野党も共犯だといわざるをえない。

望ましい選挙制度とは何か
【基礎知識】小選挙区制のどこが問題なのか

(毎日新聞 2015年1月5日)
得票率48%で76%の議席を得る
 2014年末の総選挙は、自民党の圧勝劇で幕を閉じた。「大義なき解散」「争点なき選挙」「熱狂なき大勝」……意味の見出しにくかった今回の選挙を評して、さまざまな形容がなされた。とりわけクローズアップされたのが、52.7%という戦後最低の投票率と、48%の得票率(295小選挙区の有効得票総数に占める自民党候補全員の総得票)で76%の議席を占有できる(自民党は295小選挙区で223の議席を獲得)という小選挙区制の“マジック”だった。いいかえると、自民党は、小選挙区に投票した人の、2人に1人弱の得票で、じつに衆議院の4分の3の議席を得たことになる。
 小選挙区制は一選挙区から一人を選ぶ方式のため、自民党が優勢の選挙区では、野党に投票してもそれは「死に票」となってしまい、正確な民意が反映されにくいという特色がある。
 この得票率と議席占有率の乖離は、すでに2005年9月、小泉首相のもとでおこなわれた「郵政選挙」で指摘されていた。郵政民営化に賛成した自民・公明の候補者が小選挙区で49%の得票率にとどまったのに対し、議席占有率はやはり75%。人気の追い風も受けて286議席を獲得する大勝だった。

小選挙区制はいつ、なぜ生まれたのか
 戦後、中選挙区制に代わって小選挙区制(小選挙区比例代表並立制)が導入されたのは、1994年、細川首相のときである。
 これをさかのぼる数年前、リクルート事件(1989年)をきっかけに、政財官の癒着が社会問題化し、政治改革が叫ばれていた。このとき、「政治腐敗の元凶は中選挙区制にある」として、日本の選挙制度を小選挙区制に変えるべきだと主張したのが、当時、自民党の実力者であり、竹下派に属していた小沢一郎氏(現・生活の党代表)である。小沢氏は、中選挙区制を守ろうとする議員を守旧派と呼び、党内を二分する議論を巻き起こした。しかし小沢氏が主導した政治改革法案が成立に至らなかったため、野党から提出された宮沢内閣不信任案に賛成。この結果、不信任案が可決され、1993年、解散総選挙に突入する。
 小沢氏は解散直後に自民党を離党、新生党を立ち上げた。自民党はこのときの選挙で下野、7党1会派が結集した非自民・細川政権が誕生する。政権の立役者であり、イギリスのような議会政治を定着させるには「政権交代可能な二大政党が必要」が持論の小沢氏の意をくみ、細川首相と、当時自民党総裁だった河野洋平氏が会談、小選挙区制の導入が決まった。
 小選挙区制は二大政党制を生みやすいとされるが、そう指摘したのはフランスの政治学者モーリス・デュヴェルジェである。たとえば1議席を争う小選挙区では、第3党以下は淘汰されてしまい、第1党か第2党の候補者ばかりが当選する。有権者のほうも、当選可能性の低い候補者には投票しなくなるため、結果的に二大政党に収斂していくという(デュヴェルジェの法則)。

河野洋平氏の「謝罪」
 2014年11月25日、憲政会館で行われた故・土井たか子氏(元社会党委員長・元衆院議長)のお別れ会で、河野洋平氏は次のような謝罪の言葉を述べた。

「(私は土井さんに)謝らなければならない大きな間違いをした。細川さんと2人で最後に政治改革、選挙制度を右にするか左にするか、決めようという会談の最中、議長公邸にあなたは(私たち2人を)呼ばれた。直接的な言葉ではなかったけれども、『ここで変なことをしてはいけない。この問題はできるだけ慎重にやらなくてはいけませんよ』といわれた。あなたは小選挙区に対して非常な警戒心を持たれていた。しかし社会全体の動きはさまざまな議論をすべて飲み込んで最終段階になだれ込んだ。私はその流れの中で小選挙区制を選択してしまった。今日の日本の政治、劣化が指摘される、あるいは信用ができるかできないかという議論まである。そうした一つの原因が小選挙区制にあるかもしれない」

 当時、河野総裁、細川首相ともに、本音では「穏健な多党制」を志向していたという。

「一強多弱」は歪な1党優位
 1994年の小選挙区制の導入以後、これまで7回(1996年、2000年、2003年、2005年、2009年、2012年、2014年)の総選挙を経験したが、2009年までは導入時の狙いどおり、ほぼ二大政党制が定着しつつあったといってよい。実際、2009年には政権交代が実現した。しかし、直近2回の総選挙(2012年、2014年)はまったく逆で、かつてと同じ自民党一党支配の構図だった。
 この2回の選挙が二大政党制の瓦解を意味するとすれば、その責任は、ひとえに野党第一党である民主党にあるといって過言ではない。民主党は2012年の選挙の前から消費税増税をめぐって分裂、維新の会、未来の党(代表・小沢一郎)、減税日本を誕生させ、離党組は、みんなの党にも合流した。続く選挙に惨敗、小政党を生み出す引き金となった。「一強多弱」状況の出現である。
 2014年の総選挙の1年近く前に、一橋大学の中北浩爾教授は、こうした状況について次のように指摘していた。〈「デュヴェルジェの法則」は、あらゆる条件の下で働くわけではない。野党の結集が難しく、現在のように「一強多弱」であれば、小選挙区制は、二大政党が切磋琢磨する二大政党制ではなく、最大政党に過剰な議席を与える歪な一党優位政党制をもたらす〉(「世界」2014年2月号)。はたして中北教授の推論どおりになった。

日本に二大政党がなじまない理由
 小選挙区制が生み出すとされる二大政党制については、これまでも多くの識者から危惧する声があがっていた。2009年の政権交代(民主党政権誕生)を受けて、佐伯啓思・京都大学教授(当時)は、「二大政党政治がイギリスとアメリカで発展したのは、これらの国の歴史的な条件によるところが大きい。イギリスの保守党と自由党の対立は、貴族や郷紳(地方に住む紳士)らの上層階級と新興ブルジョア階級の対立を反映し、20世紀の保守党と労働党の対立も階級利害を反映したものであった。アメリカの場合には、建国の精神を、白人(とくにアングロ・サクソン系)かつプロテスタントのもつ自主独立の個人主義や自由主義と宗教精神に求める考えと、アメリカのアイデンティティを多様な民族や人種を包括した移民国家に求め、それを統合するリベラル・デモクラティックな共同体ととらえる考え方の二つがある。共和党は前者に傾き、民主党は後者に傾く。では、日本ではそのような条件があるのか。むろん、答えはノーであって、日本はイギリス的階級社会でもなければ、アメリカのように理念において二つのアイデンティティが対立する国家でもない」(『日本の論点2010』より)と述べた。日本のような対立構造をもたない同質的な社会には、そもそも二大政党制はなじまないというのである。

選挙制度改革は進むか
 小選挙区比例代表並立制を改め、中選挙区制に戻す、比例代表制を中心に据える、小選挙区と連用制の混合型にする、など、さまざまな選挙制度が議論されてきたが、いまだに民主党では、政権交代を容易にするとして小選挙区制を維持すべきという声が強い。与野党ともに、「国会議員自らが身を切る努力を」と、比例部分を縮小する定数削減には合意(民主党=80減、自民党=30減)こそしたものの(2012年12月の党首討論)、選挙制度自体の改革については、その後なんの動きも見せなかった。
 ようやく「衆議院選挙制度に関する調査会」(衆議院議長の諮問機関。佐々木毅・元東大総長を座長に有識者15人)が設置されたのは、2014年7月。現行の小選挙区比例代表並立制に対する評価や諸外国との比較、「一票の格差」の是正などが検討される予定だが、これまでに4回開かれた会合で論じられたのは「一票の格差」問題のみ。12月24日、新しく衆院議長に選出された町村信孝氏は、答申が出たあかつきには尊重するよう各党に求めた。ただ、調査会の佐々木座長はかつて小選挙区比例代表並立制導入の際の提唱者の一人でもあり、選挙制度についての議論がどれほど深まるかは定かではない。


大きな笑顔の佳き週末を。

キリンのテンスケくん

彼の性格は、落ち着いて、おっとりしているという。愛でたし、愛でたし。

7月17日(火)から、キリンを一般公開します@札幌市立円山動物園
tensuke1[1]
tensuke2[1] 
6月13日に、アフリカゾーン「キリン館」に、多摩動物公園からキリンの「テンスケ」(オス/1歳11か月)が来園しています。「テンスケ」は到着直後から落ち着いた様子でしたが、新しい獣舎や人の声などになれるため一般公開に向け準備を進めておりました。
このたび、一般公開日を下記のとおり決定いたしましたのでお知らせいたします。

【一般公開日】
平成30年7月17日(火)
10時〜 屋外での観覧開始
13時30分〜 屋外に加え、屋内での観覧開始
※キリンは原則として屋内・屋外を自由に出入りします。どちらで見られるかは、その時の動物次第となります。
※当面の間、屋内の観覧時間は午後のみとなります。
※動物の状態によっては、公開日が延期となる場合もあります。

【今回来園した個体】
愛称:テンスケ(誕生花のサボテンと、父親の名前「カンスケ」にちなんで)
性別:オス
生年月日:平成28年(2016年)7月29日(多摩動物公園生まれ)

【キリン 豆知識】
分類:ウシ目(偶蹄目)キリン科
レッドリストVU(絶滅危惧粁燹沈簗任隆躙韻増大している種)
アフリカのサバンナで群れをつくって生息する。非常に長い首を持つが、首の骨の数はヒトと同じ7個である。オスもメスも角を持ち、生まれた時から角が生えている。また、同じ側の前足と後ろ足がペアになる、側対歩(そくたいほ)という歩き方をする。
開発による生息地域の縮小や密猟、アフリカ諸国で相次ぐ内乱などにより急激に生息数が減少し、2016年にIUCN(国際自然保護連合)の絶滅危惧種を掲載した「レッドリスト」に加えられた。

多摩動物公園からキリンのオスが来園します!@札幌市立円山動物園
1527412356981[1] この度、アフリカゾーン「キリン館」に、多摩動物公園からキリンのオスが来園することとなりましたのでお知らせします。
 当園では平成29年8月13日にオスの「ユウマ」が死亡して以来、キリンが不在となっておりましたが、日本動物園水族館協会(種別管理者)及び多摩動物公園のご協力をいただき、このたび新たに「テンスケ」(オス/1歳)を迎えることとなりました。
 なお、動物の安全確保の観点から、搬入日は非公開とさせていただきます。無事到着しましたら改めてお知らせいたしますのでどうぞご了承ください。
 また、「テンスケ」が到着してから獣舎に馴れるまでのしばらくの間、キリン館は閉鎖させていただきます。ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

【来園予定の個体】
愛称:テンスケ 平成28年(2016年)7月29日(多摩動物公園生まれ)
性別:オス

【キリンの飼育頭数】(2017年12月31日現在)
全国の58園館の動物園で160頭(オス77頭、メス83頭)が飼育されています。

【キリンの受入準備について】
 「テンスケ」は、多摩動物公園で複数のキリンと一緒に飼育されていますが、円山動物園では、当面の間1頭のみで飼育することとなります。
 飼育場所の変化に加え、仲間からも離れることとなってしまうため、「テンスケ」の負担を少しでも軽減するため、現在こども動物園で飼育しているミニチュアホースの「ミヨコ」と「みかん」を、「テンスケ」の隣で飼育することを予定しています。
 受入準備の実行にあたっては、「ミヨコ」と「みかん」の体調にも十分配慮して進めていく必要があることから、こども動物園からキリン館まで、「ミヨコ」「みかん」に通ってもらいながら、少しずつキリン館の環境に馴らしていく予定です。
 園路またはキリン館で「ミヨコ」「みかん」に出会った場合は優しく見守ってください。


大きな笑顔の佳き水曜日を。
斉藤雅紀プロフィール
函館市天神町生まれ
『心に願へ お蔭は 吾が心に在り』を信条に
http://www.way6.com
http://way6.livedoor.biz/
masanoriSaito
記事検索@流れのままに
QRコード
QRコード
コメント(公開)
メッセージ(非公開)
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ